【太田出版×多読ジム】二次元志向型女子へ(佐藤裕子)

2022/08/11(木)10:00
img

多読ジム出版社コラボ企画第一弾は太田出版! お題本は「それチン」こと、阿部洋一のマンガ『それはただの先輩のチンコ』! エディストチャレンジのエントリーメンバーは、石黒好美、植村真也、大沼友紀、佐藤裕子、鹿間朋子、高宮光江、畑本浩伸、原田淳子、細田陽子、米川青馬の総勢10名。「それチン」をキーブックに、マンガ・新書・文庫の三冊の本をつないでエッセイを書く「DONDEN読み」に挑戦しました。


 

サクマ君の第一ボタン

 中学の卒業式で、憧れのサクマ君に「第二ボタンください」と言った。サクマ君は第二ボタンではなく第一ボタンをくれたが、それでもうれしかった。ときどき眺めては淡い恋心を募らせた15歳の春だった。


都合のいいオトコ

 『それはただの先輩のチンコ』は、オトコの大事なモノをめぐるオンナたちが、本当に求めているモノは何かを探るオムニバスだ。
 本体から切り取った「それ」を愛でる女子たち。気軽に手に入る好きな人の分身として、消耗品的な愛玩物である「それ」にぬくもりを求める。そこには愛しい人の一部につながりを代理させ、心の隙間を埋めようとする女性の孤独が見える。オトコに「それ」があるから浮気をするのだから、いっそのこと切ってしまおうというオンナの独占欲も隠さない。では、一部を切り取って手にしたら、オンナのものになるような、オトコはそんなに都合のいい相手なのか。


 

メスとオスの法則

 『米原万里の「愛の法則」』では、生殖という人類が存続していくための営みと、男と女が惹かれ合うという感情とは、根底でつながっているという。一つの個体の中にオスとメスの両機能が具わっていてもいいわけで、そうすれば、ふられて、傷つくこともない。
 しかし、オスとメスの両性が参加する次の世代づくり、生殖だと、遺伝子がミックスされて、まったく新しい形質の子どもが生まれる。それゆえ人類の存続のためには男は必要ないが、人類が進化していくために男が必要なのである。
 進化とは、環境の変化に対応していくことができること。そのためにあえて異質なもの同士が交わることなのだ。一部を切り取り、本体を置き去りにすることで適うものではなく、全存在をかけての交流なのだ。
 ロシア語通訳者である米原は「理解と誤解のあいだ」で、人間というのは他者とのコミュニケーションを求めてやまない動物なのだという。受け手が「ああ、この人はこういうことが言いたいのだ」とわかるところまで行って、コミュニケーションは成り立つのだ。


 

コトバとうるおい

 『夫婦茶碗』で町田康は、夫と妻のすれ違い、妻への狂おしいまでの愛を、果てしない妄想の暴走で語る。働かず、金を稼げない負い目から、愛する妻と口を利くこともできぬと思い込んでいる。二人のうるおいは急速に減少し、人間的な情趣どころか、本能むき出しの動物じみた罵声が飛び交い、乾ききった家庭となり果て、ついに妻は出て行ってしまった。
 「わたし」の一方的なボタンのかけ違いによって、離散したかに見える。しかし、ボタンがパチンとはまっていた時には、求めてやまないうるおいある言葉のやりとりがあった。妻は家を出て行ったのではなかった。
 「わたし」は自らが破壊した家財道具を片づけ、夫婦茶碗を用意し、二つながら茶柱を立てようとする。その滑稽なまでの茶柱への執着は、妻と紡ぎたい潤いへの渇望である。
 私も夫との対話で「ああ、この人はこういうことが言いたいのだ」という意味を理解せず、そっぽを向くことがあった。それどころか、夫に「ごめん」と言わせるための冷酷な言葉を浴びせることもあった。そんなときには、家庭の茶碗は割れ、壁に穴が空いた。


 

わが家のコワレモノ

 15歳の私は、サクマ君のボタンだけでは飽き足らずたびたび会いに行った。しかし高校をすぐに辞めたサクマ君を責めてしまい、それきり会わなくなった。ボタンはどこかへ行ってしまった。
 今、目の前にいるのはサクマ君ではなく、壁に穴を空ける夫とその穴を塞ぐ15歳の娘である。つい先日空いた穴の上に、娘がニコちゃんのイラストを描いた画用紙を貼ってくれた。私は夫の行動を責めずに我慢した。いや堪えていたのは夫のほうだろう。そのあいだにいる娘はゲームに興じ「三次元の人を好きになってもいいことないから」と語る。その言いっぷりは「それチン」女子のようである。デジタルの中にいる本体のないモノに代理させる想いは、かつて私がボタンをほしがったときの未詳の恋のようでもある。
 二次元志向型の娘も、いずれ三次元で出会ったリアルな身体を持つ人と、その人が発する言葉と想いに翻弄されるだろう。そのときはこう伝えたい。異質な相手だからこそ、あなたに必要なのだと。
 茶柱も第二ボタンもそれチンも、相手と解り合うための仮初めの身代わりだった。

 

 

Info


⊕アイキャッチ画像⊕
∈『それはただの先輩のチンコ』阿部洋一/太田出版
∈『米原万里の「愛の法則」』米原万里/集英社新書
∈『夫婦茶碗』町田康/新潮社文庫

 

⊕ 多読ジムSeason10・春 

∈選本テーマ:版元コラボエディストチャレンジ

∈スタジオよーぜふ(浅羽登志也冊師)

 


  • 佐藤裕子

    編集的先達:司馬遼太郎。剣道では幕末の千葉さな子に憧れ、箏曲は天璋院篤姫と同じ流派で名取り。方法日本と志士の魂をもつ立正佼成会の歩く核弾頭として、師範代時代は大政奉還指南や黒船来航指南、五箇条の御誓文指南を繰り出し、学匠を驚愕させる。

  • 【工作舎×多読ジム】蟲虫怪人狂想曲(佐藤裕子)

    多読ジム出版社コラボ企画第二弾は工作舎! お題本はメーテルリンク『ガラス蜘蛛』、福井栄一『蟲虫双紙』、桃山鈴子『わたしはイモムシ』。佐藤裕子、高宮光江、中原洋子、畑本浩伸、佐藤健太郎、浦澤美穂、大沼友紀、小路千広、松井路 […]