【感門DUST】「爆破」には労働を 未突破学衆に課せられたお題とは

09/22(火)16:45
img

感門之盟は、ゴールを祝うものではない。

たとえ途中離脱を余儀なくされた者にも参加資格はある。得番録の足跡が途切れていようとも、一座として踏みしめた時間は一生消えることはないからだ。半端でも中途でも構わない。すべての人間は編集の途上にあるのだから。

 

20周年感門2日目、近畿大学では期せずして師範代・学衆の交流が実現した。前期43[破]比叡おろし教室の学衆・近大生樋口晃大。突破近大生が続出するなか、樋口は文体編集術半ばで足踏み。未突破におわったことを「爆破」と揶揄されていた。

 

樋口は、ビブリオシアター内DONDENコーナーで登壇予定があった。いつものように登校し、なにかから身を守るよう反射的に頭を下げた。正面には担当師範代・福田容子。「会えてうれしいわあ、樋口くん」京おんなもどきはにっこり微笑む。

 

その数分後、樋口の姿はDONDEN「レジェンド50」の棚で目撃された。雑巾をもって黒板消しに没頭。水で消えるというゲルチョークが固着してびくともしない。まっさらな黒板に、マンガが描かれることが予定されている。関係者に聞けば、もはや爪で削るしか方法はないという。本番3時間まえのことだった。

 

 

 

▼樋口はイシス編集学校×近畿大学のコラボ団体「0-10 EDIT STUDIO(通称ゼロテン)」副代表。https://act.kindai.ac.jp/act_activity/projects/2730.html


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。