想像力を使い切れ AIDA Season2 第1講 10shot

2021/12/18(土)16:22 img
img

 DOMMUNEを2日間ジャックし、折り返し地点を迎えたHyper Editing Platform [AIDA] Season2。年明けからの後半戦を迎える前に、ここで改めて10月に開催された第1講をAIDAボードメンバーの言葉を借りながら振り返りたい。

 

 

フラッグメッセージ

講座プロデューサー 安藤昭子

フラッグメッセージでSeason2の方向性が示された。「メディアと市場という難しいテーマを選んだ。今このテーマを考えることはアンラーニングをする必要がある」その為には相当の鍛錬、技能、方法、情熱、知的体力が必要だと旗を振る。

 

今期の課題本『千夜千冊エディション資本主義問題』と『情報の歴史21』。第3講では各座衆がメディエーションした自分史をもってDOMMUNE出演を果たした。

 

松岡正剛座長講義

座長 松岡正剛

座長講義では「メディアと市場のアイダを問い直すためにはマルクス、ゾンバルト、バクーニンの時代に戻って考える必要がある」とした上で、その手がかりとしてトークン、システム、デジタル化、小さな経済、想像力という5つのキーワードが渡される。「想像力をどうやって資本主義に差し込めるか、みなさんから出てくることを期待したい」

 

 

松岡座長の書がプラットフォームの旗となる。モニターに映し出されるのは穂積晴明のデザイン。

 

AIDAボードメンバースピーチ

AIDAボードメンバー 田中優子さん

10月に刊行された『遊郭と日本人』(講談社現代新書/田中優子)に触れ、江戸から見た視点を差し出す。「悪所には表から見えない経済がある」これがあったために江戸時代の印刷物の転換点となった。「見えない場所での取引が生きていた世界も考えた方がいい」

 

AIDAセッション

AIDAボードメンバー 大澤真幸さん

「資本主義という言葉は今の流行り言葉ではないか」その上で資本主義をめぐって2つの感覚がある。「1つは資本主義は永遠のシステムで絶対終わらないという感覚。他方で資本主義という船は沈没するんじゃないかという感覚」対比する見方を置き、座衆に揺さぶりをかける。

12月19日(日)は多読ジムスペシャルコース「大澤真幸を読む」読了式にも臨席する。MM対談もお見逃しなく。

 

AIDAボードメンバー 佐藤優さん

「《メディアと市場》というフレームワークで問題解決しようと思っているなら大きな間違い。アイダというのは外部がなくなっている。外部に出ていくことを逆説的に考えないといけない」国家や政治、宗教など大きな視座で議論に切り込みを入れていく。


AIDAボードメンバー 村井純さん

インターネット環境と根本的な問題を切り分けて議論の種を撒く。「BeforeインターネットとAfterインターネットは違う。弱い人も活躍できるのはデジタルプラットフォーム。但し、どう活躍して欲しいか、どう使うのかは人間が議論して決めないといけない。置いてけぼりを作らない、そうでないと意味がない」

 

ボードメンバーと座衆が車座となって交わし合うAIDAセッション

最後は松岡座長が「想像力をどう資源にするか」をもって第1講を締め括った。「私たちに残っているものは既存の国際会計ではなくてイメージを入れた会計X。イメージできるが説明不可なもの。イメージメントしているのに既存の器を超えたものを語るときに国家、AI、ネットで止まっちゃう。もう一回切り替える何かをしないといけない」イマジネーションについて絶賛するための努力と、想像力を使い切ること。

 

 

 「想像力」というキーワードが置かれた第1講。続いて、第2講でアングラ経済に触れ、第3講では自分史を番組にしてきた。メディアと市場のアイダに揺らぎながらプラットフォームは進んでいく。新年からの後半戦では「想像力」がどう躍如するか、第4講の速報を待たれたい。

 

 

AIDA Season2 速報記事 Back Number

【AIDA Season2 第1講 速報!】七巨頭、豪徳寺に会しておおいに問題提起する

【AIDA Season2 第2講速報!】タンザニア商人の「ずる賢さと親切心のAIDA」から学ぶ

【AIDA Season2 第3講速報!】DOMMUNEの宇川直宏”番神”と田中優子・武邑光裕・佐藤優・吉村堅樹のAIDAで、座衆28人が「自分史」を発信する!!!!!


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 初雪のゴートクジ 2022年初詣 10shot

    初雪にして都心では積雪10cmを超えた2022年1月6日。都内での降雪は2年ぶりだという。ゴートクジISIS館の年始会は「天から送られた手紙」とともにはじまった。  カメラを抱えながら伴走した年始会。2022年の10s […]

  • エディスト・クロニクル2021 #03 ウチとソトを飛び越えて

    緊急事態宣言が全国的に解除され、師範代が1年半ぶりに本楼伝習座に帰ってきた。師範からの叱咤激励も、同期同士との励まし合いも、リアルで味わうのが初めての師範代にとってはリアル伝習座は大事件となった。  師範代がホームに戻 […]

  • 書くとは全部を出す覚悟 多読SP「大澤真幸を読む」読了式 10shot

    申込開始後、即満席となった多読ジムスペシャルコース「大澤真幸を読む」。『〈世界史〉の哲学』(講談社)を通して”大澤真幸”と交際し、稽古をやり遂げた読衆たちが本楼に集い、12月19日読了式が開催さ […]

  • エディスト・クロニクル2021 #02 真夏の知祭り

    「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」がはじまった。全国津々浦々、編集学校の有志が奔走し本の祭典を繰り広げる。有志たちは店舗でのフェア実施のみならず自ら記者ともなり、フォトレポート執筆までを担う。遊刊エディスト誌 […]

  • エディスト・クロニクル2021 #01 ジョーレキ誕生!

    本日より2021年のエディスト・クロニクルを3回にわけて公開します。前半は「エディスト・クロニクル」、後半は「エディストたちに聞く2021ハイライト」です。ゆく年くる年を思いながらどうか良いお年をお迎えください。 &n […]