【新春企画★Quedist】田中優子さんインタビュー(6)イシスモデル:一人ひとりの存在の仕方に

01/14(火)10:00
img

 

 ★バックナンバー:

(1)ISISデビュー:広げるほど深くなる

(2)『遊』との出会い:ジャンルを決めなくていい

(3)[離]の学び:高速で仮止めの結論を出す

(4)編集学校に”ないもの”:発話する恐さ

(5)江戸から見ると:感性は磨けるのか?

 

 

1691夜『三味線語り』本條秀太郎

 

―――感性の問題は社会の影響が大きいですよね。たとえば、江戸時代は日常に義太夫節や三味線の音がある。言葉遣いやライフスタイルも現代とは異なります。教育と社会は切り離せません。編集学校としては小さな教育モデルから新しい社会モデルを生み出す可能性も模索しています。

 

大学の場合、教育現場からいろいろな発案は出てくるものの、大きな制限が二つあります。一つは文科省。もう一つはお金です。大学も大学院も文科省の設置基準がありますし、設置された後もいくつもの審査が実施される。また、大学評価があって、毎年のように膨大な書類を作成しなくてはいけません。

 

一方で保護者がお金を出しますね。そうすると「お金を出したんだからちゃんと就職させてください」となる。大学にはこの二つの制限があるので、人間としての感性を磨き、才能を伸ばしていくことに集中することができないんです。それは総長という立場になって十分に分かりました。

 

教育の現場の仕組みには限界がありますが、学生自らが非常に能動的にいろいろなことに挑戦していって、自分で自分を磨くことはできます。学校側も、まさに好奇心を十分に発揮して、最大限能動的に取り組む学生に賭ける方がいいのかもしれません。

 

 

―――編集学校にも仕組みの限界はあります。

 

だから、その限界を理解した上で、それでも使いこなしてなんとか自分を磨いていこうとする人に賭ける。あるいはそれを誘導していく可能性はありうると思います。ただし、どういう方向で磨くのか、それはある程度コンサルティングっていうかな、相談が必要かもしれませんね。方向づけて、自信をつけてあげる。

 

上から教えるのではなくて、あなたはどうやって生きていくかを問いかけていく。受講者のみなさんは、ほとんどの人が仕事をしていますよね。それなら、自分の人生全体の中で、仕事と学びをどういうふうに捉えて、どこまでやるのか。一人ひとりがそこまで問う。これは今の学校の仕組みではできないことです。

 

もしそれができたら、独自のイシスモデルというものが生まれると思うんです。さっき話した私塾や芸能の師弟関係においても「あなたはどう生きるのか」という問いから始まりますね。

 

2019年3月9日 第69回感門之盟での校長校話。

 

―――松岡校長も「人生を編集するのではなく、編集を人生してほしい」と日頃から師範代や師範に伝えています。

 

イシスモデルで育ったアーティストが生まれてほしい。つまり、これまでとは違う能力の磨き方を身につけた人が出現するわけですから、その可能性に賭けてみることはできるかもしれないですね。

 

―――これから若い人にはどういう風に育っていってほしいですか。また、どういう社会になっていくといいと思いますか。

 

それぞれが他の人とは違うということを十分に分かって、そのことに自信をもって生きていくということです。経済成長期までの日本には、出世モデルというものがあって、みんなそこを目指しました。その男性中心のルールに女性も加わっていった。でも、女性の活躍は男になることではないし、そもそも一人ひとりの存在の仕方に理解があれば、男と女という言葉は持ち出さなくてもいいはずです。

 

たとえば、学生に対しても、この人はこの人しかいない、他の人とは違うというつもりで向き合っていかなくてはいけない。わんわん言ってくる学生もいれば、ひっこんでしまいがちの学生もいるし、いろいろです。ものすごく攻撃的だからダメかというと、そうではない。攻撃的だから素晴らしいかもしれない。それをどうやって見極めていくかというと、対話です。話さなきゃ分らない。対話を積み重ねていくことが丁寧な方法です。ただし、大きな組織ではそれができない。イシスでも今後は一人ひとりとどう向き合っていくかが問われるのではないでしょうか。

 

―――江戸時代はいかがですか。一人ひとりの存在の仕方に向き合えていたと思いますか。

 

私たちの社会、つまり近代社会に比べるとそれに近いことはできていたと思います。まず、身分制度の中では身分と職業がくっついています。武士は武士、商人は商人の仕事をするしかない。けれども、商人は武士をうらやましがったりはしないし、武士も時々商人になることはあるけれど、別にうらやましいとは思わない。つまり、どちらが上ということはない。よく言われているように、身分制度はヒエラルキーではなくて、「それぞれやっているね」っていうそんな感じです。

 

それから、もう一つ。武士の社会では、自分を分けていく。分けていくというのは、「武士である私はこの名前で武士をやります」と宣言する。だけど、「別の名前で別のことをやります」と言ってもいい。つまり、アバターを作った。それで武士の中から狂歌や戯作の原作者があらわれる。町人文化はほとんど武士がつくりました。

 

なぜそんなことをしたのかというと、武士が武士であることに閉じこもっていたらとても生きていけなかったからです。そういう困難をもっていた。お金のためということではなくて、一人の人間として十全に生きるためには自分を分けた方がいい。

 

狂歌をやっているときは武士である自分を忘れることができる。忘れていいとされた。誰もそれを非難しない。つまり、認め合っている。周りの人は「この人は分けているんだな。そうしないと生きていけないよね」と思う。そういう関係性が保たれていました。

 

2019年夏 風韻講座 仄明書屋にて(本楼)。

 

―――[]の稽古にもある「たくさんの私」ですね。編集学校でたくさんの役割を持つことをポリロールと言ったりもします。

 

いま「パラレルキャリア」という言葉が流行っていますが、それは仕事上のこと。人として分岐するときは江戸時代では「アバター」を作りました。私は「別世(べつよ)の自分」と言っています。江戸時代のような一人の中の多様性がこれからもあり得るだろうと思います。それをお互いに認め合ってしまえばいいわけだから。

 

編集学校には、仕事に役立たせるために来ている人もいるかもしれないけど、あえてここでは別の人間になる。別の才能を育てて磨いてみるという自覚を持ちながらやると、さらに突出したものが生まれやすいのではないかなと思います。

 

 

つづく

 

 

【新春企画★Quedist】田中優子さんインタビュー

(1)ISISデビュー:広げるほど深くなる

(2)『遊』との出会い:ジャンルを決めなくていい

(3)[離]の学び:高速で仮止めの結論を出す

(4)編集学校に”ないもの”:発話する恐さ

(5)江戸から見ると:感性は磨けるのか?

(6)イシスモデル:一人ひとりの存在の仕方に

(7)社会へ、世界へ:身近に戦争があった

 

 

 


  • QUIM JONG DAE

    編集的先達:Seigow・M. 最年少典離以来、幻のNARASIA3、近大DONDEN、多読ジム立ち上げ、2020オープンのエディットタウンと数々のプロジェクトを牽引。先鋭的な編集センスをもつエディスト副編集長。

  • 【三冊筋プレス】黄色い本 セイゴオ・Mという名の先生(金宗代)

    「いつもいっしょでした/たいがいは夜/読んでないときでさえ」    北国の田舎町に暮らす17歳の高校生・実ッコこと田家実地子(たい・みちこ)[※01] は、図書館からロジェ・マルタン・デュ・ガール『チボー家の人 […]

  • 【三冊屋】「見る」という術(田中泰子)

    今回の新型ウイルスは、感染していても発症しない場合もあるというので厄介だ。「見えないもの」と言えば、差別やいじめなどもある。そして、このウイルスが世界中に蔓延したことで、社会機構の抱える問題など改めて見えてきたこともた […]

  • 【三冊屋】落下するマダニ 転移する琵琶法師(高木洋子)

    生物たちが独自の知覚と行動でつくりだす世界を「環世界(Umwelt)」という。おなじ時間と空間を共有しているが、どの生き物もそれぞれに違う世界を生きている。  「世界はひとつ」と信じて生きてきた人間たちにとって自分とい […]

  • 今日は何の日? GOZスタート!!!!!!!!!

    今日は何の日? 正解は「防災の日」。祝日ではありませんが、敬老の日や勤労感謝の日のように、その名のとおり、災害についていろいろ考えてみましょうという日なのですが、なぜ9月1日が防災の日なのか知っていますか?   […]

  • 【三冊屋】コロナの次代を切り拓くために(大塚宏)

    新型コロナウィルスが蔓延し、社会は根本的な見直しを迫られた。見直さざるを得ないと誰もが感じた。かねてより気になっていた『免疫の意味論』に取り組むべき時が来た。    『偶然と必然』と『コロナの時代の僕ら』の三 […]