第150回伝習座速報「師範代に贈る編集稽古の4つの重点」相部番匠メッセージ

04/05(日)16:28
img

150回44[破]伝習座。

佐々木局長からのメッセージに続いて、相部礼子番匠が師範代にとっての編集稽古の4つの重点を伝えた。

 

1.合わせ・重ねを意識する。

 [守]の基本から、応用・実践の[破]へ。

 [破]は自分のメッセージを実践的に出していく場。
 そのための型を自ら意識的に選んでアウトプットする。

 

 型を意識的に用いる学衆は後押しを、無意識の学衆には方法を取り出し実感してもらう。

 そのために必要なのが「編集用語」。
 編集用語は教室での共通の地となるもの。稽古を通じて、[守]の積み重ねで共有した地を活かして、さらに豊かにしていってほしい。

 


2.学衆メトリックを意識し、別様の可能性を見出す。
 再回答や推敲は、学衆の別様の可能性を出すためにある。
 文体編集術の「5W1H」と「いじりみよ」の稽古は突き詰めていくと正解に向かいがちだが、それではいけない。

 そもそものテーマ設定に問題があれば、時にネタを切り替える勇気も必要。

 再回答を遠慮することは、別様の可能性の機会を潰すことにもなる。

 

 再回答・推敲を促すかの判断は「別様の可能性に繋がるかどうか」。

 そのメトリックを意識して差し出せば、別様の可能性は動き出す。

 指南が学衆の変化のきっかけになる。これこそ指南の醍醐味だ。

 

 

3.学衆は全ての場に投じ、師範代は全ての場を生かす。
 勧学会は状況確認やリズムをつくるだけではない。

 [破]では、稽古から少し離れて編集術を語り合える場にもなる。
 将来の学衆へのメッセージも残したい。
 別院の編集術レクチャーも、師範代の言葉でのいいかえを。

 師範代が場を引き受ける編集は、学衆にとって何よりの編集の実践である。

 

 

4.破から広がる編集的世界観を指し示す。
 世界は編集に満ちていること。編集的自己を学衆と一緒に感じること。
 学衆が編集的世界観へ向かうために、師範代はよきガイドであれ。
 期中に生まれる校長の書籍や千夜千冊、エディションなどを契機に。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。

  • 20周年感門之盟の注目記事ピックアップ!

    やはり編集工学は「情報」とともにあった。   初の二日間開催となった20周年感門之盟のフィナーレから約一日。 この間にアップされた記事は30超、View数もエディスト史上最多を更新しつづけた。   9 […]

  • 感門フィナーレと余韻と【20周年感門】

    20周年感門は校長校話「EDIT JAPAN 2020」でフィナーレを迎えました。 終了後のオンラインでは見られない余韻に浸る東京会場の様子を写真でお伝えします。   【拍手で労い・寿ぐ】 「みんな、おつかれさ […]

  • 速報!『情報の歴史』予約開始 【20周年感門之盟】

    古代から現代まで。 象形文字から人工知能まで。   [破]のクロニクル編集術稽古の誕生のもととなった、松岡校長にしかできないクロニクル編集の『情報の歴史』。 1996年の増補版以来、約25年ぶりに令和時代の『情 […]

  • これがイシス流!本楼舞台転換の裏側【20周年感門之盟】

    オンライン越しではみえない舞台裏がある。 20周年感門之盟の風韻コーナーから物語、休憩をはさんで突破式へいたる間の本楼の舞台裏をお届けします。   1)12:00:本棚劇場での風韻の雨四光・四光・ポケット太夫の […]

  • 「編集遊牧民」による列島中継【20周年感門之盟】

    20年前から、とっくにイシスはリアルーオンラインだった。   鈴木康代学匠の「エディットツアーで全国を制覇したい」の一声と全国の師範・師範代ではじまったエディットツアースペシャル(ETS)。   20 […]