第150回伝習座速報「Living Editingの実践の破を」佐々木局長メッセージ

04/05(日)14:27
img

先週の45[守]に続き、オンライン開催となった44[破]伝習座。

 

「昨日もオンライン開催となったエディットツアーで、鈴木花絵師範代がコロナをテーマに編集ワークをしていった。

 これから入門を迎える方とでも、編集工学を地にすることで語りにくい内容でも交わし合う言葉を手に入れることができる。

 深い呼吸をする場を編集によって共有できた。」

 

佐々木局長は冒頭メッセージで、最新の編集の実践模様から、20周年を迎える編集学校の指針となる編集の可能性の一端を示した。

 

「先週の[守]伝習座の『たくさんのわたし』の校長講義や、感門之盟での『あやかり編集術』の校長校話のように、松岡校長は自ら方法の蓋をどんどん開け続けている。

 新型ウイルス等で変容する今の状況に負けずに、方法によって自分を更新し、相互編集し、社会へ編集の知もたらせるLiving Editingを出していってほしい。」

 

と締めくくる。

 

型を以って未知へ向かう[破]。

そのために師範代はどのような方法とカマエで臨むのか。

一方的な伝授ではない、多様で多層な方法を交わし合うオンライン伝習座は17時まで続く。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。