イシスなオリンピックは「あと」が勝負 知祭り・番ボー・AT賞【47[守] 46[破]】

2021/07/13(火)17:44
img

世界中で祭りへの槍玉ばかりがあがるこの夏、イシスは松岡正剛を「知祭り」にあげている。編集学校の有志が奔走し、全国50近い書店で千夜千冊エディションフェアが開催中だ。7月9日付けセイゴオほんほんによれば、「実売も土用のうなぎのぼり」。日本全土が知まみれだ。

 

編集学校に目を転じれば、7月11日が祝祭の日だった。47[守]は番ボー、46[破]はAT賞。ともに当期2回目にして、最後の講座横断型フェスティバルが幕を閉じた。

 

守学衆たちは「今は大谷・昔はイチロー」と新旧の野球ヒーローを見比べ、「光琳の雷・応挙の幽霊」と夏の自然現象に対角線を引いてみせた。「ミメロギア」なる松岡考案のエディトリアルゲームに興じる番選ボードレールでは、今期は144人が6つのお題にエントリーした。

 

映画から物語をつむぎだす[破]アリスとテレス賞にも、突風が吹いた。師範代たちによる馬車馬のごとき導きと土壇場の卓袱台返しは、師範 福田容子が「鬼神のよう」と讃えた。それに呼応する学衆も執筆に没頭。あたりめ乱射教室学衆Fは、3000字の字数制限にも関わらず「5万字書いてしまいました」。記録的な稽古模様だった。エントリー率は76%、51名が英雄を生み出した。

 

集められた作品は、12日早朝、律師 八田英子が集約。総文字数16万字超、A4用紙200枚を超える長大なファイルが選評委員に送付された。学匠 原田淳子は、1作品ずつ綴じるよう「ホチキスの儀」を委員に申し渡す。選評会議は今週末18日に開催される。

 

イシスはあとの祭りこそ全力だ。番ボーもAT賞もエントリーされた作品は、それぞれ同朋衆や選評委員など目利きの師範陣が筆をふるって講評を贈る。誰かの紡いだ言葉は、べつの誰かがしかと受け取り、熨斗をつけて送り返す。これがイシスの礼節。夏はまだ始まったばかりだ。


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで、講座のプロセスをメディア化するという開校以来20年手つかずだった難行を果たす。校長松岡正剛に「イシス初のジャーナリスト」と評された。

  • 【近大文楽】吉田玉男一門、図書館ロケの段

    初代吉田玉男師匠に導かれていたのかもしれない。2022年春、近畿大学図書館アカデミックシアターのために生み出されたひとつの文楽。太夫三味線の収録は、初代玉男師匠の菩提寺で行われた。別日、その音声をもとに人形を遣ったのは、 […]

  • 【近大文楽】三味線・鶴澤清志郎インタビューの段

    近畿大学ビブリオシアターのプロモーション映像のために、ひとつの曲が書き下ろされた。手掛けたのは、鶴澤清志郎。人間国宝・鶴澤清治の弟子であり、文楽座命名150年の記念すべき令和4年4月公演においては、第一部「義経千本桜」の […]

  • 【近大文楽】義太夫三味線レコーディングの段

    とざいとーざい。このところ近大文楽プロモーション撮影、義太夫三味線レコーディングの段。あいつとめまするマネージャー・編集工学研究所橋本英人、プロデューサー吉村堅樹、ディレクター小森康仁。とざいとーざい。   古 […]

  • 24時間学習OK!修了率80%超!【1:1:10の法則】がもたらす革新的な学習スタイルとは

    一年前を振り返ってみてほしい。何度目かの緊急事態宣言下、東京オリンピックの開催に揺れたあのときから、ひさしぶりに晴ればれとしたゴールデンウイークを終えたこの日まで、あなたはどんな変化を遂げただろうか。答えに窮したあなたに […]

  • 若者よ、ふざけなさい。近大生24名がイシスに挑む【49[守]開講】

    廊下は走るな、教室で騒ぐな、寄り道はダメ、いい子でいなさい――。学校には禁止事項が多い。しかしこの学校は真逆だった。教員川野貴志は言った。「みなさんには、ふざけてもらいたい」イシス編集学校49[守]開講日の晩である。 & […]