37[花]ガイダンス 却来のループで師範代に「成っていく」

2022/05/07(土)17:06
img

5月7日、37[花]の「ガイダンス」が開催された。オンライン画面を通じて30名の入伝生と18名の指導陣が一堂に会した。
ここでは学衆から入伝生へ着替えカマエとハコビを持ち換えていくためのヒントがたった二時間に凝縮されて手渡される。花伝所では教室から道場へ、学衆から入伝生へと舞台やロール名が変わる。しかし「自身が変わらないと何も変わらない」と田中晶子所長はぴしりと最初のカマエを示した。

 続いて花目付の深谷もと佳は自身のアトリエからエンゼルスのユニフォーム姿で登場。7週間の演習における「型」との向きあい方を「守破離」と川上不白の言葉と共に入伝生へ手渡す。

 

守破離と式目(5M)を重ねて語る、深谷花目付。

 

■直線ではない、直接ではない

 

錬成師範の平野しのぶが世阿弥の『却来華』を紐解きながらフィードバックループの手ほどきをする。師範代としての成長と深化を、異なる次元ともとの次元との往き却りを繰り返す却来の「らせん構造」に重ねてみせた。それに続く吉井優子花伝師範は『芸と道』を引用しながら「花伝式目を丸のみしろ」「代になりきれ」と静かに言い切る。「師範代という方法」は誰かの「代」になりつつ、いつの間にか「成っている」もの。なんとも禅問答のような「師範代という方法」に新たなQを抱えた者も多いだろう。

 

■仮説的に何度も動かす

 

実践的な指南演習である錬成の解説をする内海太陽錬成師範は手書きの図解で「仮説的なターゲット」を強調する。固定化されたヴィジョンに向かうなとくぎを刺した。また村井宏志錬成師範も指南の過程に用いる「問感応答返」の五文字を手に、リバースエンジニアリング(RE)を「何度も行き来させる」必要があるのだと重ねた。仮説を動かせ、何度も行き来せよ、と「却来」を思わせる言葉が繰り返される。

 

 

左から平野師範、吉井師範、内海師範、村井師範、武田師範 入伝生をレクチャーで導く。

 

■すでに「成っていく」にさしかかっている

 

入伝生たちにとってはガイダンスが互いの初顔合わせの場だ。しかし実は入伝生たちはガイダンス前からすでに活発な交わし合いを続けている。プレワークだ。そんなリバースエンジニアリングあふれるプレワークを紐解いたのは[守]学衆からの同期という堀田幸義、佐藤健太郎の両錬成師範。対話を重ねてコップを言い換え続ける入伝生たちが、すでに師範代に「成っていく」過程の入口に立っていることをインタースコアたっぷりに見せる。外部からの触発だけでなく、自らが持っている想像力を解き放つことこそが「解発」だというのは武田英裕錬成師範。自身がビジネスの中で見つけたというアナロジーコレクションは圧巻だ。

 

堀田師範(左)、佐藤師範(右)Zoomの向こうの入伝生と対話する。

 

ガイダンスの最後に林朝恵花目付はレクチャーをこう締めくくった。
「負を抱えているのは当たり前。自信がないと言わなくていい。場を信じて欲しい。簡単に道を外れないで欲しい。道は続いていくのです」

一週間後は入伝式。直後から道場演習がスタートする。そこで30人の入伝生たちはこれからの七週間で数えきれない却来を繰り返すのだろう。編集の道はまだ始まったばかりだ。

 

文 神尾美由紀(錬成師範)
アイキャッチデザイン・写真 阿久津健(錬成師範)


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    37花の師範ボードメンバーは18名。入伝生30名に対してすこぶる手厚い。いずれもトワイライトが大好きな面々。師範自ら指導メソッドを考案し、入伝生と行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。

  • 37[花]M1演習 私の前に投げ出された世界を捉える

    花伝所での演習はModel(型)に始まる  5/15に5つの道場が開き、花伝演習がスタートした。入伝生は演習にて5つのM(モデル、モード、メトリック、マネジメント、メイキング)を順に学び、“師範代”としての実践的な編集 […]

  • 37[花]乱世に道場開幕!

    道場が動き出す。 08:07 むらさき道場の岩野範昭花伝師範が一番に道場の鍵を開けると、正午までに5つの道場全ての鍵が開かれた。最初に登場するのは誰か、と思うまもなく入伝生が登場した。   一番乗りの応答は、む […]

  • 37[花]プレワーク  編集棟梁は 千夜を多読し ノミを振る[10の千夜]

    37[花]プレワークは「千夜多読仕立て」が出題された。花伝師範達のお薦めをベースに深谷もと佳花目付がセレクトし、今期を捉えた10の千夜が、入伝生の旅支度だ。   37[花] 千夜多読仕立て 師範エディション10 […]