プラン6:東京イルマニア博物館 【46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix】

2021/08/23(月)23:14
img

46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix、『遊刊エディスト』誌上で予選を開催中。第77回感門之盟での本選出場をかけて、各教室から短期決戦の応援合戦だ。
さあ、あなたも心惹かれるプランに投票を!

 

 

================

 

プラン6:ジャイアン対角線教室/東京イルマニア博物館

忽然と現れるオブジェを消せ――「何もない」をするミュージアム

 

「東京イルマニア博物館」の事前体験者の声を遊刊エディスト読者の皆さまにお届けします。

 

 

■アフォーダンス/Affordance ――行為を通して発見する

 

「やばみ。トトロやムーミンより“ダンゼン”こっちかな」

(豊島区の女子高生・川田シズカさん/17歳)

 

イルマ? どこにあるか知らなかったけど意外と近いじゃん。東京イルマニア博物館だって。やばくない? アタシたちオープン前に体験してきたんですけど、やばみしかない。スマホで遊ぶ博物館だったんだけど、街ん中のモノリスを探してスマホでQRコード読みとると、渋谷のモヤイとかハチ公とかウチらが知ってるのが出てくる。東京じゃん、ここ。茶畑にモヤイ浮いてるのとかありえない。で、“愛の反対語を10個叫べ”とかってお題が出されて、みんなで楽しんじゃいました。トトロムーミンより断然こっちかな。

 

 

■アナロジー/Analogy ――既知を使って想像する

 

「歴史が繋ったまま残る入間、それが見えてきますな」

(入間市郷土史家・林野タケシさん/71歳)

 

入間に何もないという輩はわかっとらん。入間は縄文文化が栄えた地ですぞ。埼玉一古い明治期の入間宮寺教会大正時代の迎賓館、昭和のジョンソンタウン……入間は歴史が繋ったまま残る街です。過去の記憶の重なる場所にモノリスがあるのも良し。モノリスは2000年前創建の出雲祝神社のご神体を模したのでしょう。何もないのにある。あるのにない。ふむ、狂言『入間川』を下敷きにしていますな

 

 

■アブダクション/Abduction ――まだ見ぬものを想定する

 

「モノリスとアプリを連動させた、今までにない博物館です」

(入間市役所広報課長・森山スネオさん/50歳)

 

市内に設置された20のモノリスとスマホアプリを連動させた今までにない博物館になっております。入間のマニアを増やしたい、とこういうわけでして。なぜ東京か? 様々な理由がございますが、感門之盟でお話させていただければ。専用アプリやモノリスにも多数の仕掛けがございますが、これも感門で。あのですからお出しできる情報はここまででして、投票いただければ本番でお話を……

 

 

ロゴ&アイキャッチ作成:ジャイアン対角線教室学衆・川上鼓太郎

執筆・構成:師範代・角山祥道+ジャイアン対角線教室学衆

 

 


▼投票はこちら

読者投票あり!!46[破]「DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix」プランニング編集術アワード予選を開催

投票締め切り:2021年8月25日(水)24時

 

→ プラン6:ジャイアン対角線教室/東京イルマニア博物館


 


  • 角山祥道(ジャイアン)

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代登板と同時にエディストで連載を始めた前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • 今こそ破! 2月5日は卒門生限定ツアー

    オモイビトがいる。  師範代をやって良かったと思うことは、このことだ。  教室が終わったあとも、折にふれて思い出すのは、あの時交わされた言葉の数々だ。そして一緒に「卒門」という名のゴールテープを切ったあの喜び。この記憶 […]

  • イシス寄席・用法語り――48[守]伝習座

    11月27日、2年振りに本楼でリアル開催された48[守]伝習座。ここでは師範が講師となって、師範代たちにさまざまなモノを手渡していく。用法4の「用法語り」を担当した師範の角山が、そこでつたえたかったこととは何か。  え […]

  • Mから飛び出せ――48[守]伝習座ルポ

    「文楽を見なさい」  48[守]第2回伝習座で、突然、ひとりの師範代に対して、松岡校長から言葉が投げかけられた。森村泰昌が今、人形浄瑠璃の人形を擬こうとしている、というエピソードの紹介の流れだった。  名指しされたのは、 […]

  • 早く深く広い世界へ――48[守]速修コース、〆切り迫る

    「私ほど疑似恋愛が得意な人間はいません!」と佐藤裕子が声を張り上げれば、西村慧は宇宙飛行士グッズを掲げながら「宇宙飛行士になりたかったんや!」と負けじと返す。石黒好美は「教室に必要なのはボケとツッコミです」と謎の言葉を残 […]

  • マクラを投げろ、トミーと叫べ――声の48[守]

    48[守]は、トミーの声で幕を開けた。    定常コース16教室、計117名の学衆とともに、10月18日に開講した48[守]だが、師範代は何日も前から開講準備に勤しんでいた。アイコンを作り、ウェルカムメッセー […]