近大生が牙をむく しぶとい、しつこい粘りの学衆集まる【47[守]近大】

2021/04/27(火)10:33
img

10秒以内に8人が「はい!」と応答。このスピードが選りすぐりの大学生である。
今期も奴らがやってきた。日本が誇る本の二大聖地といえば、東の角川、西の近大。松岡正剛が監修した本の劇場を擁する近畿大学から、20名の学生がイシス編集学校[守]コースへ乗り込んできた。


2019年春、42[守]から近大学衆を迎えて3年目。今期も開講日にあわせて、Zoom上で交流会を開催した。90分後、毎期「近大番」として学衆を見守る川野貴志(47[守]近大番)はつぶやいた。「今年はなにか違う」

それもそのはず。毎期熾烈を極める選考に際し、橋本英人(参丞)は「本気のヤツ求む」と焚きつけたのだ。提出された2つの事前課題を、橋本と衣笠純子(学林局)が精査。合格通知が届けられたのは、返信速度、言語密度、思考体力などあらゆる観点から点検し、4ヶ月間の編集稽古を全うできると見込まれた期待の新星だけだ。

 

「私は、アウトレットで売られているゴディバのチョコレートです」
「私は、パティシエが作る炊き込みご飯です」
「私は、穴あきの泥入りキャンディです」

2分の制限時間につぎつぎと回答される自己紹介。近大生3万人のなかの20名は、やはり視点が違う。ひとりの学生がすまし顔でタイピングする。
「私はハードなグミです。顎が疲れるくらいしぶといでしょう」
HARIBO級に噛みごたえのある近大学衆が、47[守]に喰らいつく。

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。47[守]近大番、46[破]番記者、35[花]錬成師範。