「いきなり有事だわ~」――48[守]師範代、疾走開始

2021/09/27(月)15:00
img

「いきなり有事だわ~」

 

 10月18日に開講を控えた48[守]のバックヤードでは、事件が発生していた。コトアゲの主は、吉村林頭から「速修スリーレディース」と名付けられた、平時有事教室の石黒好美師範代だ。45[守]から始まった、15週間でカリキュラムを完了する「速修プラン」。今期は3教室が準備され、14[離]を退院したばかりの3人の猛者、もといアフロの西村慧師範代、44[守]以来2度目の登板の佐藤裕子師範代、そして石黒好美師範代のスリーレディースが担当する。

 

 石黒は一方で一抹の不安を抱えていた。前回、師範代として登板したのは36守だ。その後、お題の大規模改編があり、「地と図」や「BPT」など見るのも初めてのものがある。
 9月21日に行われた事前ガイダンス、石黒はZOOM越しにこの「不足」を華麗に読み替えて見せた。

 

自分も回答したことがないお題があるということは、私がいちばん学衆に近いということ。

 

 石黒は意外な行動に出る。
 登板を控えた師範代には「自主トレラウンジ」が設けられている。師範代は当ラウンジで、来たるべき開講に備え、準備や自主トレに励む。石黒は事前ガイダンスのその日の深夜、突如、〔指南歓迎自主トレ〕というスレッドを立ち上げたのだ。
「ここに回答をあげていきますので、気が向いた方は指南をつけていただけたらうれしいです」
 石黒は、サッと学衆に着替え、001番から回答を連打し始めたのだ。

 

 これに即応したのが、「速修スリーレディース」の佐藤だ。翌朝、テンポ良く指南を返して見せた。しかも、「石黒さんの短期集中回答を総取り横取り指南寄って集って(ダブっても)みなさまぜひ♪」と他の師範代に呼びかけた。
 感門之盟での代表挨拶も記憶に新しい大濱朋子師範代も、昼休みを使って応じた。本番さながらだ。石黒もちぎっては投げ、ちぎっては投げで回答を放る。その熱が伝播したのか、竹岩直子師範代、畑本ヒロノブ師範代、はらあやこ師範代、トミーこと國富敬二師範代、妹尾高嗣師範代もあとに続いた。

 

 もちろん、48[守]指導陣も黙っていない。若林牧子番匠はこれを機と見て、「事件化」を試みた。石黒の果敢な挑戦はもとより、佐藤裕子の仲間を巻き込む呼びかけを「裕子師範代、いいぞ~」と取り出してエールを贈り、他の師範代の背を押した。
「一つの回答に対して、師範代によって方法の取り出しや表現が異なるのを共読できるのも、いい学びになるはず。どうぞどうぞ、みなさん続いてみてください」

 

 師範代は他にも準備がてんこ盛りだ。その中で、仲間の回答に指南を送るのは、並大抵のことではない。
 だが事件は起きた。48[守]の師範代はもう止まらない。この出来事は、来たるべき48[守]を加速させていくはずだ。

 ガイダンスでの石黒の言葉には続きがある。

 

だから学衆と一緒に回答していきたい。

 

 石黒は、これから門を叩く未知の学衆と一緒に、すでに走り出している。師範代と疾走する48[守]が、もうすぐ始まる。


  • 角山祥道(ジャイアン)

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代登板と同時にエディストで連載を始めた前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • P1グランプリ イルマニアのキセキ③【77感門】

    ◆「何を目指しますか」。北原ひでお師範は師範代に突きつけた。「学衆がやりたいことをやることですか? それとも優勝ですか?」 師範代は答えた。「やりたいことをやって優勝します!」 P1グランプリ優勝を勝ち取ったジャイアン対 […]

  • P1グランプリ イルマニアのキセキ②【77感門】

    ◆77回感門之盟の「P1グランプリ」。本選に出場するためには、予選を勝ち抜かなければならない。ジャイアン対角線教室は、プランをブラッシュアップするため、オンラインと勧学会をフル活用し、対話による相互編集を加速させていった […]

  • P1グランプリ イルマニアのキセキ①【77感門】

    ◆教室対抗でハイパーミュージアムのプランを競うプランニング編集術アワード「P1グランプリ」。77回感門之盟で46[破]から本選に勝ち残ったのは、アジール位相教室の「ハッコウクエスト」、王冠切れ字教室の「ニッポン吟醸蔵」、 […]

  • 【77感門】佐々木局長のヘンゲのチカラ

    「ダンゼンは取り逃がしやすい」    第77回感門之盟は、イシス再生の女神・佐々木千佳局長のこの言葉で始まった。だからこそ、「ダンゼンを方法で束ねる」のだと。方法で束ねる――卒門者、突破者は、この言葉に大きく頷 […]

  • 【77感門】初司会の嶋本昌子は、踊る・抱く・惚れる

    43[破]の合同汁講の時の話である。まだ本楼で汁講が出来ていた頃の話だ。  なぜかその場に、まったく関係のない師範代が来ていた。学衆からすると「あなた、誰?」という話である。聞くと、前日、自分たちの汁講があったという。 […]