きりんは内科、するめはゴールキーパー。 ならば「わたし」はどう分ける?

2021/11/15(月)11:00
img

 「豆腐で役者をわける」。[守]の稽古38題中、8番目のお題タイトルだ。
 売上高や収益率、得票数や偏差値なんぞの数値で分けるだけでは世界は分からない。まったく違うカテゴリーで分けることでこれまでなかった見方が獲得できる──と主張するお題である。動物を診療科で、山をチーズで、魚売り場の商品をサッカーのポジションで、日本の歌手の歌唱を書体でと、48[守]の教室には、意欲ある回答が次々と届いた。

 新たな分類を発見した学衆たちは、2題先の10番で「たくさんのわたし」に出会っている最中だ。「わたし」は何科でどのポジション?カマンベールか青かびか、明朝なのかゴシックか。そう考えるだけで、自分が編集対象になっていく。稽古の振り返りには、自己の広がりと可能性への気づきが綴られている。


編集した自己は、一つとして同じものがないし、弾力性というか、拡張性というか、可能性のようなものが感じられる。(モーラもらもら教室)
自分はこうだな。と決めつけている部分もありましたが、実はそれはほんの一部かもしれないな。などとも思いました。(キャンピング・サティ教室)
最近の自分の変化にも気づくことができたりして、(M型スピリッツ教室)
いろんな場面になれば自分はその都度違う自分がいるということに気づいて書き出していきました。(はいから官界教室)


 自分すらも情報ととらえ、編集し続ける力を励起するのが[守]の稽古である。

 まだ間に合う秋の[守]講座受講。未知へ向かう「わたし」の参加を師範代が待っている。不思議な名前のお題を携えて。


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 縞々BPT教室の目利き力

    設計士に操縦士、インフルエンサーにナイチンゲール。いずれも47[守]縞々BPT教室メンバーの属性である。と言っても職業ではない。あだ名でもない。称号だ。  2021年7月末日、縞々BPT教室1回目のオンライン汁講が開か […]

  • そっちの笹はお~もいぞ・こっちの稽古はう~まいぞ

    43[守]29.5%、45[守]31.6%、47[守]46.2%。土用のうなぎのぼりのような数字は、春開講[守]講座恒例の別院企画【七夕のささやかな願い】への参加率だ。  季節の行事への欠乏感が募る世情の現れでもあるだ […]

  • 速さをモノにせよ 47[守]速修コース締め切り間近!

    速修は日常である。毎日出題があろうが、定常コースより1カ月短かろうが、速修コースの参加者にとっては当たり前のことなのだ。  この春卒門を迎えた46[守]では「速修」を狙っての受講者は非常に少数だった。ほとんどが受講を決 […]

  • 得番録は愛情弁当 47[守]稽古模様

    開講3週目を迎えた47[守]。18の教室に「得番録」が届いた。  師範代の手による稽古の進捗記録簿であるが、教室のみんなで共読したい回答や発見が添えられている。一週間の稽古を讃えあう表彰状でもあり、師範代が学衆に贈る手 […]

  • 新奇開店 EDITBAR5人の客【75感門 BAR】

    春の嵐が吹き荒れた日、本楼の一角に一夜限りのバーが出現した。名前をEDITBARという。 本楼カウンターが表舞台になったのも、マダムと化した[守][破]学匠の胸にスパンコールが光るのも、学衆の隣に師範代がいないのも、初め […]