知祭りと華氏451度の炎と熾火【77感門】

2021/09/07(火)11:00
img

太田香保総匠ほど黒の似合う人はいない。

感門之盟の初日、井寸房に飾られた千夜千冊エディションの字紋を背景に、太田総匠は、全国で展開中のエディション20冊突破記念フェアの真意を静かに語り始める。そもそもこのブックフェアは、4月末に二度目の肺がん手術を受けた松岡校長がぜひ元気になって、これからも書き続け、編集し続けてほしいという願いを込めて、立ち上げたのだという。その想いを受け取り、編集学校の門をくぐった全国のイシス人が、地元の書店フェアに世話人として駆けつけ、校長本との共読を誘う断然ダントツなディスプレイを次々と生み出したのだ。

 

フェアの模様を、林朝恵師範の制作した映像で紹介した総匠は、その中に一瞬映っていた小布施の古書店スワロー亭へと、中継を繋げる。とっぷりと暮れた空の下、温かく灯る店の前に立つのは、店主の奥田亮さん。カメラを回すのは、編集学校で知り合い「イシス婚」した妻の中島敏子さんだ。

店内には千夜千冊エディションの一冊一冊が、宝石のように並べられている。そのそばにある、校長の著書をはじめとする関連図書の古書の並びも美しい。スワロー亭オリジナルのフェアのチラシも見える。目玉は、小布施での校長の貴重な講演録。全巻まとめて買う人への心づくしのプレゼントだ。

 

豪徳寺にカメラが戻ると、意外な出来事を総匠は告げる。新しい読者層を広げていったフェアだが、いちばん売れたのは、レイ・ブラッドベリの『華氏451度』だったのだ。エディション『本から本へ』に収められているこの物語では、本も人も燃やされていく炎のディストピアが描かれ、最後には、それぞれ一冊の本をマスターして本の人となった少数の語り部が登場する。「イシス編集学校はそもそも本の人たちの集い」だと、総匠はこの偶然を読み解く。イシスの指導陣たちは、校長の描いてきた読書世界や編集的世界をマスターできるよう、本との接点を、心を砕いてつくってきた。とりわけ太田総匠と火元組の率いる離は、校長の書き下ろした文巻を丸呑みする講座だ。今期の14離は千夜エディションを全面的に取り込み、カリキュラムを改訂した。「卒門、突破した人たちにも、ぜひ『本の人たち』のように、人類が築き上げてきた知の営みを担う人となるべく、離を受講していただきたい」。総匠の切実なメッセージが、井寸房に沁みわたった。

小布施のスワロー亭は、エディションフェアを9月末まで続ける。古書店の窓から漏れていたオレンジ色の灯りは、校長の編集的世界観という火種を大切に守り続ける熾火のように、今夜も温かな光を放っている。

写真:後藤由加里


  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • イーてれの影武者【77感門】

    リアルとオンラインのハイブリッドな感門之盟で、EditCafeから絶え間なく配信されていたイーてれ。「師範代の新たな面を知ることができた」「ゼッタイ見逃したくないプログラムの始まるタイミングが分かって嬉しい」「見逃したシ […]

  • イーてれのE【77感門】

    朝刊の番組欄を開くと、左端にNHK。その横に寄り添うように並んでいるEテレは、NHKの別院にも、離れのようにも見える。   9月4日と5日の両日に開催される第77回感門之盟で、イシス放送局に寄り添うのがイーてれ […]

  • 編集用語辞典 04 [アリスとテレス大賞]

    落ち葉に覆われた雑木林を抜けると、冬の青空の下に巨大な磐座と、躙り口のような小さなエントランスが見える。隈研吾のデザインした角川武蔵野ミュージアムは、東所沢駅から歩いて10分程のところにある。館長である松岡正剛校長が「 […]

  • 編集用語辞典 03 [先達文庫]

    明け方、朝顔の蕾が開く。極薄の花弁の深い青は、日の光を浴びて夕暮れの空のうつろいのように徐々に紫がかった色へと変化していく。京橋で古美術を商う高校時代の友人から初夏に届いた朝顔のたねは、白洲正子から川瀬敏郎を経て、坂村 […]

  • 多読ほんほん2013 冊師◎丸洋子

    今夏開幕を予定していたオリンピックの東京開催決定に沸いたのが、2013年でした。客なる神を迎える「おもてなし」をキーワードに日本文化を語ったスピーチが話題となりましたが、この年、私は原田淳子師範代(当時)のカステラシア […]