【77感門】校長第一声は「ヒゲだけかよ」

2021/09/04(土)14:17
img

 5月に肺がんの手術をし、自宅にも本楼にも酸素ボンベ。そしてこれが、イシス全体に顔を見せる初めての機会である。松岡校長は、第77回感門之盟で何を口にするのか。誰もがその言葉を待った。
 さすが校長は期待を違えない。これが第一声だ。

 

「ヒゲだけかよ」

 

 司会の嶋本昌子さんが「校長のヒゲのファンなんです」と語ったことへのツッコミだった。
 編集は機を逃さない。このひと言で場には動きが生まれ、司会にドライブがかかった。

 グレーのスーツ姿で登壇した校長が、テーマ「DANZEN」を引き取って真っ先に口にしたのは、「ダンテン」だった。破断点、遮断点、切断点、中断点、区切点、休止点、横断点の「断点」だ。
「私たちは断点をたくさん持っています」
「例えば」と校長はパラリンピックを例に挙げる。障害はいわば断点だ。だが障害度にあわせて細かくルル三条を編集することで、そこにはイキイキとした場が出現する。
「断点は、私たちの学習、知識、表現力にもあります」
 断点は言い換えれば、分節点だ。フラジャイルや不足、編集の機と言い換えることもできるだろう。
 だがこれらの「断点」は、摩滅しているか、目に見えなくなっている。捨てられたり、忘れられたりしているものもある。
 ではどうするか。
「潜んでいる断点を掘り返して繋げていかなければいけない」
 守の38のお題は、校長らが練り上げた「断点」だ。この断点をめぐり、「ワカル」「カワル」――問感応答返を繰り返す。これがイシスの稽古だ。


「自らダンゼンを導き出してください」

 

 それぞれのダンゼンを極める2日間――第77回感門之盟が始まった。


  • 角山祥道(ジャイアン)

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代登板と同時にエディストで連載を始めた前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • P1グランプリ イルマニアのキセキ①【77感門】

    ◆教室対抗でハイパーミュージアムのプランを競うプランニング編集術アワード「P1グランプリ」。77回感門之盟で46[破]から本選に勝ち残ったのは、アジール位相教室の「ハッコウクエスト」、王冠切れ字教室の「ニッポン吟醸蔵」、 […]

  • 【77感門】佐々木局長のヘンゲのチカラ

    「ダンゼンは取り逃がしやすい」    第77回感門之盟は、イシス再生の女神・佐々木千佳局長のこの言葉で始まった。だからこそ、「ダンゼンを方法で束ねる」のだと。方法で束ねる――卒門者、突破者は、この言葉に大きく頷 […]

  • 【77感門】初司会の嶋本昌子は、踊る・抱く・惚れる

    43[破]の合同汁講の時の話である。まだ本楼で汁講が出来ていた頃の話だ。  なぜかその場に、まったく関係のない師範代が来ていた。学衆からすると「あなた、誰?」という話である。聞くと、前日、自分たちの汁講があったという。 […]

  • プラン6:東京イルマニア博物館 【46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix】

    46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix、『遊刊エディスト』誌上で予選を開催中。第77回感門之盟での本選出場をかけて、各教室から短期決戦の応援合戦だ。 さあ、あなたも心惹かれるプランに投票を! & […]

  • 相槌と藤井聡太と卓袱台と――46[破]伝習座レポート

    鼻に抜けるようにフゥーンといい、頷きながらウッウーンという。かと思うとフンッと否定入りの含み笑い。本楼の大テーブルで、ジャイアンの前にでんと座るおかっぱ頭のアザラシ師範は、何とも騒がしかった。5月29日に行われた46[ […]