ゴジラVSホンヤ この夏、本は地球を救う

2021/06/10(木)21:09
img
 ホンヤにホンゴジラ来襲! 伝説の書店・松丸本舗の閉店から10年。眠れるゴジラが目を覚ました。ホンゴジラとはもちろん、イシス編集学校師範の多読モンスター・大音美弥子である。客単価No.1のブックショップエディター、多読ジムの冊匠、そして千夜千冊エディションの校正者。全国書店で千夜千冊エディションフェアが展開されている2021年夏、大音ホンゴジラが千夜エディション研究家として、「エディション読み」ワークショップ講師として、書店をジャックする。
 
 栄えある最初の「知祭り」は、ジュンク堂書店池袋本店に決定した。名づけて「千夜千冊エディション トライアスロンワークショップ」。読書なのにトライアスロンとは、これいかに。まずはこちらの記事をご覧いただきたい。
 ジュンク堂池袋本店では、全国でも珍しく3つのフロア、4つの棚に渡ってフェアを展開している。
・1階の新刊・話題書コーナー
   <エディション20とSEIGOWベストヒット>
・3階エスカレーター付近のフェアコーナー
   <エディションごとに新書と文庫がセット>
・3階の文庫・新書コーナー
   <エディションを独自グルーピング&イシスのコラボレーション>
・4階人文コーナー
   <堂々たるALL松岡正剛棚>
 
 これらの棚を上へ下へかけづり回りながら、体にも頭にもいい汗をかいて、多読筋と大腿二頭筋を鍛えるワークショップになる。コロナ禍ですっかりなまってしまった脳と心と身体を千夜トライアスロンワークショップでシェイプアップしてもらいたい。
 
 

 ホンゴジラ来襲の千夜トライアスロンワークショップは6月20日19時開始。参加費は2000円。ジュンク堂池袋本店の1階サービスカウンターまたは電話(03-5956-6111)で申し込める。詳しくはこちらへ

 千夜エディションフェア記念ワークショップ第一弾、ぜひ奮ってお誘い合わせの上、ご参加いただきたい。この夏、ホンゴジラに歓喜の雄叫びをあげさせ、千夜フェア知祭りを知みどろにするのは、あなただ。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • フランシス・ベイコン

    【オツ千vol.6】肖りベイコンで、イシスゲイしちゃお

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショート・ラジ […]

  • イシス初!著者と共読&「読み」を深堀り ─多読SPコース受付開始

    読みを深める方法はあるのか?もちろん、ある。   どこでその方法を学べるのか。それが10/24から始まる[多読ジム] SPコース「大澤真幸を読む」である。 松岡正剛校長の盟友であり社会学者である大澤真幸。その日 […]

  • エゾテリスム思想

    【オツ千vol.5】非合理ゆえに信じたいっす

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショート・ラジ […]

  • 【オツ千vol.4】小僧のグノーシス活用法

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショート・ラジオ […]

  • ISIS 20周年師範代リレー[第26期 川野貴志 至宝が照らすイシスの10年]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇ 「イシスの至宝」。川野のことをそう […]