ゴジラVSホンヤ この夏、本は地球を救う

2021/06/10(木)21:09
img
 ホンヤにホンゴジラ来襲! 伝説の書店・松丸本舗の閉店から10年。眠れるゴジラが目を覚ました。ホンゴジラとはもちろん、イシス編集学校師範の多読モンスター・大音美弥子である。客単価No.1のブックショップエディター、多読ジムの冊匠、そして千夜千冊エディションの校正者。全国書店で千夜千冊エディションフェアが展開されている2021年夏、大音ホンゴジラが千夜エディション研究家として、「エディション読み」ワークショップ講師として、書店をジャックする。
 
 栄えある最初の「知祭り」は、ジュンク堂書店池袋本店に決定した。名づけて「千夜千冊エディション トライアスロンワークショップ」。読書なのにトライアスロンとは、これいかに。まずはこちらの記事をご覧いただきたい。
 ジュンク堂池袋本店では、全国でも珍しく3つのフロア、4つの棚に渡ってフェアを展開している。
・1階の新刊・話題書コーナー
   <エディション20とSEIGOWベストヒット>
・3階エスカレーター付近のフェアコーナー
   <エディションごとに新書と文庫がセット>
・3階の文庫・新書コーナー
   <エディションを独自グルーピング&イシスのコラボレーション>
・4階人文コーナー
   <堂々たるALL松岡正剛棚>
 
 これらの棚を上へ下へかけづり回りながら、体にも頭にもいい汗をかいて、多読筋と大腿二頭筋を鍛えるワークショップになる。コロナ禍ですっかりなまってしまった脳と心と身体を千夜トライアスロンワークショップでシェイプアップしてもらいたい。
 
 

 ホンゴジラ来襲の千夜トライアスロンワークショップは6月20日19時開始。参加費は2000円。ジュンク堂池袋本店の1階サービスカウンターまたは電話(03-5956-6111)で申し込める。詳しくはこちらへ

 千夜エディションフェア記念ワークショップ第一弾、ぜひ奮ってお誘い合わせの上、ご参加いただきたい。この夏、ホンゴジラに歓喜の雄叫びをあげさせ、千夜フェア知祭りを知みどろにするのは、あなただ。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 池袋にホンゴジラ現る! 書店でトライアスロンとはこれいかに?

    大音美弥子冊匠、またの名をホンゴジラ、またの名を嵐を呼ぶ女。嵐といっても天気は快晴。しかし、フロアまたぎの書店トライアスロンに、帰宅ラッシュの山手線ストップと、大音まわりは暴風状態の一日となった。  緊急事態宣言下最終 […]

  • ゴジラVSホンヤ2 新宿3連発はホンキやでぇ

    池袋に続いて新宿も。ホンゴジラが副都心から攻めている。ホンゴジラこと冊匠・大音美弥子。書店への10年越しの凱旋第二弾ワークショップは、同じ書店での三連打になる。その書店とは、ブックフェアの第一弾であり、最大規模のブック […]

  • 【多読ジム】GWはセールだよ!千夜リレー伴読★1770夜『小枝とフォーマット』

    セイゴオ・マーキング動画に古今東西アトラス絵巻三連発。待ちに待ったミシェル・セール、そして図像も大盤振舞いとGWにふさわしい一夜がアップされました。9つにナンバリングされた松岡正剛のセール読みはぜひ当夜でご堪能ください […]

  • 遂に20冊!エディション『仏教の源流』発刊

    仏像の横に『仏教の源流』。地中から湧いて出た地湧の菩薩さながらに、「空」の字紋のエディションと仏像写真を並べてみた。『本から本へ』『デザイン知』で口火を切った千夜千冊エディションも、『仏教の源流』でとうとう20冊目とな […]

  • 守破に新ロール誕生! 奴らがSCOOPを狙っている!

    ベールがまた一枚剥がされる。2015年『インタースコア』発刊、守破離のプログラムの一部が明るみに。2019年「遊刊エディスト」開始、イシスの日常がニュースになった。そして2021年、[守][破]に「番記者」が誕生する。 […]