2020ETS編集聖火リレー15★3/8福島会場★

02/14(金)15:00
img

2019年夏、全国同時多発で打ちあがった編集の祭典「ISISフェスタエディットツアースペシャル(ETS)』が、オリンピックイヤーにまたやってくる! 北は北海道から南は沖縄まで、全国20か所を編集聖火ランナーが駆け抜けます。ここでは各地の開催情報をメッセージを添えて紹介します。

 

【ISISフェスタ・福島会場:伝える「切り札」編集術に触れてみよう!in ふくしま】

●日時:3月8日(日)13:30-16:00

●会場:

 ペントノート

 (福島県福島市上町2-20 福島駅より徒歩8分)

 

●講師(インターアクター):

 ・原田祥子師範代(実香連、未知奥連所属。スクールカウンセラー)
 ・鈴木康代[守]学匠(未知奥連所属。学校法人博愛心学院)

 

 

もしかしたら、ずっと同じ場所に住んでいて自分は世の中のことを知らないと思っていませんか。

いえいえ、一つの地に居続けていても、世界を旅する価値はあります。

この福島の地や周りのヒトやモノなど、私の輪郭を描く外側の世界から自分の内側を深めていくことができるのです。

 

わたしとモノやコトをどう結び付け語っていくか、そのメッセージは世界に響くものになるでしょう。

福島市が誇るわらじ祭りは、山岳信仰を背景に五穀豊穣の願いを藁に込めて、マチを活性化したいという先達により昭和の時代に誕生しました。

この音頭は地元出身の古関裕二が作曲しています。

 

会場のペントノートは、古関裕二の生家の近くにあり昭和のビルをイノベーションしてお店にしています。

懐かしい階段、佇まいの中、発見の編集ワークをご一緒しましょう。

 

 

残席の確認・お申込は、こちらから。


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • 「ガンダム」に「おまかせ」!? 出世魚した45[破]の9教室

    ブリ、スズキ、ボラは、成長とともにその名前が変わる「出世魚」だ。江戸時代には、元服や出世の際に名前を変えたことに似ているため、縁起ものとして出世魚は喜ばれたようだ。   イシス編集学校の教室名も“出世魚する”。 […]

  • 44[破] 先達文庫 第74回感門之盟

    20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟、午後の部は、44[破]突破式からはじまった。原田淳子[破]学匠が、44[破]を振り返りながら、お祝いのメッセージを贈る。   「今期は、コロナウィル […]

  • 第18座 風韻講座 アワード3賞は誰の手に?!

    第74回感門之盟の2日目。午前の部では、風韻講座 第18座 夕星座の韻去式が行われた。   風韻講座とは、編集の型を使いながら、日本語の提携を学ぶ・遊ぶ講座である。申し込み開始から、ほぼ一晩、おそくても二晩で埋 […]

  • 45[守]先達文庫(後半)第74回感門之盟

    時刻は16時10分。20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟は、あっという間に、開始から3時間が過ぎようとしている。ここから、さらに11名の45[守]師範代たちへ、感門表と先達文庫の授与が行われていく […]

  • 45[守]先達文庫(前半)第74回感門之盟

    20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟で、45[守]を終えた師範代21名に「先達文庫」が授与された。編集学校では一期を全うした師範代に、松岡校長が自ら本を選んで贈る。師範が師範代をねぎらう感門表を授 […]