20周年感門之盟 100shot #03 舞台裏の奔走

10/13(火)15:35
img

<< 20周年感門之盟 100shot #01 先達と列島を繋いで

<< 20周年感門之盟 100shot #02 発動するプレゼンス

 

イシス編集学校20周年を祝った「第74回感門之盟 エディット・ジャパン2020」。2日間の本楼の景色を100shotでお届けします。最終回は裏舞台篇です。

*(  )は最初に担当した教室名。

 

▼黒衣のテクニカル軍団

演出チーム統括吉村林頭を囲みテクニカルミーティング。テクチーム暗黙のルールは全身黒衣。

撮影チームの中心人物 池田かつみ師範代(右:第38期うろころ女侍教室)から手ほどきを受ける松岡事務所 西村俊克(左)。

スマホZoomカメラでスタッフ紹介コーナーの撮影を担当した林朝恵師範(左)。感門団や裏方スタッフをみんなに見せたいという校長の思いを受けて。

スタッフや校長が絶大な信頼を寄せるフロアディレクター中島麗師範代(第38期うららか倶楽部教室)。「これ、もう本業やん」中島はプロのフロアDである。

スチール担当はプロカメラマンの倉田さん。所狭しと動き回りシャッターチャンスは逃さない。

配信の心臓部テクニカルブース。左から編工研 伊藤有希、武田英裕師範代(第41期古近亭電三教室)、森本研二師範代(第44期ユーヅームゲ教室)、編工研 小森康仁、吉村林頭。

「校長で〜す」林のZoomカメラに手を振る松岡正剛校長。

▼オンラインの司令塔

オンライン統括を担う編工研 衣笠純子(第41期聖杯はらはら教室)。よく通る美声で開演前のZoomレクチャー。

きめ細やかに登壇者、参加者をケアするZoomチーム。手前からリーダー後田彩乃師範代(第40期ことのは結界教室)、加藤めぐみ師範代(第40期ふかよみ吟醸教室)、K師範(第19期宴歌屋台教室)。

スタジオとイーてれを繋ぐQ出し担当 豊田香絵師範代(手前:第27期ホーライブラリー教室)とエディスト執筆&公開管轄担当 上杉公志師範代。本楼の片隅で堅実な仕事ぶり。

韻去式だけではない風韻連衆トリオもZoomチームに参戦。左から相澤康則連衆、牛山恵子師範代、米田奈穂師範代。

会えない距離を感じながら画面越しに教室・チームメンバーたちと交わし合う師範・師範代。本楼と教室が混ざり合っていく。

▼カンモン大作戦

1日目終了後、翌日に向けての作戦会議。

1日目開演前。団扇をオブジェにして。

「やっぱり違うかな」2日目開演前。

「あそこにISISネオンを置こう」リレー方式であっという間に本を下げる。

急遽2日目にテクニカルブースに入ることになった吉村林頭とフロアDを任命された中島師範代で詳細を詰める。

ギリギリまでショーアップ。

薬棚の上に『昭和史発掘』松本清張(文春文庫)を並べて。

2階から下ろしてきたネオンが光る。

ネオンに加えてISIS提灯で一気に賑やかに。バランスを確認する松岡事務所 寺平賢司。

▼本番前のセッション

進行の最終チェックをする風韻講座指導陣。それぞれにお似合いの着物が三人集うと更にらしさが際立ってくる。

46[守]教室名発表に華を飾ったのはこの二人。岡田圭蔵師範代(第22期ラジオ・グルーブ教室)&浅羽登志也師範(第19期 ITドラム教室)。浅羽師範は軽井沢からドラムセットを持参! Edit Japan2020をイメージしたセッションではZoomチャットでも「かっこいいーー!!」と歓声が鳴り止まず。

▼もてなしの感門団

感門団はいつだってポリロール。左から若林牧子師範、嶋本昌子師範。来場者の検温・消毒もしっかり行う。

京都から駆けつけた高宮光江(右)細部に至る気配りで2日間感門団を支えた。福澤美穂子師範(左)と来場者のお見送り。

風呂敷は本楼価格で少しお安くなっています。

▼墨が乾く前に

初師範に贈る校長の書。墨が乾く前は別人の顔。

Shinobu Sontag Seigow(平野しのぶ師範)

染志(江野澤由美師範)

ぽんかん(宮川大輔師範)

花伝(中村麻人錬成師範)

雀(福澤美穂子黄連雀)

▼770の教室名

 ある時期を境に校長直筆の教室名カードが贈られるようになった。カラーマーカーにセイゴオ印。期待と激励が刻印される。751教室に加えて19の新たな教室名が誕生し、今走り出したところ。

▼支所への恋文

 中継を担う支所へ感門の書を認める。書体も筆使いも支所それぞれに変幻す。額装して届けられた書は#01でご覧ください。

未知奥連

曼名伽組

奇内花伝組

九天玄氣組

 

2020年9月20日(日)13時 こうして第74回感門之盟"Edit Japan 2020"は開演を迎えた。

 

20周年感門之盟 100shot #01 先達と列島を繋いで

20周年感門之盟 100shot #02 発動するプレゼンス

20周年感門之盟 100shot #03 舞台裏の奔走

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 20周年感門之盟 100shot #02 発動するプレゼンス

    << 20周年感門之盟 100shot #01 先達と列島を繋いで 20周年感門之盟 100shot #03 舞台裏の奔走 >>   イシス編集学校20周年を祝った「第74回感門之盟 エ […]

  • 20周年感門之盟 100shot #01 先達と列島を繋いで

    20年で751教室が誕生した。単純計算しても何百万のやりとりがネット上の教室で交わされていたことになる。触れることのできないデジタル文字の往復書簡。だからこそ、師範代たちは言葉には表情をのせ、行間から方法を読み、放つタイ […]

  • 松岡正剛×隈研吾対談 10shot 後篇「方法が多様なものを生む」

    << 前篇「代々木競技場に憧れて」   「第二部では参加者を置いていくかもしれないよ」休憩時間中に控え室で呟いた松岡館長は、隈さんのクリエイティビティから第二部を切り出した。   第二部 […]

  • 松岡正剛×隈研吾対談 10shot 前篇「代々木競技場に憧れて」

    建築家 隈研吾氏と館長 松岡正剛による角川武蔵野ミュージアム竣工記念対談が9月5日に開催された。会場は当日オープンを迎えた「ジャパンパビリオン」。この日の対談が柿落としとなった。定員90名の入れ替え制で二部構成。チケット […]

  • 20周年感門之盟 2Days開催!9/20&21 Edit Japan2020 

    いよいよ、イシス編集学校20周年の感門之盟がやってきます。    今回はオンライン、しかも2日間開催。Edit Japanをテーマに掲げて、東京の本楼スタジオ(豪徳寺・編集工学研究所)を拠点とし、大阪の近畿大 […]