今、オンラインは「群島スタジオ」時代へ 45[守]伝習座リハ

06/05(金)23:30 img
img

イシス編集学校の考えるオンラインとは、テレワークではない。

ハイブリッドでリアル・ヴァーチャル。本楼とオンラインの部屋を多様多層にインタースコアする。

 

 

「さあ、始めよう」

6月5日(金)20:58、翌日の45[守]伝習座のリハーサルが始まった。

 

リアルとヴァーチャルをつなぐインターフェイス。とりわけ参加者が伝習座にインする冒頭には何かがいる。

「それはまたぐこと、瀬戸をどう作るかということ。瀬戸は渡ることで何かが起こっていくから、そこにデザインや用意が必要になる」

44[破]伝習座の松岡正剛の言葉だ。

 

ここでは、本楼スタジオのしつらえと、校長ディレクションのフラグメントを並べる。

 

 

1.スタジオは群島スタイルへ

 

本棚劇場、校長・学匠スタジオ、番匠ブースのアーキペラゴスタイル。

 

インタラクティブワークのメイン会場、本棚劇場

松岡校長・康代学匠が常にインタラクションを差し出す

ツッコミとキレのある進行でリズムを刻む和田番匠ブース

 

 

2.38のお題札で稽古祈願

 

スタジオの両端に38のお題が並ぶ。

穂積デザイナーがフォントタイプやサイズまで厳選している。

 

  

 

 

3.カッターと色紙の創文様

 

数種類の色紙に校長自らがカッターで創文様を象る。21教室の短冊ボードに配置。

「ジグザグで、曲線はだめ。もっと長いのもあっていい「貼るにはあいだがあったほうがいい」

 

  

 

 

4.紫陽花とエディションと『インストール』と

 

「あとはこいつだな」

紫陽花をあしらった棚に、千夜千冊エディション。

文学棚から綿矢りさ『インストール』と森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』を布置。

 

 

 

 

 

5.本楼とオンラインの瀬戸をしかけるイントロダクション

 

 

イシスネオンにインタースコアのロゴ。校長の『守破離の思想』の朗読映像が流れる。

 

「僕の朗読が終わったら、スーってボリューム下げて」

 

ドラムを通奏低音に、松岡校長、鈴木康代学匠、和田めぐみ番匠が38のお題を言葉にする。

 

康代学匠「用法二。11番ジャンケン三段跳び、氏神様・氏子様…」

 

 

「一番、二番とかは全部言わなくていい。途中でいくつか言えばいい」

 

言葉に合わせて、スタジオ両端のお題札をカメラが並走する。

 

 

「もっとカメラのスピードあげてもいいよ」

「映像が終わったら和田さん。佐々木局長をコールしたら、教室名のボードのアップから引きつつ局長を映して」

 

映像・朗読・カメラワークの三位一体で瀬戸があらわれる。

 

 

6.オブザーブのリストも用意のうち

 

(リストを見ながら)「原田(淳子学匠)はくるの?」

 

 

 

7.伝習座はドキュメンタリーだ

 

「階段を用意したから、(後藤)ゆかりちゃんと林(朝恵)さん(カメラ・ビデオ撮影担当)も使ってね」

 

 

階段の仰角からのスタジオ

 

 

8.けばけばと民族パターンでたくさんの守を

 

穂積デザイナーによる伝習座の意匠。

 

穂積デザイナー「守のケバケバの輪郭の内側に、民族のパターンを内側に入れている」

 

 

9.20周年ではドローンで本棚を

 

「森本(研二)くん、活躍してね」

 

 

「20周年は森本くんだからこの中でドローン飛ばす。本をドローンが映していくのをやりたい。(飛ぶ時の)音が大きいので、休憩の時とかにね」

 

***

 

なお、プログラムは、千夜千冊モデルを借りる「師範代の教室の別様の可能性」、用法・指南語り「コロナ時代に世界と自分をつなぐ守るの方法」、師範によるエディション語り、松岡校長×康代学匠対談他。

 

しつらえとプログラムのあわせ・かさね・きそい・そろいの「Jあわせ」の一座は、明日13時から。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。