編集かあさん エディット・ツアー

08/23(日)08:22
img

「子どもにこそ編集を!」
イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、
「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。
子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。
子供たちの遊びを、海よりも広い心で受け止める方法の奮闘記。



 夏休みが始まって10日あまり。「暑いー」と床でごろごろしながら、兄のハンディ扇風機を勝手に借りて使っていた7歳の長女が、むくっと起き上がって話し始めた。
 
 「あのね、うちわっていうのは、『扇風機に負けるもの』だと思う」。

 これは! 7月28日に参加したイシス祭オンラインエディットツアー@大阪の残響だ。山根尚子ナビが出したお題の一つが、うちわを手に「これはなんでしょう」と問いかけるものだった。
 長女は即座に「うちわ!」と答えたあと、他の部屋に走っていって、家にあるうちわをパソコンの前まで持ってきた。パタパタあおぎながら、幼稚園のキャンプで白いうちわを絵具で染めたことなどを思い出して、「雨の時に工作して遊ぶもの」と、一緒に答えたのである。山根ナビにしっかり届き、「うちわはキャンバスにもなるということですね」というコメントが返ってきた。編集かあさんは、「京都のお店に舞妓さんのうちわが飾られている」と答えた。
 他の参加者からは、行政の案内チラシがわり、キャンプで火を起こす時に使うなど、いろいろな答えが飛び出した。長女はうなづきながら聞いていた。よくわからないときはどういうことなのと尋ねてきた。

 オンラインエディットツアー、本音では大人だけでゆったり参加したい気持ちもあったけど、パソコンの前でワイワイやっている雰囲気に子どもが惹きつけられないわけがない。サブの梅澤奈央ナビが「こんばんはー! 前髪かわいいね!」とウェルカムモード全開でもてなしてくれてほっとする。他の家の子も画面に写りにやってきた。
 本業がヨガ講師である山根ナビが画面から消えてポーズをとり始めた時は、本気でぎょっとして「なにしてんの?」とまずは素でつっこんでいた。いろいろな回答を聞いているうちに、だんだん見立て力が動き出した。エアコンの無い部屋で汗だくになりながら、長女も夜9時半のエンディングまで一緒に遊んだのだった。

 うちわの見方が2時間で変わる。他のもの――たとえば扇風機の見方も同時に変わる。情報どうしに対角線を引く方法が自然に動くようになる。その変化は一過性じゃないというのを目の当たりにした。

 今年は、短いけど宿題のない夏休みだからこそ、「型」がすっと体に入り込んだというのもあるかもしれない。大人も子どもも、ちょっと「夏休み」にして、日本列島津々浦々エディットツアー@オンラインに出かけよう。

 

下敷き、厚紙、保冷剤、水、かき氷。「うちわに似たもの」を集めようというお題への「回答」で集まったモノ。このあとも、スクレイパー、段ボール箱のふたなど、次々見つかっている。



○○リンク

 【イシス祭@大阪】天神祭にツッコミを学べ

 【ISIS FESTA エディットツアー 一覧】

 

○○お知らせ

 

ISIS FESTA [EX広島&奈良](親子向け)「おやこ五感ワーク」
/ナビ浦澤美穂、松井路代
日時:9月3日(木)10:30 – 11:30(開場10:20)

「編集かあさんの方法」をテーマにしたオンラインエディットツアー。親子で編集ワークしながら、遊びにひそむ「型」の見つけ方のコツをつかみます。大人のみの参加も歓迎です。

お申し込みはこちら



  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。12歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 【三冊筋プレス】プルーストを読み通す方法(松井路代)

      アンスリウム  花屋に行くと探してしまう花がある。それはアンスリウム。一見花びらに見える、艶やかで真っ赤なハート形の葉――正式には仏炎苞という――の切り込みの部分から、一本、黄色い尻尾のようなものが突き出し […]

  • 編集かあさん ゾウの名前

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 【イシス祭@親子向け】編集かあさん&編集とうさん「おやこ五感ワーク」

    「遠出がしにくい、友だちの家にも行きにくい今、どう過ごしたらいい?」という声が聞こえてくる。  編集かあさんも、当初少し戸惑った。けれど、誰かと方法を交換しながら編集の眼で遊べば、家の中だってどんどん広くなるのだという […]

  • 編集かあさん家の千夜千冊『宇宙と素粒子』

    編集かあさん家では、千夜千冊エディションの新刊を大人と子どもで「読前」している。 「万物はスピンする」。  買ってきたばかりの千夜千冊エディション『宇宙と素粒子』を食卓に置くと、長男(12)が帯の文句をつぶやきながら口 […]

  • 多読ほんほんリレー05 ¶2004年¶ 冊師◎松井路代

    2004年7月7日、千夜千冊第1000夜『良寛全集』がアップロードされました。これからどうなるのか。過去ログを読みながら待っていると、7月22日、千夜一尾として『エレガントな宇宙』がアップされました。末尾には「未確認な次 […]