エディスト虎の穴・ジャイアン人物伝 #001 三浦友和の「たくさんのわたし」

2020/11/13(金)09:27
img

エディスト新人ライター・角山ジャイアンに示された「お題」は人物伝。海千山千のインタビュー経験を渉猟しながら、「イシスっぽい人」をイシスの外に見つけだす。果たしてジャイアンは、先達エディストライターを唸らせることができるのか!?

 

三浦友和。この名前を聞いて、「いい男だわ」とか「理想の旦那さんね」とか「いい人でマジメ」とか、そんなイメージしか湧かない方は、黙ってこの3本の映画を観ることを強く勧めます。

 

『松ヶ根乱射事件』(2007年、山下敦弘監督)
『転々』(2007年、三木聡監督)
『葛城事件』(2016年、赤堀雅秋監督)

 

上から順に、自分の愛人の娘に手を出す下卑た親父。どこまでも胡散臭くてチャラい借金取り。家族を暴力で抑えつけるモラハラ夫。『伊豆の踊子』の爽やかな三浦友和が好きな人なら、間違いなく卒倒するでしょう。銀幕の中に、三浦友和は微塵もいません。ギラギラと剥き出しの人間がいる。だからこそその姿に、観ていて震えるのです。

 

三浦友和さんにお会いしたのは、主演映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(2011年、蔵方政俊監督)の公開を控えた夏のことでした。徒手空拳でインタビューはできません。6、7本、まとめてDVDを借りて、観てから挑んだのですが、その中にあったのが、『松ヶ根乱射事件』と『転々』でした。今なら言葉にできます。この映画の中から、“たくさんの「わたし」”を見つけたのです。インタビューの当初は、ややぶっきらぼうな印象だったのですが、この2作の名を出すと、顔つきが一変しました。

 

《そういう(嫌らしい)役を演じる場合は、自分の中にしまい込んでいたこうした資質を引っ張り出して膨らませます。(中略)演じるということは、自分の中の弱さや欠点、嫌な部分をきちんと認めるということかもしれません》(『相性』小学館文庫)

 

これがその時のインタビューの台詞です。

 

三浦さんがこう考えるようになったきかっけは、『台風クラブ』(相米慎二監督、1985年)でした。これもクズ教師役です。三浦さんは最初のオファーを激怒して断っています。オレがやる役じゃない! というわけです。どうして出演に至ったかは端折りますが、この映画の撮影を通して、三浦さんは「青春スター」という、たったひとつの「わたし」に縛られていたことに気づきます。実はそれまで、好青年の殻を破れない自分に苛立っていたのでした。

 

三浦さんは何をしたか。自分の嫌な部分、弱さをひとつずつ並べていきました。反省するためじゃありません。「小狡いわたし」「弱虫のわたし」「こびへつらうわたし」……。過去から現在にいたる、たくさんの「わたし」を取り出して、冷静に眺めてみたのです。すると「まじめなわたし」も、「好青年のわたし」も並列に並んだ。いうなれば「わたし」を情報化してしまったのです。自分の中の「わたし」にラベルを付けてしまった。こうなれば自由自在です。役柄がかわるたびに、それに相応しい「わたし」を取り出し、膨らませていく。

 

「あなたの中にだって、いろんな自分がいるでしょ?」
三浦さんはそう言うと、片頬を持ち上げたのでした。

 

 

先達エディスト・川野貴志の指南:

ほうほう。三浦友和の素顔に迫る、資料的な価値まで感じさせてくれる記事ですね。本当はえらく幅広い役者なんですよ、というところから編集術につないでいくんですね。自然に読めます。

なんだけどなあ。役者さんと「たくさんのわたし」という編集術の取り合わせが、意外性に乏しい。そこそこ熟達した役者であれば、だれしも「たくさんのわたし」はそれなりに意識的に使うのではないかな。

役者さんを取り上げるなら、なんかもうちょっと意外な編集術との取り合わせがほしいかなー。よろしくー。
資料的な価値まで感じさせてくれる? おお、そうだろ、そうだろ。んん? なんだけどなあ? なんだけどなあ?? むむむむむ。もうちょっと意外な編集術との取り合わせだと? 面白ぇ。おれは天下無敵の男だぜ。このくらいじゃビクともしねぇ。今度はギャフンと言わせてやるぜ!

がんばれジャイアン まけるなジャイアン

ああ ジャイアンよ 誰を書く

#002へつづく)


  • 角山祥道

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • 相槌と藤井聡太と卓袱台と――46[破]伝習座レポート

    鼻に抜けるようにフゥーンといい、頷きながらウッウーンという。かと思うとフンッと否定入りの含み笑い。本楼の大テーブルで、ジャイアンの前にでんと座るおかっぱ頭のアザラシ師範は、何とも騒がしかった。5月29日に行われた46[ […]

  • コロナも停電も乗り越えて――46[守]師範代座談会

    2020年10月26日に開講し、133日間走りきった46[守]。この期は、別院が想定外の盛り上がりを見せたり、各教室でエディティングキャラクターが突出したりと、「NEXTイシス」のうねりを感じさせる期となった。  では […]

  • ジャイアンの盟――46[守]新師範代登板記 ♯18

    3月13日、ジャイアンは本楼にいた。感門之盟に列するためだ。  卒門式では1分半で挨拶をせよ、という。本楼に向かう京急の中で挨拶文を考えながら、あることに気づいた。「何を喋ってもOK」という自由な時間――換言すれば時間 […]

  • ジャイアン問答【不足篇】――46[守]新師範代登板記 ♯17

    「編集は不足から生まれる」  今だから正直に言うが、ジャイアンは学衆の頃から、この言葉を掴みかねていた。師範代になってからもしばらく茫洋としていたのだが、ここにきてようやく、「これだ!」と思えるようになった。  教えてく […]

  • ジャイアン問答【対話篇】――46[守]新師範代登板記 ♯16

    卒門後も、角道ジャイアン教室のうねりが止まらない。現在は、「連絡網の名称決め」が、稽古さながらに熱を帯びている。たかが名称決め、と思うなかれ。こういう遊びに知力と時間を使う角道ーズをジャイアンは誇らしく思う。やはり「編 […]