オシリを締めよ!責任とるべき結びの一文【エントリー率驚異の97% 46[破]知文AT閉幕】

2021/05/17(月)20:12
img

始まりがあれば終わりがある。
「一生に残る一週間を」とほろよい麒麟教室師範代 尾島可奈子が焚きつけた46[破]知文ATウイークは、5月16日(日)18時の〆切をもっていったんの幕引きを迎えた。今期の第1回アリスとテレス賞は、学衆67名中、65名がエントリー。97%のエントリー率は、編集学校20年の歴史でも一二を争うスコアではと囁かれる。作品はすでに集約され、月匠 木村久美子を含む11名の選評委員が選考準備を始めた。


文章は「ポッと出」で決まる。遊刊エディスト紙上でも強調されたが、もうひとつ忘れてはならないポイントがあった。それは「結び」である。引用された校長室方庵[039]でも、校長松岡正剛は「アタマとオシリが竜虎のごとく呼応している」作品をひいて、「おぬし、責任をとったなという知文」と評している。寺平賢司(松岡正剛事務所)によると、松岡はしばしば「最後の文は、ちゃんと全体を引き受けてあげなさい」と口にするという。


〆切3日前の深夜2時、師範 福田容子は「もしも限られた推敲の時間をどこに賭けるかとなったら」と推敲の優先順位を伝えていた。ゆかりカウンター勧学会、王冠コロナ勧学会に筆圧高く書き込まれたのは、「迷わず最後。結び一択です」とのガイド。
結びの一文がなぜそこまで重要なのか。それは、書き手のメッセージがそこにこそ結晶するからである。冒頭で仮説をうちたてたならば、それを読者に納得のうえ手渡すのがスジだ。脈絡なくポッとおかれたものに、読み終わるころにはゆるぎない存在感をドンともたせるのが書き手の覚悟である。

福田は、ポッと出コレクションに返歌をつけるように、過去のアリスとテレス大賞作品のなかから優れた「結びの一文」を選んで届けた。名付けて「結構コレクション」。福田の7選とコメントに、一部番記者の編集を加えて紹介しよう。

 

 

■知文AT大賞 結構コレクション

 


▼背後から「ぼくら」のカミソリが狙う。

『悪童日記』アゴタ・クリストフ 第41期 [破] アリスとテレス賞大賞■H.M.(百銭汀食教室)

本と著者と800字を引き取り喉元にカミソリを突きつける切れ味の妙。

 


▼世界が収まる程に、ひきだしは広い。

 『ひきだしにテラリウム』九井諒子 第38期 [破] アリスとテレス賞大賞■S.Y.(玲子組曲教室)

幾重にも重ねたしかけを「ひきだし」で引き受ける結構が巧み。

 


▼そう、光だ、音楽だ、逃走だ。

『ヘルメスの音楽』浅田彰 第12期 [破] アリストテレス賞大賞■M.N.(下駄ばき遍路教室)

加速して駆け抜け飛び去ってゆく、まさにヘルメスのサンダル!

 


▼そして、それを飛び越えようとしたのが石牟礼道子だった。

『椿の海の記』石牟礼道子 第37期 [破]アリスとテレス賞大賞■M.K.(ノードチェンジ教室)

本を書くことで、著者が何を成し遂げたのか。発見して言い切る。

 


▼入門書という名の結納品である。

『稲垣足穂さん』松岡正剛 第39期 [破] アリスとテレス賞大賞■T.S.(南天ささら教室)

一貫したメタファーを凝縮させたニューワード「結納品」がキマる。

 


本作は、想が恐怖を触媒として猿から人間へ至る、切実で健やかな道のりを描いた作品なのだ。

『神の左手悪魔の右手』楳図かずお 第35期 [破]テレス賞大賞■Y.S.(彩月ミシン教室)

独自のヨミを堂々と語りきった意気やよし!

 


▼「磯椿が咲き残っている」ことに気づきたいのだ。

  『椿の海の記』石牟礼道子 第40期 [破] テレス賞大賞■K.A.(サラーム同堂教室)

一貫した隔靴掻痒を託して余さず、切実あふれてなお止まず。


 

800字の知文の締めくくりは、「100メートル走を駆け抜けるイメージで」と福田は申し添えた。知文ウイークをなりふりかまわず走り抜いた学衆も多いことだろう。ゴール直後、ゆかりカウンター教室学衆Tは「[守]はそよ風、[破]は嵐と言われていましたが、本当でした」と立ち尽くした。

 

締切後、強風のやんだ今だからこそできる稽古もある。ジャイアン対角線教室学衆Iは、教室仲間の作品に感想を寄せ、アジール位相教室師範代畑勝之は、このプロセスで身についたものを振り返るよう鼓舞した。エントリー翌日、すでに教室にはクロニクル編集術のお題が届けられている。共読で、振り返りで、次なる稽古で、学衆は自分なりのケリをつける

 

画像:野嶋真帆

協力:寺平賢司

 

※知文関連記事※

●Amazonレビューを卒業する2つの方法 43[破]アリスとテレス賞

人気No.1はあの本だった! 43[破]知文AT

●43[破]セイゴオ知文術に向けて 42[破]受賞作の稽古模様

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。47[守]近大番、46[破]番記者、35[花]錬成師範。

  • 【このエディションフェアがすごい!41】MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店②

    「このエディションフェアがすごい!」シリーズ、第41弾は大阪からMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店。フォトレポートを届けてくれるのはEdist編集部のエース梅澤奈央さんです。   ◇◇◇   ■タ […]

  • あの人はどんな本? 万感の46[破]先達文庫【77感門】

    イシスは本で出来ている。第77回感門之盟2日目、オープニングを飾ったのは豪徳寺・本楼に並ぶ2万冊の顔を舐めるように映した映像だった。局長佐々木千佳は、「本棚でドキドキするのはどうして」と視聴者の高ぶりを代弁。無機物な印刷 […]

  • いまなぜ神秘主義なのか 歌う46[破]師範へ書の贈呈【77感門】

    失言すれば炎上し、コンプラ違反で私刑を受ける。ほころびを許さぬこの国は「断点」を抹殺し、プラスチック・ワードで人々の口をびたりと覆う。私たちはいま、レジ袋で胃袋を満たした瀕死のウミガメのようである。   突破式の冒頭、原 […]

  • 断然を決行せよ 転換と変換のあいまで【77感門終了】

    事件から、私は生まれる。 2日間にわたる感門之盟を締めくくったのは、律師八田英子の人生における分岐点だった。 2004年、一介の社会人だった八田のもとに、資生堂の現名誉会長・福原義春氏から著作が届けられたのだ。それは当時 […]

  • ダンゼンを逃がすな【77感門スタート】

    豪徳寺の雨は、師範代の涙である。   9月4日(土)13時、東京パラリンピックの閉幕を目前に、第77回感門之盟がスタートした。2日間に渡るプログラムは、青空にブルーインパルスがISISと描く清々しい映像から始ま […]