汁講鍋からその先へ―50[守]

2022/12/26(月)08:23
img

「汁講鍋の残りで〆の雑炊をつくろう」
未だ温もりが冷めぬ汁講の翌朝、厳選タングル教室の勧学会に学衆の細井あやがスレッドを立ちあげ、呼びかけた。待っていたかのごとく、学衆たちの発言がつながった。「それぞれの土地の味わいが加わって、滋味深い雑炊ができあがった」と一同で称えあった。「汁講鍋の底に見事に残る!」と、交わし切れなかった問答を鍋に残る出し汁や具材に見立てたからこそ、投稿が加速したのだ。

 

 汁講の直前、師範代の川村眞由美は、学衆に幾つかのお題を出した。その中のひとつが「『厳選タングル教室』を一冊の本に見立てよ」というものだった。

『足摺り水族館』panpanya
「なんとも言えない不思議な感じの本なのですが、ずっと気になっ
 て手放せないのです」と師範代の川村。「私にとって、この教室も
 同じです」と誇らし気だ。

 

エモーショナル・デザイン 微笑を誘うモノたちのために
『人を賢くする道具 ――インタフェース・デザインの認知科学』
 ドナルド・A・ノーマン
「道具のあり方について書いた本です。良い道具も使いよう。私た
 ちが学んでい方法も同じ。ちゃんと使えるようになりたいです」と
 細井は方法に一途だ。

 

『ちか100かいだてのいえ』いわいとしお
 子どもの本棚から絵本を持ってきたのは、学衆の青井隼人だ。「こ
 の教室は、ふだんは静かなのに何が出てくるか分からない感じがあ
 る。地下に降りていくほどに賑やかになっていくこのお話がぴった
 り」と目を細める。

 互いの本と語りに引き込まれていく。その本に結実するまでに、当人に去来したであろう稽古への切実に想像を飛ばすひとときとなった。見立ては、一見関係ないものを別のものにあてはめて表現する方法である。ふたつの物事の間に思ってもみない関係線を見つけることができれば、かえってそのものの本質を伝えることがある。

 

 「実際に会ってみると、テキストから想像するみなさんと一致していました」との声もあった。さらに「初対面のはずなのに、すでにお互いのことを知っていて、話題も尽きない。なんとも不思議で心地のいい時間でした」と青井が汁講を振り返った。型を介して、問感応答返を積み重ねてきた厳選タングル教室の学衆たちの間には、既に堅い関係線が引かれていたのだ。見立てと対話によって、滋養豊かな教室のプロフィールを確認しあい、今やその先のターゲットに向かって、新たな料理がはじまっている。

 

 

 

2022年12月16日(金)開催の厳選タングル教室汁講に参加したのは、学衆の細井あやさん、
松浦克太さん、青井隼人さん、
M.Sさん、川村眞由美師範代、石井梨香番匠、師範阿曽祐子。


  • 阿曽祐子

    編集的先達:小熊英二。ふわふわと漂うようなつかみどころのなさと骨太の行動力と冒険心。相矛盾する異星人ぽさは5つの小中に通った少女時代に培われた。今も比叡山と空を眺めながら街を歩き回っているらしい。

  • 【田中優子の編集宣言】必要なのは編集力 自由への方法を獲得せよ

    今期、メモリアルな第50期を迎えた守の特別講義を担うのは、法政大学前総長で江戸文化研究者の田中優子氏だ。「サンデーモーニング」(TBS)のコメンテーターとしての顔も持つ。長く教育業界に身を置き、縦横無尽に現代社会に注意 […]

  • だるまたち、起きあがり、空白を埋める―50[守]

    2023年が明け、50[守]師範代から教室の学衆に年始の挨拶が贈られた。学衆の面々と出会えた2022年への感謝と共に、この先への期待と覚悟が漲る。そして、どの師範代も「まずは番ボー」と添えることを忘れない。年の瀬から仕 […]

  • 「Return to 守」で乱世に春を呼べ―50[守]

    50期[守]別院のミメロギア神社への参拝客が後を絶たない。「編集の力を携えて新たな春を迎えたい」と願い、納められるおみくじの束が清々しい。1月1日時点で23本も集まった。    では、次の数字は何をあらわして […]

  • 【近江ARS】瀬戸を越えよー12/21(水)第3回「還生の会」

    古くは「淡海(あわうみ)」と呼ばれたこの地は、律令制の導入に伴い「近江」と記されるようになった。    2021年12月3日、いつしか世間の関心からは遠のいたこの地に「近江から日本が変わる」と掲げる一座が姿を […]

  • 「境い目」を超える勇気【50[守]伝習座】

    「今は、私たちはちょっと見ているだけ?なのかしら?」 「じゃ、学衆の皆さま、つぶやきましょうよ。」  12月3日(土)に行なわれた50[守]の第2回目伝習座で、オブザーブしていた学衆の1人が呼びかけた。     […]