〈突破者が書く!第7弾〉世界歴史奥義伝から世界読書奥義伝へ【78感門】(松林昌平)

2022/04/02(土)21:00
img

 感門之盟が始まり、REMIXとは何だろう?と皆が思っている時、松岡校長が壇上に静かに上がる。少し痩せられたように感じる。体調は大丈夫だろうか?ずっと待ちわびた言葉が厳かに語られ始めると、私の懸念は払拭された。

 

ISISとは楽しみながらREMIXする述語である
 感門之盟は黒膜衆・裏方・感門団によって運営され、皆がポリロールを担いロールがREMIXされている。利潤はないらしい。そこまでして皆が集まるのは、編集学校が痛快だからにちがいない。

 

世界歴史奥義伝
 校長はウクライナ問題に触れ、世界史が失われていることを嘆く。世界史はいわゆる4大文明の地で動いているのではなく、もともと紅海・黒海・ベンガル湾に囲まれた地域を中心に回っている。その事実が忘れられ、アメリカ・EU・ソ連に好き勝手にされている。
 また今回COVID19により我々がウィルスと共に暮らしていることが再認識された。カミュの「ペスト」等で我々は知っていたはずなのに。ズーノーシスの世界史が失われている。21世紀は微生物から生物史中心に回るだろう。今こそ世界史と生物史を結びつけなければならない。そこに編集技法が必要で、REMIXが大事である。

 

マラルメの骰子を振る 

編集技法にカットアップがある。様々な情報を一旦バラバラにし、再度編集する。そこに偶然性を入り込ませる。それがマラルメの骰子を振るということである。これがREMIXなのだと強調した。聴衆に静かな熱気が伝わっていく。

 

世界史を再魔術化
 最近のメディアからは色々な情報が溢れ落ちている。昔フランスのカタログで全ての分類を傘を用いて行なっていた。哲学や思想等さまざまなジャンルをこのように集めて、分けて、仕組んで、伝えても良いのでは?と問いかける。こういう編集の為に[守]の38のお題があるのだ。情報は単に拡散するだけではダメで、組み合わせてアソシエイトしないといけない。失われた世界史を取り戻すために、伝達の不可能性を超えて表象することだ。世界史を再魔術化するのだ!

 

いざ世界読書奥義伝へ
 今回感門之盟で体験したことをそのままにしないでremindしないといけない。校長は最後に、そう強調された。想起して編集することの大切さを述べている。松岡校長の思いが伝わってきた。コロナや戦争で世界・日本・人々が分断されてしまった。私は世界に散らばる切実をremindし、編集の力で繋ぎ合わせていこうと考えている。「離」に進む決心がついた。

▲自宅の本棚のワンショット。真っ赤な千夜千冊全集や、千夜千冊エディション、大澤真幸氏による『〈世界史〉の哲学』が積まれている。

 

文:松林昌平(47[破]泉カミーノ教室)

編集:師範代 山口イズミ、師範 新井陽大(47[破]泉カミーノ教室)

撮影:上杉公志(エディスト編集部)


▼番記者梅澤コメント
 
イシス編集学校で学ぶ者にとって、もっとも気が引き締まるのは松岡校長を編集すること。泉カミーノ教室から生まれたもうひとりのエディスト記者・松林さんは、その最難関のお題に果敢に挑戦し、知性漂う重厚な創文へと結実させました。「感門之盟初日に音声が聞けなかったイズミ師範代のために」と松林さんが校長メッセージを要約した初稿を届ければ、イズミ師範代は、966夜『骰子一擲』を読み返して指南に応じる重厚な稽古ぶり。
じつは初日の校長メッセージは、当日に丸洋子師範代がJUSTしていたもの。既出の記事があることにプレッシャーを感じる松林さんに対し、イズミ師範代は「編集学校では一番は必要ありません。それぞれのダントツにに着目して輝かせてくれるのがイシス」「オリジナルなんて存在しません。模倣をどれだけ真剣にするかが大事」と渾身のエール。その追い風にのって、松林さんはどんどんとご自身の見方を打ち出し、感門翌日に参加したイシスフェスタ「情報の歴史を読む」での大澤真幸さんのレクチャーをリコールしながら、感門での自身の変化をリミックスしていきました。その成果にバニー新井師範は、「校長の言葉が端的かつ克明にきざまれてシビれる」と興奮。
 
タイトルに冠されているのは「世界読書奥義伝へ」の文字です。突破を祝ったこの感門から、松林さんは次なる[離]の門へのあいだをこのエディスト記事でつないでくださいました。この創文を書くのは「想像よりハードだった」と言いながらも、だからこその手応えを感じられたのでしょう。松林さんは、[離]への決意を固めたと宣言くださいました。臆することなく校長メッセージのremindし、representationできた松林さんなら、15[離]でも果敢に世界をアソシエイトしていくこと間違いありません。

  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • 7月の季語である雷鳥

    イシスDO-SAY 2022年7月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   それでは2022年7月の「イ […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年6月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です! 今月は3人のゲストメンバーが推しキジを選定してくださいました。遊刊エディストをさ […]

  • 6月の季語のコマドリ

    イシスDO-SAY 2022年6月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   5月には松岡正剛校長の千夜千冊が執筆総数1800夜を迎える […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年5月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です! 遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」2022年5月号、お楽し […]

  • イシスDO-SAY 2022年5月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   編集学校の入門コース[守]が4月に開講となりました。が、ま […]