「間論」から、編集的社会像のターゲットXへ【AIDA 第5講】

2021/02/14(日)18:00
img

”松岡正剛の仕事が何より「編集的であること」を体現している”

昨秋スタートしたHyper-Editing Platform[AIDA]は、2月13日に第5講をむかえた。

 

来月の最終講に先立ち、座衆は「間論(まろん)」を書き上げる。これまでの学びを踏まえ、今後への抱負を織り込みつつ、それぞれの「編集的社会像」に向けてAIDA体験を総括するのだ。

 

第5講の前には、その準備として指定の課題本を読み、それぞれの「編集的社会像に向けての論点」をアウトプットをした。レポートは、座衆全体で100ページに迫るボリュームだ。

「生命モデルに準えた共同体のあり方」「経済成長神話に代わる物語とは」「『空気の支配』からの脱却方法」「新型コロナウイルスとどう向き合うか」「日本の方法を江戸から再発見するには」といったターゲットを見据えつつAIDAに臨む座衆の表情は、Zoom越しでも今まで以上の切実さを帯びていることがわかる。

 

編集工学研究所の安藤昭子氏は、冒頭メッセージで「松岡座長の仕事が何より編集的であることを体現している」といい、1971年のオブジェマガジン『遊』『アート・ジャパネスク』『情報の歴史』から『知の編集工学』を経て、『連塾』シリーズや最新の千夜千冊エディションなどを紹介しつつ、3つのキーワードを座衆へ手渡した。

 

 

インタースコア、ルーツ、歴史的現在


1.「インタースコア」をする

スコア、つまり「目盛り」や「ものの見方」をクロスさせ、相互乗り入れさせること。何かと何かを掛け合わせ、折り合わせる勇気をもつ。決して放っておかないこと。

『遊』の「相似律」では、「音楽×タオイズム」「文学×医療」などのインタースコアが溢れている。

 

2.「ルーツ」に遡る
「起源」を見る癖をつけること。表面的なステレオタイプだけでは見えてこない。プロトタイプをとらえなおし、アーキタイプまで迫ること。

『情報の歴史』は、最先端のIT技術から古代文字まで、複数のジャンルを重ねながら遡っている。

 

3.「歴史的現在」に立つ
今ここにいる私たちは、過去の歴史と切り離されているわけではない。ある過去からひとつづきの存在である。

『連塾』の第3巻のタイトルは「フラジャイルな闘い 日本の行方」。ある章では石川啄木の「歌」に昭和史を見つつ、これからの編集的日本像へとむかう。過去の啄木の歌と自分を切り離さずに、連続してとらえている。

 

 

”水戸学とボレロと椎名林檎を一緒くたにやる”

今回のゲストは、政治学者であり音楽評論家でもある片山杜秀氏。松岡座長も『ゴジラと日の丸』を読み、その時代を切り取る編集力に驚嘆したという。

片山氏は、『鬼子の歌』で邦人作曲家のクラシック音楽作品を、『未完のファシズム』で第一次世界対戦をそれぞれ「地」におき、日本の近現代史を「図」として再編集をした。

 

例えば、山田一雄作曲のオーケストラ作品『おほむたから』は、敗戦の年にあたる1945年の元旦に初演をされ、新年を寿ぐ作品と評価された一方で、その「地」にはマーラーの『交響曲第5番』第一楽章の「葬送行進曲」がモあり、メロディも天台声明がベースとなっている。つまり、「弔い」のイメージが実はあったのではないかと片山氏はみる。

 

このように、片山氏は「音の材料は何か」「どのような歴史的意味をもつのか」「どの部分が消し去られて、どこが強調されているか」などをリバースエンジニアリングしている。このことは「1.音楽作品と歴史をインタースコアする」「2.葬送行進曲をアーキタイプとしてとらえる」「3.(寿ぎの作品に弔いの素材を用いる)作曲家の方法から、歴史的現在をトレースする」とも言い換えられるだろう。


その後、江戸時代と『未完のファシズム』のあいだを結ぶ「水戸学」を中心に、レクチャーはつづく。時に話題は南北朝時代から墾田永年私財法まで遡りながら、なぜ水戸藩は『大日本史』を編纂しようとしたのか、なぜ尊王攘夷運動に結びつくのか、今の日本の政治体制とどうつながっているのかなどを紐解きつつ、水戸学から歴史的現在をとらえた。

 

松岡座長は結びとして、昨今の「ラディカルスタイル」の不足を指摘する。そのためには、例えば「水戸学」とラヴェルの『ボレロ』と椎名林檎をまとめてインタースコアをする。それくらいの編集力が必要となるだろう。

この視点は、「間論」を書き上げる座衆にとってもヒントとなるに違いない。

 

AIDA体験を総括する「間論」は、最終講の3月6日にお披露目となる。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。

  • 連想ゲームにも編集が!? 空文字アワーで「知」を動かす【47[守]week3】

    勧学会で連想がとまらない   「現状打破のために編集の『型』を学びたい」 「考えること自体を考える方法を学びたい」 「意識的なアウトプットの方法を学んでみたい」 「発想や企画の幅を広げたい」 「自分が今までやっ […]

  • 【速報!】十四[離]典離発表(第76回感門)

    第76回感門之盟「十四[離]退院式」では、3名が典離を受賞した。   典離というのは、最優秀賞ではないというわけではないけれど、何か我々を突き動かしたものが一番たくさんあった学衆に贈られる。(松岡火元校長) & […]

  • 【速報!】十四[離]特別賞発表(第76回感門)

    第76回感門之盟「十四[離]退院式」での特別賞受賞者をお伝えする。進行は、14[離]で「離れ」や「エディスト」でつないだ小倉加奈子析匠がつとめた。   ■小坂真菜美別当賞:曵瞬院の阿曽祐子さん     […]

  • 「松岡火元校長が託した3つの課題意識」十四[離]退院式開幕(第76回感門)

    [離]の指導陣は「火元」と呼ばれる。火元は入院した学衆に、時に厳しく、刻印されるような言葉を容赦なく手渡す。創を負い、失敗をし、離中で自信喪失する学衆も少なくない。   師範代育成コース[花伝所]で指南にあたり […]

  • 師範は「伏せて、開ける」もの【47[守]week2】

    知のミステリーとしてのイシス イシス編集学校の稽古模様はミステリーのようだ。   ミステリーでは何らかの事件や犯罪が発生し、その謎が最終的に解き明かされていく。一見シンプルだが、犯人は巧妙なトリックを仕掛け、著 […]