軽井沢でツンドク三冊屋@ONLINE

2021/04/14(水)16:00
img

「わたしは◎◎氏のツンドク本です。主人の学生時代の友人から、主人のもとへ送られてきました。わたしは、なんと5年も眠っていたのですが、たった今、主人に叩き起こされました」。
 軽井沢オンラインツアーに集まった12名は、早々にブレイクアウトルームに分かれ、「積ん読本」を手に自己紹介をはじめた。本になりきって、みな雄弁。

 

 ナビゲーターの浅羽登志也師範と中原洋子師範代は、初っ端の打ち合わせで、この春のオンラインツアーは「共読」でいきたい、「目次読書」「三冊屋ワーク」をやってみたいと目を輝かせた。ブックワークはイシスのリアル・ツアーの花形、でも意外なことにオンラインでは未開催。

 

 果たして、タイマー付きの小刻みなインストラクションに従って、<装丁読み><掩巻><目次読み><キーワード選択>…と参加者の顔と本の見開きの距離が縮まっていく。モニタからはシャーッ、シャーッとページを繰る音が20分間続いた。 最後、ギュッと要約オニギリを結ぶように目次読書終了。すぐさま3人ずつのブレイクアウトルームでは、堰を切ったようにアウトプットが始まった。ノートを見せ合ったり、ZOOM白板をサクサク使ってみたり。それぞれが読み手となって取り出した文中の言葉、文脈、思想、著者像などの間に連想の枝が伸びていって、対やレイヤーで三冊が組み上がっていく。

わずか10分程度の高速密談を経て仕上がった、軽井沢・ハレバレ[三冊屋]公開!

12名による4バインド、おひとついかがですか?

 







 

 

 

<参加後に寄せられた声>

*オンラインでも知らない方と本のことを語るのはとても楽しかった(兵庫・コンサルタント)
*三冊を改めて拝見すると、このすべてを一つの本棚にしてもつながりができそう。一夜明けても、ゆっくり読むときより単語が身体の中に残っている感じがする(東京・その他)
*会読のすばらしさを感じ、また、仕事上のアイデアをもいただけました(広島・コンサルタント)

*本で人は繋がれるということを改めて実感した(宮城・フリーランス)

 

参加者のみなさん、コロナでStay Homeが続き、久々に誰かとコラボする場を楽しめたご様子でした。「長野でぜひ三冊屋@ONLINEのシリーズを」と継続開催のリクエストもあり、ナガノ共読区構想の夢ひろがります。ナビゲーターのお二人、本気モード!?


  • 田中晶子

    徹夜明けのスタッフに味噌汁を、停滞した会議に和菓子を。そこにはいつも微笑むイシス一やさしい花伝所長の姿があった。太極拳に義太夫と編集道と稽古道の精進に余念がない。

  • 「秘密のISIS式花園」探訪ツアー【フェスタオンラインツアー@花v2】

    編集工学をライブ体験するなら師範代や師範の<指南>を受けるのが一番。さらにその奥、7週間で師範代の技術を身につけるISIS花伝所の育成プログラムは編集学校の秘伝中の秘伝です。プログラムの名は「花伝式目」。実践演習で修得す […]

  • 海街エディット【ツアー@横浜・鎌倉】

    「ここはかつて海でした」。   第二次世界大戦後の復興期に、鎌倉文化人たちが、鎌倉光明寺で始めた鎌倉アカデミア。その終焉の地、横浜市栄区に誕生した「さかえdeつながるアート」は、鎌倉アカデミアにちなみ、新しい時 […]

  • 花伝の師範続々、花道で会いましょう!【ツアー@花】

    ISIS花伝所は過去450名余の突破者が通過した師範代の花道。この花ロードを巡ったのちの師範代ロールが“ イイことづくし” であることは、伝習座や汁講、感門之盟のモニタ画面にうつる姿を見れば一目瞭然、まずはジャイアンの「 […]

  • 「月」をおともに エディット・ツアー

    その日、若き音楽家はtoy pianoを携えてかけつけた。  エディットツアーのテーマタイトルは<月から発見☆編集の世界>、「月光に肖ったワークを」と天の啓示があったとか、なかったとか。    「月にあやかっ […]

  • アツいのはロウソクだけじゃない

    「コメントが、とにかくアツかった」。  『科学道100冊』の仕掛人、理化学研究所(理研)・広報の望月達矢さんと編工研・チーフディレクター仁禮洋子は、プロジェクトの概要を一通り説明したあと、口を揃えて切り出した。11月12 […]