イドバタイムズ issue.6  バイクみたいな子どもフィールド―オトナのための千夜千冊共読会レポート

2022/03/09(水)08:12
img

編集学校の方法を子どもたちのために外へつなぐ。
「イドバタイムズ」は子どもフィールドからイシスの方法を発信するメディアです。

 

 そらをとぶバイクみたいなはちがくる
 千夜千冊362夜『小学生の俳句歳時記』(金子兜太・あらきみほ)でピックアップされていた小一男子の句だ。バイクに見立てられたはちさながらの速度と勢いで、アイディアを実現していくのが子どもフィールドだ。

 

 子どもフィールドでは、2ヶ月に一度、千夜千冊共読会をオンラインで開いている。今回は、佐々木千佳学林局局長、松井路代冊師、ライター・林愛の3名で、362夜を読んだ。
 当夜のほとんどは、小学生の俳句とそれを感じた松岡校長の評で構成されている。まずは3句ずつ交代で音読した。違う声、違う地域に住むメンバーのイントネーションによって、ひとりひとりの子どもたちの息遣いが想像される。

 それを味わった後は、図解ワーク。俳句と評の連打の一夜をどうやって一枚の紙に展開するか。難問だ。
 メンバーの図解が画面に現れると、自分が探り探り表したそれとの違いにハッとする。そうか、そういう見方があったんだ。松井冊師は、小学生の俳句と校長の評との間に、子ども編集学校が実装したい評価のモデルを見出した。佐々木局長は、校長も「ドカン!」と衝撃を受けた子どもたちの発想の方法を分類し、情報を動かしていくツールがつくれると話した。

 

松井冊師の図解

 

 ではこれをどう子ども編集学校に乗せていこうか。即座にこの問いにつなげるところが、バイクみたいな子どもフィールドの推進力だ。まして、今回のテーマである俳句は、いかようにもお題を引き出せる粘土のようなのだ。共読会の後半では、まずメンバーがあれこれ粘土をこねて遊んだ。
 その中のひとつ。子どもが取り組みやすいお題にするための導入を考えながら、まず5音7音の単語リストをつくるというのはどうか、という案が出た。リズムに慣れることができるし、そこから五七五に組み立てるのも、アワセの妙がたのしめるのではないか。
 「じゃあ、やってみましょう!」さっそくワークへ促す松井冊師。3分間で思いつくままに5音の言葉をZoomのチャット欄に並べていく。はじめのひとつが出ると、思ったよりもするする出てくる。ちなみに、ライター・林の蓋を開いた5音は「はしご酒」・・・。ずらっと並ぶとその人が露呈するのもおもしろい。

 次は7音。あれ、5音と勝手が違う。7音の名詞はなかなか出てこない。「遠い夏の日」などの形容詞+名詞、「肩を並べて」などの名詞+動詞も射程に入れるとまたどんどん出てきた。

 さあ、これを五七五に組み合わせる。なんとかひねり出すようになるかと思われたが、これが結構どんなアワセでも物語が見えてくる。たとえば、「胸騒ぎ津軽海峡ひざ枕」「誕生日軽いしもやけ胸騒ぎ」…言葉と言葉を両手に、胸騒ぎも心躍りも、好きな化学変化が起こせる。子どもとだとさらに飛躍がありそう!とメンバーは口を揃えた。
 ほかにも「じゃあやりましょう」というアイディア即プランが生まれ、ブンブンと飛ばしながら、ツーリングをたのしんだ。

 

 子どものような思いつきが言える場所、それですぐに遊べる場所、放課後まず行ってみる公園のように、4月も共読会は開かれる。予定しているのは、1764夜『ホモ・デジタリスの時代』(ダニエル・コーエン)。「Hyper-Editing Platform[AIDA]」ではボードメンバー・武邑光裕さんが「2035年には仕事の半分はメタヴァースで行われ、2050年にはメタヴァースのGDPが現実の国家経済を追い越すだろう」とレクチャーしている。これから子どもたちが生きていく「時代」に思いを巡らせたい。

 

 

付録:共読会で持ち寄られた子ども×俳句本

 

金子兜太・監修『子どもと楽しむ俳句教室』(誠文堂新光社)

 

あべ弘士『どうぶつ句会』(学研)

谷川俊太郎・皆川明『はいくないきもの』(クレヨンハウス)


  • 林 愛

    編集的先達:山田詠美。日本語教師として香港に滞在経験もあるエディストライター。いまは主婦として、1歳の娘を編集工学的に観察することが日課になっている。千離衆、未知奥連所属。

  • 【Playlist】未知の奥へ(林愛)

    みちのく、道の、未知の奥  ゆけど遠のく、言の奥  分け入りてただ、奥へと歩く   【Playlist】未知の奥に分け入る10本 林愛選   一、【三冊筋プレス】道に迷いたい 物に入りたい(米川青馬 […]

  • 【多読SP】冊匠賞受賞作全文掲載(林愛)

    多読ジムSPコース「大澤真幸を読む」の読了式で【冊匠賞】【多読ボード賞】【大澤真幸賞】の受賞者が発表された。冊匠賞は林愛さん、多読ボード賞は猪貝克浩さん、大澤真幸賞は梅澤光由さんが受賞した。大澤真幸賞の梅澤光由さんに続い […]

  • 【三冊筋プレス】なる、なっているユーモリスト(林愛)

    おもしろいつもりなんてない、ぼくはいつでもおおまじめだよ。  おかあさんはどうしてぼくをみてわらっているの?    ヨシタケシンスケの絵本の男の子にそう聞かれているような気がして、『笑いの哲学』という本を手に […]

  • 【三冊筋プレス】寄り坐となって海を歩け(林愛)

    おくのほそ道は本当に細い。  山形県と秋田県の県境、芭蕉の旅程の最北端である象潟に近い、三崎山旧街道を歩いてそう思った。箱根の山より険しいと言われ、日本海側の街道随一の難所と呼ばれた地点のせいか、鬱蒼とした谷もあり、江 […]

  • 未知奥トポス巡りⅤ 記憶を呼び出す舞台―花岡安佐枝師範代の諏訪

    イシス編集学校未知奥連に関わるメンバーの、記憶の最深部にあるトポスの物語を尋ねる「未知奥トポスめぐり」。今回は未知奥声文会の常連メンバー花岡安佐枝師範代のトポスを訪ねる。花岡はずっと、未知の奥からの声に耳を澄ませてきた […]