泡立つ九天―本日のテンキ譚

2022/05/08(日)08:54
img

 毎晩日付が変わる頃、九天玄氣組(以下九天)のラウンジにぷくっと泡が立つ。投稿しているのは飛永卓哉(38破/福岡)、2022年1月1日から欠かさず届け続ける「本日のテンキ」である。
 テンキは天気と転記の意味を持つ。九州にゆかりのある本や千夜千冊などのインターネット情報から短いセンテンスを抜き書きして毎日ラウンジにアップする試みだ。

 昨年12月30日、九天年賀受け取り時の組長 中野由紀昌との会話がきっかけだった。時節柄新年の手帳やカレンダーの話となり、「日めくりのひとこととか面白いですよね。松岡修造日めくりカレンダーなんかもあったけど、九天版があったら買いますよ」と口に出してしまった飛永に、中野はすかさず言った。「じゃあ、飛永さんがやってよ」。3カ月交代とかもいいですよねと保険をかけてみたが、「いやいや、1年やるから見えてくる風景があるでしょ」ときっぱり手渡された。翌々日の元旦から「本日のテンキ」はスタートした。

 

2022年1月1日「本日のテンキ」

  遠く胡塵を避けて海東に来たり
  凛然 節出す 魯連の雄
  忠を励まし義に仗(よ)るは 仁人の事
  利に就き安きを求むるは 衆俗同じ
  昔日名題す 九天の上
  多年身は落つ 四辺の中
  鵬程(ほうてい)好去し 恢復を図る
  舟楫(しゅうしゅう)今乗ず 万里の風


 ー松岡正剛の千夜千冊 1157夜ー
  「九州水軍国家の興亡」武光誠
  学習研究社 1990年
  URL:https://1000ya.isis.ne.jp/1157.html


 九天の皆さま
  明けましておめでとうございます。
  本年もどうぞよろしくお願いします。

 

  本日のテンキ、始まりはここから。
  こんな感じで続けていきます。

 最初は連想方式でつなげていったが、そればかりでは面白くない。思いついてやってみた九州ゆかりの万葉歌と現代の音楽の歌合せはハードルが高かった。徐々に届き始めた組員からのコメントやZoomを使って展開中の“番組”で気になったことに乗っかることを覚えた。
 「転機だったのは、三苫さんが紹介してくれた千夜千冊『墨子』『中国遊侠史』でした」。侠をテーマにした「侠のテンキ」は10回続けた。侠っぽくない飛永であるが、続けるうちに「オレ、こういう世界が好きなんだ」と気づいたという。選んだ本や組員が発する情報とのインタースコアによって、飛永も変化している。

 

  
 校長から贈られた色紙は「雲仙る」。2021年の年賀企画では夢野久作を擬いた飛永。

 

 本の読み方も変わった。基本は一日一冊、通勤時に当たりをつけて読む。「目次を読むようになりました。冒頭とあとがきもさっと見て、狙いを定めて抜き出します。九州フィルターを意識して言葉を探しています」。テンキ執筆という必要に迫られて編み出した読書法は、名づけるなら「狙読」または「ゴルゴ読み」だ。図書館でまとめて本を借りる時にもゴルゴ読みが活きる。

 「本日のテンキ」は、情報の出入りを活性化し、飛永の日常も変えた。これを題材にしたアワード企画も始まり、九天と九州の編集は一層の泡立ちを見せている。


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • ぢとずの関係にうずうず―49[守]004番

    「天敵」なのに「支え」である。「隠れ蓑」にも「小さなゴール」にもなる。「広告のステージ」で「縄張りの主張」、「凶器」や「文化遺産」とも化す。「障害物」で「汗と血の結晶」で「ノスタルジー」で「童話の主人公」。そいつの名は […]

  • コップはアタマの中を覗ける―49[守]001番

    49[守]が開講した。最初のお題は「コップは何に使える?」だ。  人とは違う使い方を見つけようとしたり、紙コップで考えたのはなぜだろうと立ち止まったり、スパイの盗聴器が浮かんで少年に戻ったり、コップを巡る回答が次々に届 […]

  • 49[守]師範代、旬然と詰所デビュー

    師範詰所。イシス編集学校の師範代経験者が登録されるラウンジである。2004年から連綿とつづき、発言数は26,000を超える。  毎期、開講直前に新師範代がこのラウンジに登録され、先輩師範代たちに挨拶を届ける。  49[ […]

  • “はじめての再会“が生まれるところ 

    はにかみ湛える恒久・ほほえみ溢れる和奈。49[守]伝習座、休憩時間のミメロギアだ。ちょうど1年前に開講した47[守]で、新井和奈はアイドル・ママ教室師範代、渡辺恒久はその担当師範として半年間を共にした。コロナ下に加え、渡 […]

  • 並べると恋も思考も動き出す ―― 48[守]「みちの本棚」三冊つなぎ

    みちは、路、道、未知である。48[守]別院の横丁に「みちの本棚」が出現した。棚におさまっているのは50冊、どれも横丁の住人たちの「つんどく本」だ。  つんどく本は、ただ積まれていたわけではない。運命とも思えた出会いの記 […]