泡立つ九天―本日のテンキ譚

2022/05/08(日)08:54
img

 毎晩日付が変わる頃、九天玄氣組(以下九天)のラウンジにぷくっと泡が立つ。投稿しているのは飛永卓哉(38破/福岡)、2022年1月1日から欠かさず届け続ける「本日のテンキ」である。
 テンキは天気と転記の意味を持つ。九州にゆかりのある本や千夜千冊などのインターネット情報から短いセンテンスを抜き書きして毎日ラウンジにアップする試みだ。

 昨年12月30日、九天年賀受け取り時の組長 中野由紀昌との会話がきっかけだった。時節柄新年の手帳やカレンダーの話となり、「日めくりのひとこととか面白いですよね。松岡修造日めくりカレンダーなんかもあったけど、九天版があったら買いますよ」と口に出してしまった飛永に、中野はすかさず言った。「じゃあ、飛永さんがやってよ」。3カ月交代とかもいいですよねと保険をかけてみたが、「いやいや、1年やるから見えてくる風景があるでしょ」ときっぱり手渡された。翌々日の元旦から「本日のテンキ」はスタートした。

 

2022年1月1日「本日のテンキ」

  遠く胡塵を避けて海東に来たり
  凛然 節出す 魯連の雄
  忠を励まし義に仗(よ)るは 仁人の事
  利に就き安きを求むるは 衆俗同じ
  昔日名題す 九天の上
  多年身は落つ 四辺の中
  鵬程(ほうてい)好去し 恢復を図る
  舟楫(しゅうしゅう)今乗ず 万里の風


 ー松岡正剛の千夜千冊 1157夜ー
  「九州水軍国家の興亡」武光誠
  学習研究社 1990年
  URL:https://1000ya.isis.ne.jp/1157.html


 九天の皆さま
  明けましておめでとうございます。
  本年もどうぞよろしくお願いします。

 

  本日のテンキ、始まりはここから。
  こんな感じで続けていきます。

 最初は連想方式でつなげていったが、そればかりでは面白くない。思いついてやってみた九州ゆかりの万葉歌と現代の音楽の歌合せはハードルが高かった。徐々に届き始めた組員からのコメントやZoomを使って展開中の“番組”で気になったことに乗っかることを覚えた。
 「転機だったのは、三苫さんが紹介してくれた千夜千冊『墨子』『中国遊侠史』でした」。侠をテーマにした「侠のテンキ」は10回続けた。侠っぽくない飛永であるが、続けるうちに「オレ、こういう世界が好きなんだ」と気づいたという。選んだ本や組員が発する情報とのインタースコアによって、飛永も変化している。

 

  
 校長から贈られた色紙は「雲仙る」。2021年の年賀企画では夢野久作を擬いた飛永。

 

 本の読み方も変わった。基本は一日一冊、通勤時に当たりをつけて読む。「目次を読むようになりました。冒頭とあとがきもさっと見て、狙いを定めて抜き出します。九州フィルターを意識して言葉を探しています」。テンキ執筆という必要に迫られて編み出した読書法は、名づけるなら「狙読」または「ゴルゴ読み」だ。図書館でまとめて本を借りる時にもゴルゴ読みが活きる。

 「本日のテンキ」は、情報の出入りを活性化し、飛永の日常も変えた。これを題材にしたアワード企画も始まり、九天と九州の編集は一層の泡立ちを見せている。


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • イドバタイムズ issue.17「編集初め」はにぎやかに~卯年お正月エディッツの会レポ

    松の内明けて集えるウサギたち    お正月気分も一区切りの1月8日(日)、北海道から石垣島まで、真夜中の海外からも、合わせて38名がZoomの前に集まった。  2023年の「お正月エディッツの会」のスタートだ。 […]

  • 【田中優子の編集宣言】遊び人、ぞくぞく出現!

    用法4のスタート目前、厳選タングル教室に編集稽古001番の再回答が届いた。なんと田中優子氏による50[守]特別講義の最中にである。田中の提言に触発された学衆青井隼人が、休憩時間に自身の001番回答から「ここから何かが始 […]

  • 汁講で出会いと発見を―50[守]角川武蔵野ミュージアム出遊譚

    エディットタウンには9つの書域がある。例えば5つめの書域「日本の正体」は、16の書区で成り立っている。ひとつめの書区は「日本列島と日本人」。その棚には、01日本列島の形成、02山・海・里の風土、03日本人はどこからきた […]

  • 温泉も宇宙旅行も、夢中な時間がここにある―残席1

    温泉につかって全身の力を抜く。思わず「ほぉ~」と声がもれる。そんな瞬間をしばらく味わえていないみなさんへ。  イシス編集学校[守]講座には、心身を柔らかくするお題が準備されている。       宇宙旅行なんて行けるはず […]

  • 声が重なり、道となる―50[守]開講

    「ここから諸君の『世界と自分についての見方と才能』がおそらく劇的に変わっていくでしょう」。本日12時、校長 松岡正剛のメッセージで50[守]が開講した。続いて、インターネット上の教室に開講と「点呼」の案内が届く。 &n […]