松岡正剛が祝う佐々木千佳の20周年感門之盟 Movie

10/01(木)16:42 img
img

 イシス編集学校には「たくさんのジャンヌ・ダルク」がいる。
その筆頭となるのが創成期から学校を牽引してきた佐々木千佳局長だろう。

 

2020年9月20日、21日に開催された感門之盟「エディットジャパン」では
10周年に続き20周年も佐々木が総合司会を務めた。松岡正剛校長は「こういう司会を任せられるのは佐々木さんしかいない」と言い切る。期待にたがわず本番では、すがすがしい姿で舞台に立ち中継先やプログラムが多い中でも場と人をやわらかくつないだ。そんな佐々木も感門前夜のリハーサルでは「マイクの位置はもっと下げて」、「「次は」と言わずに本題にバンといきなり入って」と松岡ディレクションを受けていた。どんなに用意を重ねても更にもっとの引き上げをするのが松岡編集。
 編集学校が誕生して間もない頃「へこたれません」と松岡に一筆啓上した佐々木の決意は20周年をむかえてもなお、ゆるぎない。この覚悟が変革し続けるイシスをずっと支え続けている。

 

いつもは「もてなす側」の佐々木局長が初日に松岡校長や学校スタッフからお祝いのサプライズを受ける場面がありました。この本番と手前の様子をおさえた映像の一部を動画でお届けします。最後のメッセージは吉村堅樹林頭が佐々木局長に贈ったものです。

 

※序盤の九天玄氣組メンバーの映像は初日の映像が配信不具合で飛んだため2日目のものを挿入しております。再生の女神に肖りました。

 

動画:林朝恵、写真:後藤由加里、挿入写真:小森康仁(映像より切り出し)


  • 林朝恵

    編集的先達:ウディ・アレン。「あいだ」と「らしさ」の相互編集の達人、くすぐりポイントを見つけるとニヤリと笑う。NYへ映画留学後、千人の外国人講師の人事に。