並べると恋も思考も動き出す ―― 48[守]「みちの本棚」三冊つなぎ

2022/02/27(日)08:16
img

 みちは、路、道、未知である。48[守]別院の横丁に「みちの本棚」が出現した。棚におさまっているのは50冊、どれも横丁の住人たちの「つんどく本」だ。
 つんどく本は、ただ積まれていたわけではない。運命とも思えた出会いの記憶、いつも見つめられている感覚、読みたいのに近づけないもやもや… 互いの気配の交感はつねに行われていた。

 そこで、「本は3冊の並びでつながっている」という原理を用いて、3冊セットでコーナーをつくる三冊つなぎを募集。14セットが寄せられた。

 トップの画像は点閃クレー教室のKさんによる三冊つなぎ。「ヒトのイメージの力を感じたい時があります」とのひとこととともに届いた。
 「つんどく本」の持ち込み者による「読んだつもりの本紹介」とともにご紹介しよう。

 タイトル:脳に突き刺した鉛筆から生まれる

 『想像ラジオ』いとうせいこう/じきじき編調教室Mさん「きっとザワザワする本です」
 『島とクジラと女をめぐる断片』アントニオ・タブッキ/師範Sさん「きっと運命を変えられてしまう旅に憧れてしまうような本です」
 『カフカ式練習帳』保坂和志/番匠Sさん「きっと不条理な世界も楽しめるような本です」


 三冊並べることで本が持つ意味が引き出される。隣に並ぶ本が変われば違う香りが立つ。本との再会も並べることで始まるのだ。

 

 

●本との再会「多読ジムSeason10春」 
2022年4月11日(月)スタート

 

●基本コース[守]2022春
2022年4月25日(月)開講 


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 49[守] 感門表授与のアンソロジー【79感門】

    イシスの卒門式で一番の寿ぎを受けるのは師範代である。編集道を共にした師範から、ほぼ半年の歩みを凝縮した言葉と感門表が贈られる。感門表の向こうには49[守]に集った全学衆もいる。師範代が38題の番稽古を全うできたのは、学 […]

  • 稽古は楽しく、志は大きく-[守]エディットツアー開催レポート

    イシス編集学校は正解を求めない。いくとおりもの問いを立てながら、遊ぶように情報の動向を追いかける。情報の行き来を意識できれば時代の見え方も変わる。いまこそイシスの稽古を体験してほしい。「正解のない時代に効く」と題した[ […]

  • 泡立つ九天 其の三 ・ 発表!第1回Q・TENフォトコンテスト受賞作

    テキスト重視のイシス編集学校にさざ波を立てる企画が立ち上がった。九州支所・九天玄氣組(以下、九天)のアワード企画第ニ弾「Q・TENフォトコンテスト」だ。フォトコンテストと言っても撮影技術を競うことが目的ではない。お題を […]

  • 体験!正解のない時代に効く「編集力」ツアー開催

    イシス編集学校は、世界でひとつの方法の学校である。 「そこで何が手に入るのか?」と疑問に思ったなら、即エディットツアーに申し込むべし。 [守]選りすぐりの指導陣による、とっておきの編集体験が待っている。 ★49[守]受 […]

  • 層を重ねよ、目を開け―49[守]018番

    守の折り返し点、用法2最後のお題「層なんです」。2つの事象の「目盛り」を取り出し、重ね、混ぜ混ぜしながら新たな「目盛り」をつくるジャグリング風味のお題である。  2つのうち一つは「人の成長の目盛り」を使うというしばりが […]