並べると恋も思考も動き出す ―― 48[守]「みちの本棚」三冊つなぎ

2022/02/27(日)08:16
img

 みちは、路、道、未知である。48[守]別院の横丁に「みちの本棚」が出現した。棚におさまっているのは50冊、どれも横丁の住人たちの「つんどく本」だ。
 つんどく本は、ただ積まれていたわけではない。運命とも思えた出会いの記憶、いつも見つめられている感覚、読みたいのに近づけないもやもや… 互いの気配の交感はつねに行われていた。

 そこで、「本は3冊の並びでつながっている」という原理を用いて、3冊セットでコーナーをつくる三冊つなぎを募集。14セットが寄せられた。

 トップの画像は点閃クレー教室のKさんによる三冊つなぎ。「ヒトのイメージの力を感じたい時があります」とのひとこととともに届いた。
 「つんどく本」の持ち込み者による「読んだつもりの本紹介」とともにご紹介しよう。

 タイトル:脳に突き刺した鉛筆から生まれる

 『想像ラジオ』いとうせいこう/じきじき編調教室Mさん「きっとザワザワする本です」
 『島とクジラと女をめぐる断片』アントニオ・タブッキ/師範Sさん「きっと運命を変えられてしまう旅に憧れてしまうような本です」
 『カフカ式練習帳』保坂和志/番匠Sさん「きっと不条理な世界も楽しめるような本です」


 三冊並べることで本が持つ意味が引き出される。隣に並ぶ本が変われば違う香りが立つ。本との再会も並べることで始まるのだ。

 

 

●本との再会「多読ジムSeason10春」 
2022年4月11日(月)スタート

 

●基本コース[守]2022春
2022年4月25日(月)開講 


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • イドバタイムズ issue.17「編集初め」はにぎやかに~卯年お正月エディッツの会レポ

    松の内明けて集えるウサギたち    お正月気分も一区切りの1月8日(日)、北海道から石垣島まで、真夜中の海外からも、合わせて38名がZoomの前に集まった。  2023年の「お正月エディッツの会」のスタートだ。 […]

  • 【田中優子の編集宣言】遊び人、ぞくぞく出現!

    用法4のスタート目前、厳選タングル教室に編集稽古001番の再回答が届いた。なんと田中優子氏による50[守]特別講義の最中にである。田中の提言に触発された学衆青井隼人が、休憩時間に自身の001番回答から「ここから何かが始 […]

  • 汁講で出会いと発見を―50[守]角川武蔵野ミュージアム出遊譚

    エディットタウンには9つの書域がある。例えば5つめの書域「日本の正体」は、16の書区で成り立っている。ひとつめの書区は「日本列島と日本人」。その棚には、01日本列島の形成、02山・海・里の風土、03日本人はどこからきた […]

  • 温泉も宇宙旅行も、夢中な時間がここにある―残席1

    温泉につかって全身の力を抜く。思わず「ほぉ~」と声がもれる。そんな瞬間をしばらく味わえていないみなさんへ。  イシス編集学校[守]講座には、心身を柔らかくするお題が準備されている。       宇宙旅行なんて行けるはず […]

  • 声が重なり、道となる―50[守]開講

    「ここから諸君の『世界と自分についての見方と才能』がおそらく劇的に変わっていくでしょう」。本日12時、校長 松岡正剛のメッセージで50[守]が開講した。続いて、インターネット上の教室に開講と「点呼」の案内が届く。 &n […]