知覚×全身、読書尽くしの3カ月【多読ジム×読衆インタビューVol.1】

2021/03/24(水)08:00
img

 開講から2年目を迎える多読ジム。

 

 「本を何となく読み進めてしまう」「文系(あるいは理系)の本が読めない」。
 そんな読書癖の襟元を見直しながら、ジムに集う読衆たちは今日も本から本を伝い歩く。

 多読ジムは継続型のトレーニングだ。年4回、冬春夏秋ごとに3か月のスパンで開催される。現在はseason05冬が佳境を迎えている。ジムの読衆は冊師から出されるお題に向き合ううち、気づけば多数の未読本や積読本を手にし、マーキングに集中する。

 season01から継続受講メンバーも多数在籍する。
 「同じお題への回答を繰り返して意味があるの?」と疑問に思われるかもしれないが、1節、1キーワードごとの「読み書き」が次の本を手に取るきっかけになる。少しずつ読書量が増え、その実感が嬉しくてまた別の本に手が伸びる。

 ここでジムを継続している、読衆の声をお届けしたい。


 ―――――――――――――――――――――――――――――

 高宮光江さん(season05スタジオ茶々々)京都在住、season02から参加

 【知覚×全身、読書尽くしの3カ月】

 受講のきっかけは、編集学校の吉村堅樹林頭から「多読ジム」が開講することを教えてもらったため。帝京大学の共読ナビゲーターを経験した時に、まったく同じ本なのに学生によって読みが違う、その気付きが多様である面白さを感じた。ウェブに関わる仕事の反動からか、自分自身も同じ本を読みながら違う視点を楽しめる「共読体験」をしてみたいと思ったという。

 

Q.初めて受講したときの多読ジムの感覚は?


 入門したものの、現実はなかなかハードスケジュールでした。season02スタート直前、2020年4月に緊急事態宣言が始まって、欲しい本が入手しづらくなりました。今まで自分の嗜好のみで選んでいた選書から、新たな視点でチャレンジすることは、自分の苦手分野に向き合う勇気が出てきました。
 選書を高望みしたため、<3>の三冊筋プレスで行き倒れたので、次からはなるべく無理しない三冊を選んで最後まで行きつく事を目標にしました。
同じ本を選んでいるはずなのに引用も振り返りも変わってしまう共読を体験して、多読ジムは自分を透き通すトレーニングなのだと気付きました。
スタジオへ回答を出すことで、むしろ自分の読書経験の強さ弱さを見つけることができました。

 

Q.回答=自分なんですね。継続トレーニングで手ごたえを感じるのはどんな点ですか?


 season04の課題本である、作家米原万里さんの書評『打ちのめされるようなすごい本』をきっかけに、普段手にしない小説にもチャレンジできました。タイトルの通りで、読み始めるとノンストップで徹夜読書が続きました。

 

 多読ジムでトレーニングしていると、読むスピードは確実に速くなります。従来は速読とはいえ、字面を追うだけで読み落としがあったのですが、
マーキングすることで、本の頁に自分の感情という楔を打ち込むようで、読み返した時に、あの瞬間の記憶が立ち上がってくる感じです。
一度読み通した後にマーキングに更に追加していく過程も、本全体、さらには他の類書との繋がりが発見できます。

 未踏のジャンルへのチャレンジから自分の読書畑が広がり、以前読んだ本も再読で全く違う貌を見せてくれたりする体験から、自分の脳内の癖に気づくことができます。多彩な人の共読を通じて多面的な視野でものが見られます。

Q.多読ジムの魅力はどんなところですか?


 編集学校に在籍していると、季節によって転機が訪れます。守・破コースを越えたらチャレンジできる多読ジム入門の切符。共読多読で、どんどん知や情報の関係線が日常と繋がる体験が出来ます。トレーニングの途中で四季折々の変化や、目にする耳にする情報の回路も変わってきます。息切れしないように細く長く続けることで、少しずつ筋力が付いてくることを実感しています。


 多読ジムで鍛える身体、まさに全身で読書!しています。

 【エディション読み回答より、高宮さんの図解紹介】

   

 

 千夜千冊エディション『理科の教室』のチームを分けてみました。表紙に合わせて水色の色鉛筆にしました。追伸によるワードは赤にしました。
理科、そして科学の専門分野ごとに大きく分けてみました。基本章立てに従っていきます。
 第1章は個性的なへんなおじさんを大集合させました。女性の足フェチと「ガ、ガッ、ガモフ、ガーモフ万歳!」と行進する靴音のイメージから両足に配しました。
 第2章は中央を縦断します。下へ鉱物、上へ樹木が伸びていきます。
 第3章は生物が多いので「〇〇の惑星」のフレーズから地球に見立て、ダ・ヴィンチもどきにと地球が一体化した図にしました。右脇はゾウの耳、左脇は虫の翅を配します。あらゆる生き物たちを時代や愛着から並べました。ペンギンもメダカも飛びます。
 第4章は人体を貫き、またヒトの惑星とし人体て全体を包むテーマもあるのでやや分散しました。最後の2冊はこれからを考えるための課題本となりそうとピンクでマークしました。


  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞

 

 【増岡麻子冊師からのメッセージ】
 新型コロナの第二波に揺れた2020年夏。season03スタジオこんれんで共読を交わした高宮さん。「自分を透き通す稽古」と称した通り、真っすぐな本との交際が毎晩のトレーニングで輝き続けていました。課題本から数寄のフィルターをどんどん切り替えてゆき、絵本に始まり、白州正子、五木寛之、レイチェル・カーソンまで読書を広めてくれる。汗をかき続けた猛暑のなか、知覚と身体を連ねて共読を推してくれました。
『理科の教室』の表紙からインスパイアされた図解が見事でした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 多読ジム season06 春は2021年4月12日(月)スタートです。
 申込締め切り3月31日(水) 申込はこちらから
 https://es.isis.ne.jp/gym

 

 <関連記事>

 独読から多読、継続はチカラなり【多読ジム×読衆インタビューVol.2】


  • 増岡麻子

    編集的先達:野沢尚。リビングデザインセンターOZONEでは展示に、情報工場では書評に編集力を活かす。趣味はぬか漬け。野望は菊地成孔を本楼DJに呼ぶ。惚れっぽく意固地なサーチスト。

  • 独読から多読、継続はチカラなり【多読ジム×読衆インタビューVol.2】

    多読ジム、読衆インタビュー第二弾(第一弾はこちら)。season01からトレーニングに邁進中のゴールドメンバー。ジムの扉を開いたきっかけは、息子さんが通う学校だったという。    ―――――――――――――― […]

  • ホンキな会読 美味しい旬読【ツアー@軽井沢】

    ブロッコリー、レタス、セリに葉わさび・・・春を彩る瑞々しい野菜たち。  「旬の食材」は味わうごとに、春夏秋冬と季節の変化を体感できる醍醐味があります。    では、本には「旬」があるのでしょうか。  ベストセ […]

  • 多読ほんほん2016 冊師◎増岡麻子

    2016年より遡ること、数十年前。  父の本棚は、子ども時代の私にとって未知の世界でした。メディアに関わる仕事をしていた父が、学生時代に読んでいた柴田翔や福永武彦、カミュといった小説家の作品やノンフィクションの新書のほ […]

  • 【20周年感門】冷めてもおいしい、イーてれ舞台裏へ飛んでQ(後編)

    表舞台の数だけ裏側に物語がある。先に行われた20周年感門之盟では本楼や近大、大分・耶馬渓など列島各地にステージが設えられ、綺羅星のごとく多くのスターが登壇した。これだけではない。感門之盟にはもう一つ、オンラインの舞台が […]

  • 入門と進破、そのきっかけは?

    きっかけはコロナだった。    外出自粛によって旅行にいけない、飲み会も参加できない。思わぬ時間がぽっかり空き、彼女は入門を決めた。    怒涛の如く降りてくるお題に怯み、焦り粛々と自宅学習する日々。リモート […]