池袋にホンゴジラ現る! 書店でトライアスロンとはこれいかに?

2021/06/21(月)20:09
img
 大音美弥子冊匠、またの名をホンゴジラ、またの名を嵐を呼ぶ女。嵐といっても天気は快晴。しかし、フロアまたぎの書店トライアスロンに、帰宅ラッシュの山手線ストップと、大音まわりは暴風状態の一日となった。
 緊急事態宣言下最終日、ジュンク堂池袋本店で大音が、リアルブックワークショップをナビゲート。ホンゴジラの来襲とあって書店は店長、副店長含め4人で対応、さらには編集工学研究所の社長野村までかけつけるという厳戒態勢。JRストップというアクシデントの中、このワークだけはどうしても出たいと、メトロやバスに乗り継いで11人の参加者が集った。
 
ブックトライアスロンで完走の誓いを立てる参加者たち
 
 ワークの仕立ては予告通りのトライアスロン。スイム・バイク・ランの三部構成になっている。最初の「スイム」ではエディションの前口上を20冊分、全員で音読。声の海に浸ってみる。そこでエディションの目星をつけたら、お次は「バイク」だ。1Fと4Fの二手に分かれて、気になるエディションをGETすべく、店内を爆走する。一冊目のエディションの目次読書を終えると、3FへGO! 冊匠お手製のお宝マップが手渡される。三冊を首尾よく入手するまでがタイムトライアルになっている。記事のアイキャッチ画像がそのストップウォッチだ。最後は「ラン」。読む・書く・発表するの3ステップを編集思考素で仕上げてもらう。
 
フェア棚の前でエディションを物色
 
ブックショップエディター川田が指差す方向にお宝あり
 
三冊ポッププレゼンは編集思考素でやるべし
 
前口上シート
 
お宝マップ
 
1時間遅れで参加の梅澤さん
 
 大音は事故での遅れにも容赦がない。1時間遅れの参加者である梅澤さんはワークの流れに追いつくために5分で三冊を揃えることを求められた。ほうほうの体で集めたセットにも「星の王子さまは反則やでえ。何にでも合わせられるからなあ」とダメ出しチョップを喰らわせた。それでも久々のリアルブックワークショップの機会とホンゴジラの咆哮を浴びたことで、参加者はコロナ禍の鬱屈した気分が一気に晴れたようだ。
 次回は6月25日金曜日19時。本丸の新宿にホンゴジラが乗り込む。
 https://edist.isis.ne.jp/just/edition_fair_workshop_02/
 
ブックショップエディター池澤祐子のエプロンを纏って、ナビゲートした大音。同志であり友であるマダムの快気願いを込めた。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 【オツ千vol.34】手前の「別」太郎を用意する

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村堅樹と千冊小僧ことデザイナーの穂積晴明。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショー […]

  • 【オツ千vol.33】始原の山を乗り越えていけ

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村堅樹と千冊小僧ことデザイナーの穂積晴明。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショー […]

  • イシス編集学校ブックサロンスペース本楼

    【一日限定!】10/2 <2万冊の本楼ツアー>で編集を体験する

    2万冊の本楼。6万冊のISIS館。 本屋でもなければ、図書館でもない。松岡正剛が監修した世田谷豪徳寺の編集工学研究所の仕事場であり、イシス編集学校の本拠地でもある。本の秘密基地のような空間で、一日限定の編集術と多読術のワ […]

  • 【オツ千vol.32】デュアルエディット仏教を陽気に語る

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村堅樹と千冊小僧ことデザイナーの穂積晴明。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショー […]

  • 新井和奈

    【無料開催!】パパママ必見!9/22アイドルママ新井和奈の子育て編集ナイトツアー

    ママのアイドル。アイドルのママ。 イシス編集学校には「「の」の字の不思議」というお題がある。「の」の前後が入れ替わることで、見える景色が全く変わるというものだ。アイドルママ教室という教室名を持つ師範・新井和奈の場合は、ア […]