守破に新ロール誕生! 奴らがSCOOPを狙っている!

2021/04/25(日)10:00
img
 ベールがまた一枚剥がされる。2015年『インタースコア』発刊、守破離のプログラムの一部が明るみに。2019年「遊刊エディスト」開始、イシスの日常がニュースになった。そして2021年、[守][破]に「番記者」が誕生する。
 
 「番記者」というのは元々は有力な政治家に密着して取材する新聞記者のことだ。今は虎番やドラ番などというように、スポーツチームの番記者まで呼称は広がっている。イシスでは守破離の中でも特に新たなドラマが生まれる[守][破]に注目して、守番記者、破番記者がそれぞれ今季から生まれることになった。講座に同行しつつ、すべての教室に目配りしながら、獲物を狙うような目また菩薩のように慈しむ目でエディストスクープを狙っている。
 
 その二人とは守番記者の上杉公志、破番記者の梅澤奈央。上杉はエディスト編集部当初からのメンバーで、エディストライターとしても70本以上の記事を書き上げている。変化に気づく繊細な虫の目と雰囲気を柔くとらえる鳥の目。「細部の気づきであれば上杉に聞くのが一番」と校長も太鼓判を押す。誠実と実直のアーティスト上杉は、入門して初めてイシスや編集と出会う[守]に、うってつけの番記者だと言えるだろう。
 

上杉公志

編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。

 

 >> 上杉の記事はこちら

イシス流・メディア編集の三つのプロセス【47[守]】

「間論」から、編集的社会像のターゲットXへ【AIDA 第5講】

46[守]伝習座「世界の方法の全ては[守]にある」康代学匠・佐々木局長メッセージ

 
 
 梅澤はいま最も勢いがあるエディストライターだ。キレもあるけどコクもある。速さと量も半端ない。ちょっといじって笑わせて、爽やかな風を送ってくれる。文章、年表、物語、企画とすべてリプレゼンテーションの仕上げが肝心な[破]。その軽やかな編集手本として、梅澤は眩しい風姿を見せてくれるだろう。
 

梅澤奈央

編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。46[破]番記者。

 

 >> 梅澤の記事はこちら

イシスのマル秘テク「共読」とは何か うるさい読書で千夜に挑む 46[破]伝習座

マンガ界の清水ミチコを目指す?! 田中圭一がモノマネ漫画を描く理由

 
 すでに梅澤はエンジン全開。開講するや否や記事が立て続けに上がっている。週明けに開講する[守]では上杉が開門の号砲を待ち構えているだろう。稽古情報から編集工学コラムまで、教室模様から編集術ヒントまで。どんな「エディスト砲」が飛び出すか期待したい。気づいたら、わたしがあなたがスクープされていたなんていうことがあるかもしれない。エディスト番記者はあなたの教室を今日も「夜討ち・朝駆け」している。
 

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 【多読ジム】GWはセールだよ!千夜リレー伴読★1770夜『小枝とフォーマット』

    セイゴオ・マーキング動画に古今東西アトラス絵巻三連発。待ちに待ったミシェル・セール、そして図像も大盤振舞いとGWにふさわしい一夜がアップされました。9つにナンバリングされた松岡正剛のセール読みはぜひ当夜でご堪能ください […]

  • 遂に20冊!エディション『仏教の源流』発刊

    仏像の横に『仏教の源流』。地中から湧いて出た地湧の菩薩さながらに、「空」の字紋のエディションと仏像写真を並べてみた。『本から本へ』『デザイン知』で口火を切った千夜千冊エディションも、『仏教の源流』でとうとう20冊目とな […]

  • 輪読座、4月25日から「柳田国男を読む」開座間近!

    世阿弥、白川静に続く今期の輪読座、4月26日より開座する日本哲学シリーズは「柳田国男を読む」に決まった。古事記・日本書紀、万葉集にはじまり、聖徳太子、空海、閑吟集、三浦梅園、西田幾太郎、折口信夫、井筒俊彦、南方熊楠など […]

  • 加速する思考を体感すべし![守]速修コース申込み開始

    短くなったら薄まるか。いやいや濃縮、凝縮、超加速する。  イシス編集学校[守]では、38のお題と編集稽古を通して、思考が加速していく。その加速がさらに加速する速修コースが30名限定で5月末よりスタートする。その実感は守 […]

  • サブカルズを読むサブカルズ、本楼に集う

    カバーは大竹伸朗「ジャパニーズコミックス」、字紋は「萌」。表紙をめくった扉写真にはフィギュアケースの中でエディションの上にセイゴオくん人形が屹立する。  年度替わりの4月1日夜、千夜千冊エディション『サブカルズ』学習会 […]