ファンクションからモーメントのNEXTへ 45[守]伝習座

2020/06/06(土)18:00
img

 リモート・ワークにディスタント・ラーニング?
 On Edit, On Line.
 はなからイシスはそうだった。とっくの20年前から走っていた。

 (イシス編集学校 20周年特別記念ページより)

 

 

 

6月1日に20周年を迎えたイシス編集学校。

20周年の特設ページは、師範代メッセージと社会とISISとをを束ねたクロニクル仕立てだ。

 

周年後、最初の伝習座は、20周年の大感門前の最後の伝習座でもあった。

この瀬をどうこえるかは、もはや用法3・4へ進む[守]後半をどう稽古するかだけにとどまらない。

NEXT ISISの瀬戸をまたぐプロフィールとなる。

 

38のお題札21の教室名が踊る本楼スタジオのしつらえに、方法と教室のミームがノームとなり飛び交う。

 

「編集学校の型は、情報生命体の突然できた濃い結びつきのよう」

 

佐々木局長は20年を、生命の誕生や歴史、文化までリバースしつつ語り直す。
例えば038番は細胞卵割、032番は枕草子といったように。

 

新型コロナと自粛で始まった45期。20周年をターゲットに定めれば、NEXT ISISが見えてくる。

 

「子供たちも、新型コロナの中、学校が全てではないという裸の王様が見えてきている。では、今イシスに集う意味なんだろうと。この偶然を必然に編集し、20周年は自由のお祭を実現したいと思っています」

 

 

5月頭の伝習座で「今後プロフィールが失われるのではないか」という鈴木康代学匠は、6月6日の今をどう捉えているのか。

 

「ZOOMを使っているだけでは編集ではない」

 

飲み会も筋トレも帰省も、オンラインで可能になっている。だがこれではオンラインをツール、機能、ファンクションでしか捉えていない。

「オンラインはモーメントだ」と康代学匠はいう。

 

「アフォーダンスや逆照射、内分泌、内側が外側に向かうなど、仮説領域に自分を置くといい」

 

前回の伝習座での松岡校長の言葉を受けて、Zoomを機能だけで扱わない、「編集を起こすための伝習座とは」というお題を、康代学匠はこの座に課した。

動的ブラウザを背負う場にするにはどうするか? キーワードは「想像力」だ。

 

「本楼も松丸も、MUJI BOOKSも、DONDENも、どれ一つ取っても同じではない。画面越しに参加していると思わないで、想像力を発揮して、今日の伝習座をエディットして欲しい」

 

 

いざ、NEXTISISへ。

45[守]伝習座、「康代劇場」の開幕だ。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。

  • 【輪読座】日本民俗学という方法(「柳田国男を読む」第一輪)

    日本民俗学=柳田国男という方法 民俗学でも、民族学でも間に合わない。新たなる国学が必要だ。   そうして「日本民俗学」を標榜した男こそ、農務官僚にして文化政策官僚の柳田国男である。ここには、20世紀の日本国家の […]

  • 型の原点・稽古の原郷、本日開門!【47[守]】

    編集は変化なのである。編集はつねに変化しつづける「そこ」にさしかかって仕事をする。(中略)「かわる」と「わかる」は、必ずや「そこ」においてこそ成立するもので、「そこ」にさしかからないでは何もおこらない。 松岡正剛&イシス […]

  • いよいよ明日開講!47[守]教室・師範代一覧とフライヤー制作の裏側

    イシス編集学校と教室名を表象する「フライヤー」   「壊す・肖る・創る」という方法がある。イシス秘伝のメディエーションメソッドだ。   「コンパイル」「連想」「らしさ」による与件の拡張で既知の情報を「 […]

  • イシス流・メディア編集の三つのプロセス【47[守]】

    イシスは今、「編集力の実践」のフェーズへ   実践的な編集力を示して欲しい。   第75回感門之盟での教室名発表から二日。47[守]の師範代がZoom上に集う。春の開講にむけて、最初の編集力の実践であ […]

  • 二日間の「共読」の余韻に【75感門 フィナーレ】

    「INFORM共読区」をスローガンに共読にあふれた二日間の感門之盟も節目を迎えた。エディスト記事でも共読の余韻をどうぞ。   初日の記事一覧はこちら。   プランニング編集術の集大成へ向けて P1グラ […]