ファンクションからモーメントのNEXTへ 45[守]伝習座

06/06(土)18:00
img

 リモート・ワークにディスタント・ラーニング?
 On Edit, On Line.
 はなからイシスはそうだった。とっくの20年前から走っていた。

 (イシス編集学校 20周年特別記念ページより)

 

 

 

6月1日に20周年を迎えたイシス編集学校。

20周年の特設ページは、師範代メッセージと社会とISISとをを束ねたクロニクル仕立てだ。

 

周年後、最初の伝習座は、20周年の大感門前の最後の伝習座でもあった。

この瀬をどうこえるかは、もはや用法3・4へ進む[守]後半をどう稽古するかだけにとどまらない。

NEXT ISISの瀬戸をまたぐプロフィールとなる。

 

38のお題札21の教室名が踊る本楼スタジオのしつらえに、方法と教室のミームがノームとなり飛び交う。

 

「編集学校の型は、情報生命体の突然できた濃い結びつきのよう」

 

佐々木局長は20年を、生命の誕生や歴史、文化までリバースしつつ語り直す。
例えば038番は細胞卵割、032番は枕草子といったように。

 

新型コロナと自粛で始まった45期。20周年をターゲットに定めれば、NEXT ISISが見えてくる。

 

「子供たちも、新型コロナの中、学校が全てではないという裸の王様が見えてきている。では、今イシスに集う意味なんだろうと。この偶然を必然に編集し、20周年は自由のお祭を実現したいと思っています」

 

 

5月頭の伝習座で「今後プロフィールが失われるのではないか」という鈴木康代学匠は、6月6日の今をどう捉えているのか。

 

「ZOOMを使っているだけでは編集ではない」

 

飲み会も筋トレも帰省も、オンラインで可能になっている。だがこれではオンラインをツール、機能、ファンクションでしか捉えていない。

「オンラインはモーメントだ」と康代学匠はいう。

 

「アフォーダンスや逆照射、内分泌、内側が外側に向かうなど、仮説領域に自分を置くといい」

 

前回の伝習座での松岡校長の言葉を受けて、Zoomを機能だけで扱わない、「編集を起こすための伝習座とは」というお題を、康代学匠はこの座に課した。

動的ブラウザを背負う場にするにはどうするか? キーワードは「想像力」だ。

 

「本楼も松丸も、MUJI BOOKSも、DONDENも、どれ一つ取っても同じではない。画面越しに参加していると思わないで、想像力を発揮して、今日の伝習座をエディットして欲しい」

 

 

いざ、NEXTISISへ。

45[守]伝習座、「康代劇場」の開幕だ。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。

  • 【輪読座】漢字がシステムを生み出した(「白川静を読む」第二輪)

    バジラ高橋の輪読座「白川静を読む」の第二輪がスタートした。   第一輪では、白川静と先行する甲骨・金文文字研究のクロニクルを重ねつつ、『万葉集』『詩経』といった東洋古代の世界観に惹かれた白川静が、先行研究の先達 […]

  • 45[破]伝習座「50グラムの勇気を携えて」原田学匠・中村評匠メッセージ

    今、物語ることが奪われている   [守]で3Aといえば、[破]では3M。メッセージとメディアとメソッドの頭文字から取っている。メッセージとはイメージや伝えたい内容を表現した言葉で、その奥にはヴィジョンやコンセプ […]

  • 20周年感門之盟の注目記事ピックアップ!

    やはり編集工学は「情報」とともにあった。   初の二日間開催となった20周年感門之盟のフィナーレから約一日。 この間にアップされた記事は30超、View数もエディスト史上最多を更新しつづけた。   9 […]

  • 感門フィナーレと余韻と【20周年感門】

    20周年感門は校長校話「EDIT JAPAN 2020」でフィナーレを迎えました。 終了後のオンラインでは見られない余韻に浸る東京会場の様子を写真でお伝えします。   【拍手で労い・寿ぐ】 「みんな、おつかれさ […]

  • 速報!『情報の歴史』予約開始 【20周年感門之盟】

    古代から現代まで。 象形文字から人工知能まで。   [破]のクロニクル編集術稽古の誕生のもととなった、松岡校長にしかできないクロニクル編集の『情報の歴史』。 1996年の増補版以来、約25年ぶりに令和時代の『情 […]