【このエディションフェアがすごい!04】喜久屋書店小倉店

2021/06/05(土)08:21
img

 響灘と関門海峡に吹く潮風を受けながら、力強く発展し続けてきた福岡・北九州市。その玄関口・JR小倉駅のすぐそばにある喜久屋書店小倉店で6月1日、「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」が始まりました。北九州市では初開催。千夜千冊エディション・シリーズはもちろん、松岡正剛の著書、そして記念冊子が並べられ、まだ見ぬ読者との出会いを今か今かと待ち望んでいます。

 

※フェアの実施期間や内容については開催店舗ごとに異なります。詳細は各店にてご確認ください。全国の開催店舗はセイゴオちゃんねるにてお知らせしています。

 

JR小倉駅は市営モノレールの駅に直結しています。北九州市は漫画家・松本零士の故郷。駅周辺にはメーテルや星野鉄郎の銅像が建っていたり、モノレールの車体に描かれた銀河鉄道999やハーロック、1000年女王のキャラクターが毎日市内を往復中です。ファンにとっては憧れのステーションです。

 

小倉駅の向かいにある商業施設「SAINTcity」。駅とは高架でつながっており、アクセスは抜群です。ファッションから生活雑貨、食品、スクール、FMラジオのスタジオも入っており、小倉の情報発信基地ともなっています。喜久屋書店小倉店は7階にあります。

 

高架の通路には小倉祇園太鼓の銅像も。映画『無法松の一生』では三船敏郎が“無法松”の松五郎を演じ、祇園太鼓に活気づく小倉の風情を全国に知らしめました。毎年7月には町のあちこちから太鼓の音が聞こえてきますが、残念ながら2021年はコロナ感染の影響で中止に。

 

北九州で最大の蔵書数を誇る喜久屋書店小倉店。一般書、コミック、児童書など幅広いジャンルを扱っていますが、とくに専門書の充実度には定評があります。

 

ゆったりとした空間に家具調の書棚がずらり。千夜千冊エディションフェアコーナーは、ビジネス関係の本が多くならぶ「58」棚が目印です。

 

「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」コーナーはエスカレーター横の壁面にあります。千夜千冊エディション・シリーズをメインに据え、店内の松岡正剛関係の著書も一堂に集結、特設棚を仕立てていただきました。なにやら視線を感じると思ったら眼光鋭い松岡正剛(のポスター)! 強烈な存在感です。

 

『本から本へ』の隣には『多読術』『読む力』、そして『ちょっと本気な千夜千冊 虎の巻』がフィットします。記念冊子は中央に。『デザイン知』に寄り添うように配架されています。

 

20巻目となる最新刊『仏教の源流』が一目でわかるように、即席で手書きポップを製作。平台のポップも角度をつけて掲示、見やすいように工夫。

 

松岡校長のミニポップの周辺にはイシス編集学校のバイブルともなっている『編集力』を配架。合わせて『知の編集術』『インタースコア』『編集手本』も集結しています。

 

フェア担当の徳山翼さん。注目の千夜千冊エディションを尋ねたところ、選んだ一冊は『理科の教室』。「読んだことのない本がたくさん紹介してあるので興味ありますね」と理系っぷりを覗かせてくださいました。「~ちょっとさわってみる。あとの人生が変わってくる」なんて帯コピーも囁きかけてくるようです!?

 

フェア棚は6月1日の朝に設置完了。北九州市に初めて設置したフェア棚は、配架された本たちの息遣いが聞こえてきそうな書棚となりました。書店員の徳山さんと一緒に配架を担当したのは九州中でフェアを展開する九天玄氣組の中野組長。小倉は20歳前後のころに住んでいた町でもあり、フェア開催にはご縁も感じています。

 

 

 当初、千夜千冊エディションのみ並べることになっていたのですが、いざ配架をはじめてみると欲が出てきて「このエディションのそばに、あの松岡本があるといいな」と思うようになるものです。だめもとで「店内に松岡正剛本の在庫はありませんか?」とリクエストしたところ、店内中から本をかき集めてくださいました。よい棚をつくろうというお気持ちと柔軟なご対応のおかげでふくよかな棚に仕上がりました! 

 

 特定の著者や作家だけのフェアを開催するのは、じつは初めてなのだそうです。「一人の作家を特集したとしても、せいぜい10~12冊。こんなに一気に、しかも継続して刊行されている同一著者による文庫シリーズははじめてなので、どう展開していくのか楽しみですね」と徳山さんの期待値も高めです。お買い物の途中に、お仕事帰りにお立ち寄りいただきたいものです。フェアは7月31日まで。

 

写真:喜久屋書店小倉店 徳山翼さん

中野由紀昌

 

こちらもあわせて読みたい

【千夜千冊エディションフェア特集④】喜久屋書店小倉店でも「知祭り」の灯

 

Back Number

【このエディションフェアがすごい!04】喜久屋書店小倉店

【このエディションフェアがすごい!03】ジュンク堂書店池袋本店

【このエディションフェアがすごい!02】ジュンク堂書店福岡店

【このエディションフェアがすごい!01】ブックファースト新宿店


  • 中野由紀昌

    編集的先達:石牟礼道子。侠気と九州愛あふれる九天玄氣組組長。組員の信頼は厚く、イシスで最も活気ある支所をつくった。個人事務所として黒ひょうたんがシンボルの「瓢箪座」を設立し、九州遊学を続ける。

  • 15年ぶりに九天玄氣組Webサイト刷新!

    本卦「沢天夬」 之卦「雷天大壮」    「勢いだけでやる時期は過ぎた。情に流されず野性の次へ行け」。2022年の年初め、この卦をこう読み解いたのは、福岡の組員·新部健太郎(26[守])。年始にはこうして、九天玄 […]

  • エディストからTV出演決定!福岡の品川未貴は何を語るか【九天玄氣組】

    遊刊エディストをきっかけにテレビ出演が決定した。白羽の矢が立ったのは、福岡でイエナコーヒーを経営する品川未貴である。FBS福岡放送の看板番組「めんたいワイド」のコーナー「人生コレに賭けてます」に、“華麗なる転身を果たした […]

  • 【Playlist】玄氣で侠氣な九天7選(選:中野由紀昌)

    守破離という編集の道筋に学びつつ、九州を旗印に掲げて活動する「九天玄氣組」。義理と人情を秤にかけりゃ圧倒的に人情が勝るが、やると決めれば鬼にも化すし仁義も通す。しかし侠気めいた九天の生態を知る者はどれだけいるのだろう。風 […]

  • 「炭男」を言祝ぐ【九天玄氣組年賀2022】

    良寛がふりやまない淡雪なら、松岡正剛は燠火、炭男だ。九天玄氣組組長の中野由紀昌は、昨秋刊行された『外は、良寛。』(講談社文芸文庫)を読みながら、松岡校長に毎年お届けする年賀編集のテーマを「炭男」にすると決めた。炭は冬の […]

  • 【このエディションフェアがすごい!07】ブックセンタークエスト 小倉本店

    小倉駅から魚町銀天街を抜け、ランドマークの旦過市場まで徒歩にして約10分程度。そのすぐ側に建つブックセンタークエスト小倉本店で6月上旬、「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」が始まりました。同店から3分も歩けば小 […]