ぶっちゃけ、やる気ないときどうしてる?編集稽古を続けるコツ、近大生20人に聞きました【47[守]】

2021/05/24(月)21:14
img

〆切は、万人にひとしく襲いかかる。

「もう二度と〆切には追われたくないと考えている」池波正太郎はうめいた。守れぬ約束をまえに苦悩するのは、文豪もイシス学衆も変わらない。

 

恋焦がれて入門した編集学校、それでも稽古に気乗りしないときはある。そんなときどうすればよいのだろうか。対策はふたつだ。1754夜『〆切本』を読み、抄録されている59の文士たちの失踪の手管をまなぶ。あるいは、47[守]受講中の近大学衆20名による疾走メソッドをまねぶことだ。

 

近畿大学の図書館「ビブリオシアター」を校長松岡正剛が手がけたことから、イシスと近大は縁が深い。近大からは42[守]以来毎期団体受講を受け入れ、彼らは教室や勧学会のほか、近大生たちだけが集められた秘密ラウンジにも登録されている。期に数回は、オンラインでの交流会も行われる。そこでは最近、稽古のコツが語られていた。集まったメソッドを、番匠であり近大番の景山”30点”和浩がラベリング・トラベリングしてみせた。大きく「〆切型」「閃き型」「共読型」など6つの方法に分けられた。学衆コメントを要約編集してお届けする。

 


■〆切型A:出題日に全力投球

●Googleカレンダーに出題日をリマインダー設定して、当日に完了させます。こうすると他の人の回答を楽しんで見られる余裕ができるんですよね(縞々BPT教室N)


●宿題はすぐ消費したいタイプ。お題が出る日は手帳に丸をつけて、その日のうちに回答するよう心がけています(一客一亭教室Y)

〆切を追いかけ、追い越すスーパーマン。

 

■〆切型B:〆切に追われてパワーアップ

●コツコツやるのが苦手、そして忙しいのが好き。お題の内容だけは見ておいて、提出日ギリギリに時間に追われながら出すようにしています(縞々BPT教室D)

 

●お題に取り組みはじめるのは、〆切数時間前。そうすると集中できるし、回答に至るまでの考えが鮮明になり、さまざまな気づきが得られます。(オブザぶとん教室K)

追うのが無理なら、追われればいいじゃない。

 

■〆切型C:一歩踏み出して、勢いづける

●だいたいいつも眠たいのですが、やり始めれば集中できる。とりあえず机に向かい、Wordファイルを開き、回答フォーマットをコピーしてしまって、後戻りできなくします(「象」徴ドミトリー教室I)

 

●私は大学の授業を受けたり、課題をやる流れでそのまま回答しています。お題への回答のほうが楽しくてこっちだけ済ませて大学の課題が置いてけぼりになることも多々あります(笑)(ジャイキリ魔球教室H)

流れにのればこっちのもの。

 



 

■閃き型A:リフレッシュしてひらめきゲット

●アイデアが底をついたときは、周りにあるものを眺めたり、お気に入りの曲を流してみたりします。気分転換になってパッと新しいひらめきに繋がったりします◎(谷中エッチング教室Y)


●一度頭をリセットするために、イラストを描いたり、読書やアニメ作品の視聴をしたりと気分転換してから取り組んでいます。気分転換がなければ思いつかなかったということがよくあります(ピアソラよろしく教室T)

 

●アイデアが詰まったときは、今までの考え方を、他のものにあてはめるようにしていました(グッチ金輪際教室H)

あえて別の情報を入れる。そこに思わぬ対角線が。


■閃き型B:音楽聴いてスイッチオン

●『ヤシマ作戦』ループ再生は、私もまったく同じことをやっていて笑いました。私は音楽を聞きながら考えごとをするのは苦手なのですが、勉強の導入として使うと士気が高まります(カンテ・ホンド教室K)


●ロック調の音楽を聴きながらお題を解くことで、自分を奮い立たせる(ジャイキリ魔球教室S)

 

●まだみなさんのようにルーティンを見いだせていませんが、アプリで雨音を聴きながらよく勉強していました。これは自分的に革命的発見でした!(アイドル・ママ教室N)

聴覚を刺激して、自然と気分をアゲていく。



以上5つが、〆切型、閃き型の対策法。

近大学衆の疾走法を聞き出したのは、近大番長 衣笠純子(学林局)。衣笠は、ここぞというときにはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の「ヤシマ作戦」のBGMを流し、自身を戦闘的モードにもちこむという。29[花]時代から仲間に勧めるお気に入りのメソッドらしい。

 

そして、イシス編集学校ならではの方法も挙げられた。
「教室の力を借りる」という共読型である。

 

■共読型:教室の力でモチベーションアップ

●他の人の回答を読むことです。回答を読むことで、自分へのプレッシャーと新しい発見があって、『回答しないとなー』が『回答しとくか』になります(柄々八犬伝教室W)


●他の人の回答を見ることで、自分もやらなければ!という気持ちに火をつけモチベーションをあげています(極性アンバルドル教室I)

 

近々ワンダー教室の学衆Yは、イシスという方法の真髄をとらえていた。

師範代と対話をすることを心掛けていますね。質問や疑問を投げかけたり、指南に対して思ったことをつぶやいたり、逆に師範代の頭の中を探ろうとしたり。

編集力は対話だとお聞きしました。対話することでお題ごとに会話が途切れることなく次の返信がさらに楽しみになります。

 

情報はひとりではいられない。これが編集学校に通底する根本原理だ。教室にいるのも、あなたひとりではない。その証拠がこの声だ。

「一人で寂しいなあと感じたときにお稽古をすると、みなさんと繋がっている感覚が味わえるので、オススメです」(ジャイキリ魔球教室H)

 

師範代は、あなたの言葉をかならず拾う。それどころか、言葉にならないため息にさえ聞き耳を立てる。行き詰まりを感じたら、どうかそのため息だけでも教室に発してほしい。そうすれば師範代がかならず穴からひきあげる。

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。47[守]近大番、46[破]番記者、35[花]錬成師範。

  • 【このエディションフェアがすごい!41】MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店②

    「このエディションフェアがすごい!」シリーズ、第41弾は大阪からMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店。フォトレポートを届けてくれるのはEdist編集部のエース梅澤奈央さんです。   ◇◇◇   ■タ […]

  • あの人はどんな本? 万感の46[破]先達文庫【77感門】

    イシスは本で出来ている。第77回感門之盟2日目、オープニングを飾ったのは豪徳寺・本楼に並ぶ2万冊の顔を舐めるように映した映像だった。局長佐々木千佳は、「本棚でドキドキするのはどうして」と視聴者の高ぶりを代弁。無機物な印刷 […]

  • いまなぜ神秘主義なのか 歌う46[破]師範へ書の贈呈【77感門】

    失言すれば炎上し、コンプラ違反で私刑を受ける。ほころびを許さぬこの国は「断点」を抹殺し、プラスチック・ワードで人々の口をびたりと覆う。私たちはいま、レジ袋で胃袋を満たした瀕死のウミガメのようである。   突破式の冒頭、原 […]

  • 断然を決行せよ 転換と変換のあいまで【77感門終了】

    事件から、私は生まれる。 2日間にわたる感門之盟を締めくくったのは、律師八田英子の人生における分岐点だった。 2004年、一介の社会人だった八田のもとに、資生堂の現名誉会長・福原義春氏から著作が届けられたのだ。それは当時 […]

  • ダンゼンを逃がすな【77感門スタート】

    豪徳寺の雨は、師範代の涙である。   9月4日(土)13時、東京パラリンピックの閉幕を目前に、第77回感門之盟がスタートした。2日間に渡るプログラムは、青空にブルーインパルスがISISと描く清々しい映像から始ま […]