イシスのイシツ空間 48[守]伝習座 10shot

2021/12/09(木)08:40
img

「イシツで、イサイな、イシスの編集を」。11月27日(土)に行われた48[守]第2回伝習座で、佐々木千佳学林局局長は、鈴木康代[守]学匠が期初に掲げた旗印を持ち出した。このスローガンにあらためてカーソルを当てたのは、第2回伝習座が、用法3と用法4というイシツ、イサイへと向かう編集ステージだからであろう。今回は、この48[守]第2回伝習座での秘伝シーンを10shotします。

イシスのイシツ? 10shot? 馴染みのあるタイトルですが実はライターは48[守]白川雅敏番匠。「イシスのイシツは目をつぶっても、10shotはちょっと待った!」ということで急遽コラボ記事になりました。[キャプション白川雅敏] × [写真&吹き出し後藤由加里] の初コラボ記事でお送りします。
ゴトウユカリ
ゴトウユカリ


1)佐々木千佳学林局局長──「鏡字」が教える別様の世界

局長挨拶で伝習座の幕は開けた。アフォーダンスのギブソンが研究していた、文字を学び始めた子どもによく見られる左右逆転の「鏡字」という現象に触れ、われわれの認識は覚束ないものだからこそ、「型」を使ってイメージをとらえ動かす必要がある、とこれから3Aの指南へと向かう師範代に向けメッセージを放った。

47[破]伝習座に続き、[守]師範代が本楼に集うのは久しぶりですね。この日初めて本楼に来たという師範代もちらほらと。本楼というしつらいが師範代のふるまいを決めます。聞き漏らすまいと身を乗り出して耳を傾ける師範代たち。

 

2)石井梨香 48[守]番匠──差異が可能性を開く

九州の山間に育った石井番匠は、高校の修学旅行の時に東京で感じた「開放感」について語る。自然と都会、日常と非日常の差異がその感情を生じさせたように、仲間の師範代の指南や教室模様との違いを、強み・可能性に転換していきたい、と師範代たちに檄を飛ばした。

石井番匠、東京で開放感とはイガイな感じです。つまり開いていくにはイシツを取り入れるってことなんですね。これは情報生命の基本。

 

3)森本康裕 48[守]師範──大きな世界と小さな世界

[守]用法3は「しくむ/みたてる」、その骨法はAnalogy、Affordance、そして、Abductionの3Aである。社会や資本主義といった大きな世界に抗う方法として、森本師範は用法語りの中で自らを大企業F社のM社長に見立て、あらかじめ与えられているものとは異なる別の世界をつくれる、と3Aの威力を語る。48[守]師範代諸兄諸姉よ、3Aでアナーキーな世界へ学衆を導け。

 

4)角山祥道 48[守]師範──用法4は「問い」だった?

角山師範はプロのライター、インタビューの名手である。「『きめる』って何?」「『つたえる』って何?」と、仕事道具である「問い」をフィルターにして、用法4の狙いにアプローチしようとChallenge。用法4をキメキメにするには「世界をInterviewする」こと。この極意を授けられた師範代の指南に乞うご期待。

[守][破]同期師範代の二人が用法解説を担います。用法3×資本主義、用法4×インタビュー。これまでの用法解説の中でも初めての組み合わせ方だったかもしれません。違うレンズで覗いてみるとお題も世界も見え方が深まる。

 

5)石黒好美 48[守]師範代──定常コースと速修コースのあいだ@イシスNOW

すっかり[守]に定着した感のある速修コース。問感応答返の密ぶりが定常コースの3倍ともささやかれるこのコースの師範代に、千離衆でもあるス[離]ーレディースが名乗りを上げた。その一人石黒師範代は、ハイペースで稽古するからこそお題のつながりがくっきりと見えると言う。速度は編集力につながっている。

開講1週間にしてそれぞれの教室カラーが出てきたといわれる速修コース3教室。教室の勢いとともに速修という異彩をキラキラと放っていました。スリーレディースから目が離せません。

 

6)松岡正剛 イシス編集学校校長──動画のはずがリアル校長

「イシスNOW」コーナー後の休み時間明けは、松岡校長の動画から再開・・・のはずだった。しかし、目の前に現れたのは生の松岡正剛だった。松岡校長は伝習座のリアル開催を言祝ぎ、「この同時空間で全部を使って聞くこと」と大きな“問い”をわれわれに投げかけ本棚劇場を後にした。

「全部を使って聞く」というのは稽古にも通じるヒントでしたね。読み書きを世界と切り離さないということなんだろうと思います。参加予定になかった松岡校長の突然の登場で静かに会場がどよめきました

 

7)三津田恵子 48[守]師範と嶋本昌子 48[守]師範──創(キズ)つける指南のススメ

伝習座では、先達師範代が編み出した方法が伝授される。今回その「指南語り」に挑戦したのは、三津田恵子師範(上)と嶋本昌子師範(下)。創(キズ)をつけてこそ、確かな編集の跡が残るのである。学衆と同じように、師範代も無創ではいられない。

師範代にとって「指南語り」は特効薬。なんとしてでも飲み下して帰りたい。指南の幅と奥行きを広げるため、熱心にメモをとる師範代たちの集中が本楼に漲ります。

 

8)中原洋子 48[守]師範/阿曽祐子 48[守]師範──視差で語るエディション語り

[守]伝習座恒例、千夜千冊エディション語り。今回取り上げるのは10月に刊行された『全然アート』、中原洋子師範(上)と阿曽祐子師範(下)が編集学校、教室運営に関係線を引きまくる。ジャズシンガーとして鳴らした中原師範代が前口上を朗誦する立ち姿で魅せれば、阿曽師範は方法図解で応える。視差によって、聴く者に景色を立ち上げる方法をインタースコアと呼ぶのだろう。

とりわけ気になったのは師範の付箋の多さ。付箋の太さや貼り方、色などこれらの情報も「全部を使って聞く」!

 

9)鈴木康代 [守]学匠──真打は最後に現れる

伝習座最終コーナーからの参加となった鈴木康代[守]学匠。到着早々、Zoom経由でキャッチしたそこまでの内容、そして、48[守]前半の教室模様を要約編集してそれまでの不在を一気に埋める。さらに、「037番の稽古おもしろすぎる」と語った田中優子前法政大学総長の[守]学衆時のエピソードに触れ、モードを変えるとは文体も文意も変えること、と用法4の魔術を伝えきった。本楼の本を焼き尽くしてしまいかねないほどの編集熱を添えて。

裏口からひっそりと到着するなり本楼の様子を高速でキャッチアップした康代学匠。速修スリーレディースにも負けない速度感で本楼の温度もアップ。

 

10)梅澤光由 48[守]師範/三國紹恵 48[守]師範──編集道をドリフト走行で

世界を股にかけるビジネスレディ平野しのぶ師範に誘われ、梅澤光由師範(上)と三國紹恵師範(下)が本棚劇場に。

高山宏に肖って“イシスの学魔”と称された梅澤師範は、世界(地)と自分(図)の、大学時代のズレの認識が自らの編集道の曙と語り、聴衆をそれぞれの編集原点へと遡上させた。

伝習座での語りのオオトリを飾ったのは、いつもの楚々とした出で立ちから、担当チームの師範代に風を送ろうとスラッシュメタルバンドOUTRAGEのパーカーに着替えた三國師範である。梅澤師範が学魔ならこちらは連想魔、師範代の編集道のこの先を照らすサーチライトとして、察知力と鈍感力を手渡した。

「編集道」コーナーで熱弁を振るう梅澤師範&三國師範。二人の語りに迷いはなく、異才ぶりを醸し出してました。学魔と連想魔の言葉に師範代たちは勇気をもらったことでしょう。

 

用法2から用法3へと差し掛かっている師範代をB(ベース)として、イシツ、イサイへと向かわせることをT(ターゲット)とした第2回伝習座。P(プロフィール)として立ち上がったのは、同時空間に集った者たちのイシツぶり、イサイぶりであった。先達の風姿を追いかけ、師範代たちは教室へ向かう。

実は伝習座後日談もあるようですよ。それはまた明日公開の記事をお楽しみに。

文:白川雅敏

写真・吹き出し:後藤由加里


  • 白川雅敏

    編集的先達:柴田元幸。イシス砂漠を~はぁるばぁると白川らくだがゆきました~ 家族から「あなたはらくだよ」と言われ、自身を「らくだ」に戯画化し、渾名が定着。編集ロードをキャメル、ダンドリ番長。

  • 感門之盟ノ歌「中空の月」【79感門】

    79回感門之盟の後、“中空”に松岡正剛が鎮座する。   49[守]チーム中空プラント、忖度しないわ教室師範代の相部礼子(写真右)と男装いとをかし教室師範代の野住智惠子(写真左)との記念ショットである。[守]では […]

  • 「ミメロギアワセ」──汁講の方法

    本楼にて「ミメロギアワセ」が開催された。7月3日日曜日のことである。   「ミメロギアワセ」とは、「ミメロギア」と「アワセ(合わせ)」を一種合成した造語。ミメロギアは、一対の言葉のイメージを、連想力を膨らませて […]

  • 48[守]の稽古は苦い匂い?

    卒業には歌がつきものである。   2月13日、48[守]が卒門を迎えた。最後のお題は「編集カラオケ八段錦」。自分で歌を選び、その歌詞を八段錦、つまり、情報が自己組織化を起こす流れを8段階に分けつつ、ここまで学ん […]

  • 【速報】ドラミ、秋の収穫祭──進破師範代への断然エール

    土管の空き地に助太刀5人衆が集結した。   この秋、47[破]師範代登板を決めた稲垣景子にエールを贈ろうと、44[守]ドラミ助太刀教室の学衆仲間が汁講を企画した。稲垣は、2020年の春、44[守]を卒門、その後 […]

  • 【このエディションフェアがすごい!37】知遊堂上越国府店(新潟県上越市)

    「このエディションフェアがすごい!」シリーズ、第37弾は新潟県の知遊堂上越国府店です。フェア開催は8月31日まで。   ◇◇◇   親鸞が念仏弾圧のため流された先で身を寄せた草庵跡地に建てられた本願 […]