君は「炭男」になれるか 47[破]出世魚教室名発表【77感門】

2021/09/06(月)20:17
img

[破]番匠野嶋真帆は宣言した。「破は新しいフェーズに入りました」カリキュラムも指導陣も、そして教室名もさらなるハイパーへ向かう。
教室名が出世魚するようになってはや2年。第77回感門之盟でも、この秋10月開講の47[破]を受け持つ教室名がパワーアップした。[守]時代の教室名をベースに、校長松岡正剛が再編集。

 

ナビゲートを担当したのは、スーツに羽織をまとい、ファッションを格上げした中村まさとし([破]評匠)。脇をかためるのは、登場するたびチャットで「梅澤師範かっけー!」と嬌声の飛ぶエディトリアルジャズピアニスト・梅澤光由([守]師範)だ。

 

 

師範代にとって教室名とは、初めて買ってもらった晴れ着のようなもの。それを4ヶ月間着倒すことで、第二の皮膚になる。それゆえ師範代としての進破に際して、名が変わることに怖気づく者もいる。しかし松岡は校長校話にて、語気強く言い放った。「教室名など『たくさんのわたし』はつねにレイヤー構造にして、いつでも出入りできるようにしなさい」 名が変わること、それはすなわち私が増えることなのだ。

 

中村は、アイドル・ママ師範代新井に問うた。「守の教室名、好きですか」「もちろんです」新井は即答。そこへ松岡が重ねる。「新教室名、もっと気に入るからね」 

各師範代の来し方行く末、好きもキライも抱き込んだ松岡渾身の編集をとくと堪能あれ。


 

 

◆細田陽子師範代  

 時鐘連音教室 → 時たま音だま教室

トップバッターは細田。「『時』も『音』も大事にしている言葉だったので、とてもうれしい」と控えめに喜びの鐘を鳴らした。

 

◆山口泉師範代   

 水分カミーノ教室 → 泉カミーノ教室

「水分」は「みくまり」と読み、分水嶺、龍の伏せる幸運の知脈を指す。海外からZoomをつないだ山口泉は、自らの名への出世にはにかんだ。

 

◆小桝裕己師範代  

 トポス清冽教室 → 未知トポ教室

仕事の休憩中、歩きながら登壇した小桝。「未知ってなんですか?」と司会に問われ、柔和な顔をことさらにデレデレにする。小桝は[守]師範代登板中、イシス婚した浦澤美穂とのあいだに第一子が誕生。未知とは、その愛娘の名だ。

⇒母ミポリンから見た、小桝家の未知ちゃんの様子「ふたたび、コップの使い道」

 

◆稲垣景子師範代  

 オブザぶとん教室 → オブザ・ベーション教室

ボルダリングを趣味にする稲垣は、教室名を受け「ナカグロが何か考えたい」と即応。松岡は「いろんな”ベーション”を考えてね」と応じた。

 

◆新井和奈師範代  

 アイドル・ママ教室 → アイドルそのママ教室

「さすが校長の編集、と言わせる」と、めずらしく松岡が自賛したのがこの名。ピンクレディの「UFO」に乗せ、新教室名がコール。「美しい母」を目指したいという新井には、司会中村も「お会いできてうれしい」と鼻の下を伸ばした。

 

◆清水幸江師範代  

 一客一亭教室 → 八客想亭教室

濃青の着物に身を包んだ清水は、「好きな数字は8。どこかで書いたけど、どこで見られたんだろう」と目を丸くし、松岡は「ぜんぶ見るんです」とほくそ笑む。

 

◆佐藤健太郎師範代 

 「象」徴ドミトリー教室 → 現象印象表象教室

アフリカのザンビアで働いていたという佐藤。教室名を受け「……象だらけですね」 松岡は静かにこたえる。「佐藤くんには、三”象”法師になってもらいたいんだよ」

 

◆堀田幸義師範代  

 セッケン時空屋教室 → 万事セッケン教室

石鹸を手作りする堀田は、「万事万端、ダンゼンダントツでいきたい」と鼻息を荒くした。松岡からは、「磐司磐三郎について読みなさいね」と宿題が課せられた。

 

◆長島順子師範代  

 柄々八犬伝教室 → レディ・ガラ教室

「洋楽はお好きですか」「はい」というやり取りから、流れるBorn this way。そして柄好きの長島は踊りだした。「とことんできないときは、レディ・ガラガラよ」と松岡は釘をさす。

▲長島を後ろから睨むのは、編集の巨人となった松岡。作画は「マンガのスコア」連載中の堀江純一の手によるもの。

 

中村は新教室名に沸き立つ本楼で、とある「炭男」の話を始めた。それは、かつての松岡の自称。ふだんは熾火、触れば壊れるフラジャイル。しかし乞われればすぐに熱を出し炎を捧げる。そんな火元松岡の生き方に憧憬をむけながら、「総理も変わり、社会も変わるこの時代に、火を届ける編集学校になれ」と言葉のマッチを擦った。

 

 


応用コース 第47期[破]※卒門者限定

入門日:2021年10月4日(月)

稽古期間:2021年10月11日(月)~2022年2月6日(日)

詳細・お申し込みはこちら

 

※破をもっと知るなら

イシスのマル秘テク「共読」とは何か うるさい読書で千夜に挑む 46[破]伝習座

 

松岡正剛ライティング術!文章のクオリティを格上げする「ポッと出」とは【46破 知文AT】

 

名付けは「呪」イシスの名前が変なワケ【46[破]教室名総覧】

 

 

 

写真:上杉公志

文:梅澤奈央


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • 編集部イチオシSelection [2021年11月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーたちから、見逃せない ”今月のイチオシ1本” をお届けします。今月はゲストに、48[守]で初の師範をつとめるジャイアンこと角山祥道師範、そして現在47 […]

  • イシスDO-SAY 2021年11月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。 編集学校の入門コース[守]が10月に開講となりました。が、まだ間に合いま […]

  • 編集部イチオシSelection [2021年10月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーたちから、見逃せない ”今月のイチオシ1本” をお届けします。遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」、どうぞ。   ◎遊刊 […]

  • イシスをDAN ZENにする7人【iGen007】上杉公志 ピアノ奏でる エディストの貴公子

    ■イシスをDAN ZENにする iGenセブン   松岡正剛をして「きっと次代のスターになるだろう」と言わしめたイシスiGen7人衆がいる。 その活躍は目覚ましく、師範講義に遊刊エディスト、エディットツアーなど […]

  • イシスDO-SAY 2021年10月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。コース開講目白押し!ようこそInteractive System of I […]