【松岡正剛 映写室 Take-08】書を巡り墨に溺れる

2022/12/11(日)08:08 img
img

【松岡正剛 映写室】は師範の林が松岡正剛の表舞台、裏舞台を動画撮影した記録を蔵出ししていくEdist企画です。

 

【Take-08】は、松岡が10月に成田山書道美術館を視察した時の映像と「書」にまつわるインタビューをお届けします。松岡は本を読むのも早いが美術館を見てまわるのも早い。まるで高速スキャニングマシーンのようだ。私は松岡の背中をカメラで追いかけながら、静かにじっとりと汗をかいた。足を止めるのは、ココぞの作品に限っている。にも関わらず、「アレよりコッチのがいいね」という具合に作品を比較、照合していく。全体と部分を行き来させながら、新しい書の世界を構想していく。視察の模様は先に公開された記事「新ハイパーミュージアムの夜明け前? 」に詳述されているが、動画では、松岡がこれまで書から受けてきた面影ごと感じてもらいたい。

 

【松岡正剛 映写室 Take-08】書を巡り墨に溺れる

※映像化にあたり和泉佳奈子さん(株式会社百間 代表)、成田山書道美術館にご協力いただきました。

 

2022年12月16日(金) ~12月18日(日)の3日間、東京芸術劇場(池袋)で開催される、田中泯のダンス舞台「外は、良寛。」は、松岡の著書『外は、良寛。』にインスパイアされた作品だ。松岡が「言語空間」を担当している。こちらの新しい書の世界も合わせてご覧いただきたい。

 

撮影・編集 林朝恵
撮影・アイキャッチ写真 後藤由加里
企画協力 和泉佳奈子《百間
撮影協力 成田山書道美術館

 

【Back Number】

【松岡正剛 映写室 Take-01】どこでも読む書く

【松岡正剛 映写室 Take-02】黒板で思考をキリトル

【松岡正剛 映写室 Take-03】講演は舞台のように

【松岡正剛 映写室 Take-04】校長もREMIXする78感門

【松岡正剛 映写室 Take-05】本を主人公にする★祝1800夜

【松岡正剛 映写室 Take-06】演出でインタースコアする

【松岡正剛 映写室 Take-07】どんなものも夢のように創る


  • 林朝恵

    編集的先達:ウディ・アレン。「あいだ」と「らしさ」の相互編集の達人、くすぐりポイントを見つけるとニヤリと笑う。NYへ映画留学後、千人の外国人講師の人事に。花伝所の指導、エディストカメラ部とマルチロールで進行中。

  • 後藤由加里が撮った松岡正剛ポートレートが入選!

    後藤由加里が撮影した松岡正剛のポートレートが「APAアワード2023 写真作品部門」に入選した!    APAアワードは、日本広告写真家協会が主催する1961年から続く歴史ある写真公募展。広告写真部門と写真作 […]

  • 【松岡正剛 映写室 Take-07】どんなものも夢のように創る

    【松岡正剛 映写室】は師範の林が松岡正剛の表舞台、裏舞台を動画撮影した記録を蔵出ししていくEdist企画です。 【Take-07】は「千夜千冊の秘密」の秘密インタビュー番外編です。場所を本楼(編集工学研究所内)から同館内 […]

  • 【松岡正剛 映写室 Take-06】演出でインタースコアする

    【松岡正剛 映写室】は師範の林が松岡正剛の表舞台、裏舞台を動画撮影した記録を蔵出ししていくEdist企画です。   【Take-06】は前回に引き続き「千夜千冊の秘密」のインタビューで松岡正剛が演出について語っ […]

  • 【松岡正剛 映写室 Take-05】本を主人公にする★祝1800夜

    【松岡正剛 映写室】は師範の林が松岡正剛の表舞台、裏舞台を動画撮影した記録を蔵出ししていくEdist企画です。 【Take-05】は、千夜千冊1800夜の突破を記念して再び「千夜千冊の秘密」の秘密に戻り、松岡がなぜ「本」 […]

  • 【松岡正剛 映写室 Take-04】校長もREMIXする78感門

    【松岡正剛 映写室】は師範の林が松岡正剛の表舞台、裏舞台を動画撮影した記録を蔵出ししていくEdist企画です。   【Take-04】は、第78回感門之盟「REMIX 編集草子」の二日目で松岡が校長として講座 […]