45[守]リカちゃん・クッキング 昼ごはん篇その1 石井師範チームの魚介な愉快

2020/06/14(日)12:00
img

 チームラウンジ。師範代には、ほっと安らぐ楽屋であり、次の仕掛けを師範とともに相談する作戦会議室でもある。現在進行中の45[守]には9人の師範と21人の師範代がいる。師範1人と師範代2~3人で1つのチームを結成、計9つのチームが動いている。

 校長に名付けられた教室名や師範代のキャラクターに肖り、それぞれのチームには師範が名づけた名前がある。そのチーム名は指南の拠り所にもターゲットにも永遠のQにもなっていく。

 45[守]の9チームを、師範のチーム名語りをよすがにクッキングで表す連載企画「リカちゃん・クッキング」。「おやつ篇」3チームに続き「昼ごはん篇」3チームへと移る。レシピのポイントは、スーパーで買える材料ですぐにできることだ。

 先鋒行くのは、「リカちゃん・クッキング」の筆者、石井梨香師範率いる「まかせん会」だ。

 

★チーム名「まかせん会」
……………………………………………………………………………
 二人の師範代は大阪出身。戸惑いも喜びもしかと引き受ける姿
 をチーム名に託しました。「まかせんかい!」と飛び出すのは
 学衆も同じ。全員の突出を願って「会」の名に。点を加えると
 「まがせんかい(間が千回)」。一期一会を大切に。


    師範         石井梨香
    すみれの花咲く教室  野住智恵子師範代
    飄々絃々教室     中西晶大師範代
   

 

まかせん海鮮焼き

  
   大阪と言えばお好み焼き。小麦粉が売り切れていても、
   ダイエット中の師範、師範代がいても大丈夫。粉を使
   わない粉もんなら「まかせんかい!」
   


●レシピ

《まかせん海鮮焼き》

[材料]
・はんぺん      1袋
・木綿とうふ     100g
・キャベツ      小さめの葉2枚ぐらい
・シーフードミックス イカ、エビなど10個程度
・小ねぎ       1本
・サラダ油など    大1
・かつおぶしパック、青のり・アオサなどお好みで
・お好みソース、マヨネーズ、ポン酢などお好みで


[ダンドリ]
1.シーフードミックスは半解凍にしておき、厚みのあるイカなどがあったら包丁で切っておく。(火が通りやすいように)
2.キャベツは千切りにしておく。小ねぎは小口切りにしておく。
3.はんぺんは袋を開けないまま、指でぷちぷちつぶす。ぷつぷつした塊が残らないようによくつぶすのがポイント。
4.はんぺんがつぶれたらボウルに出し、木綿とうふをつぶして加え、手でよくまぜあわせる。気になる方は使い捨て手袋でどうぞ。
5.4にシーフードミックスとキャベツの千切りを加えて混ぜる。ねぎは混ぜ込んでも、焼きながら上にのせてもよい。
6.5を4等分して、薄い丸型に整える。
7.フライパンにサラダ油を引き、6を並べる。
8.フタをして中火で4分ぐらい焼く、ひっくりかえしたらフタははずして中火のまま4分程度焼く。
9.皿に並べ、お好みのトッピングと調味料でいただく。お好みソースとマヨネーズは王道。ねぎたっぷりにポン酢もおすすめ。


●師範の感想いただきました!

はんぺんのおかげでふんわり食感。指南もたんぱく多めでいきまっせー!

●バックナンバー
おやつ篇その1 桂師範チームの甘~い幸せ
おやつ篇その2 宮川師範チームのポンカンで爽快

おやつ篇その3 江野澤師範チーム盛り上げリング


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • イドバタイムズ issue.17「編集初め」はにぎやかに~卯年お正月エディッツの会レポ

    松の内明けて集えるウサギたち    お正月気分も一区切りの1月8日(日)、北海道から石垣島まで、真夜中の海外からも、合わせて38名がZoomの前に集まった。  2023年の「お正月エディッツの会」のスタートだ。 […]

  • 【田中優子の編集宣言】遊び人、ぞくぞく出現!

    用法4のスタート目前、厳選タングル教室に編集稽古001番の再回答が届いた。なんと田中優子氏による50[守]特別講義の最中にである。田中の提言に触発された学衆青井隼人が、休憩時間に自身の001番回答から「ここから何かが始 […]

  • 汁講で出会いと発見を―50[守]角川武蔵野ミュージアム出遊譚

    エディットタウンには9つの書域がある。例えば5つめの書域「日本の正体」は、16の書区で成り立っている。ひとつめの書区は「日本列島と日本人」。その棚には、01日本列島の形成、02山・海・里の風土、03日本人はどこからきた […]

  • 温泉も宇宙旅行も、夢中な時間がここにある―残席1

    温泉につかって全身の力を抜く。思わず「ほぉ~」と声がもれる。そんな瞬間をしばらく味わえていないみなさんへ。  イシス編集学校[守]講座には、心身を柔らかくするお題が準備されている。       宇宙旅行なんて行けるはず […]

  • 声が重なり、道となる―50[守]開講

    「ここから諸君の『世界と自分についての見方と才能』がおそらく劇的に変わっていくでしょう」。本日12時、校長 松岡正剛のメッセージで50[守]が開講した。続いて、インターネット上の教室に開講と「点呼」の案内が届く。 &n […]