いよいよ知祭り!千夜千冊エディションフェア開催 10shot

2021/05/22(土)17:27 img
img

 いよいよ知祭りが始まる。しかも全国同時開催である。

 千夜千冊エディション20冊突破を記念して全国の書店でフェアが開催される。フェア第一号店のブックファースト新宿西口店では本日よりスタート。店内に格別のブック空間が現れた。書棚設営には松丸本舗の元BSE(ブックショップエディター)や多読ジム師範・冊師が駆けつけた。設営ドキュメントを10shotでいち早くお届けする。

 

「千夜千冊エディション小冊子」とPOPを片手にまずはざっくり本たちを配置する。左から大音美弥子冊匠、米川青馬師範、川田淳子師範代、増岡麻子冊師。

 

各コーナーに配された本たちを化粧直し。「松丸本舗が蘇るわぁ」『大アジア』コーナーで面陳を整える森山智子師範

 

遊刊エディスト連載中の「千悩千冊」がついに書店出張!どんなお悩みにも千夜千冊エディションでサッショーが答えます。POP配置に苦闘するエディスト副編集長 金宗代。

 

「こんな本が揃うことはまずない」と唸りながら『物語の函』『方法文学』の千夜本を並べる米川青馬師範

 

読書ワークショップ企画中の大音美弥子冊匠。迷子になった本も「それは『方法文学』やで」聞けばなんでも即答してくれる。

 

『本から本へ』から『少年の憂鬱』コーナー。KEY BOOKには1つ1つ松岡校長の言葉がPOPとなって寄り添う。

 

セイゴオ著作棚には『情報の歴史21』もお目見え。『自然学曼荼羅』(1979)から『うたかたの国』(2021)まで、セイゴオ本が並ぶ。

 

エディションフェアプロジェクトを取り仕切る寺平賢司(松岡正剛事務所)。特製ポスターとともに。

 

「一体何者?!」と目を奪われる特製ポスター。”わかりやすさ”に迎合しないエディションフェアに来られたし。

 

 

松岡正剛千夜千冊エディション20冊突破記念フェア

◎ブックファースト新宿西口店 5月22日(土)〜7月25日(日)

 

 

<関連記事>

全国で千夜千冊エディション20冊突破記念フェア開催

ブックファースト新宿店で「千夜千冊エディション」フェア開催

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。