編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年12月]

2022/12/24(土)08:00
img
推しキジコラージュ

2023年ラストの推しキジ、発表!

 

毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” をお届けします。みなさんのお気に入り記事はありましたか?

 

推しキジを読んでくださっている皆様の中で、推しキジをPickする側として参加してみたい方がいらっしゃれば、ぜひ編集部にご一報ください。2023年、Edist推しキジの歴史に、ご自身のコメントを刻んでみませんか。

 

遊刊エディスト編集部 吉村堅樹 林頭, 金宗代 代将, 川野貴志 師範, 後藤由加里 師範, 上杉公志 師範代, 梅澤奈央 師範、松原朋子 師範代

 

    • 1マエストロ上杉’s 推しキジ!uesugi
    •      ─ 応援ファンファーレでPick!

 

⦿【12/20開催】クリスマスは本楼で!2年ぶりに本楼エディットツアー開催【生演奏あり】

 

上杉、一肌脱ぎます。12/20のエディットツアーで生演奏します。楽器も持ち込みます。お越しの方は、もれなく音楽で編集を体験できます。

それ以上の魅力は、野菜ソムリエの若林牧子[守]番匠が食を編集し、素敵なお食事を堪能できることです(こちらが主な目的の方も大歓迎です^^)。

さらに阿久津健花伝師範によるクリスマス感・高級感あるアイキャッチと、梅澤奈央師範の読者目線のあたたかなテキストで、まるでディナーショーの招待状のようなエディスト記事ができあがりました。

先日の50[守]の伝習座で、松岡校長の言葉に「見立てはお遊びではなくもっと強烈なもの。王手飛車どりのようにギリギリ勝負」とありました。今回のツアーも、お遊びではない、これでもかというほどのディナーショー仕立てで設えてまいります!── 上杉 公志

マツコ
マツコ
3年ぶりに開催された12月20日のツアーが、こんなにもすばらしかったという記事がすでにあがっていますネ。編集初心者の方にむけたワークショップでしたが、マツコも参加してみたかった。マエストロ上杉のピアノに癒されたい。若林師範の手料理で温まりたい♪ あ、ちがうか。エディットツアーでは、編集をこそ学ばないといけないんだった(笑) 

しかし、お料理もすばらしく手が込んだもので、編集学校では見られないオシャレさだったと林頭談。マエストロ上杉さんと若林師範の組み合わせで、来春あたりのリバイバルを待ちたいゾ!

 

マツコ’s plus One!🐶 

吉村林頭の記者力を存分に感じる編集ディナーショーのレポートはこちら。臨場感あるぅ〜

 

⦿X’masエディットディナーショー初開催!オネスティ上杉が奏でる編集WS

 

2  川野’s 推しキジ! 
      ─ 流麗な文章表現でPick!

 

⦿【エアサックス加藤の三度目の突破05】歴史的快挙そして新たなる野望

を推します。

「いじる」って難しいテクニックだと思うんですよね。

編集学校のメディアで紹介することって、どうしても「こううまく編集できました」という成功例が多くなってしまうと思うのですが、締まらない過程も併走しながら、ある程度つまびらかに紹介していくというのは、結構貴重なんじゃないでしょうか。もちろん、ご本人のトライもアドバイスもそれぞれに編集工学的な腑分けがあるから、発見的に読むことができるようになっている。

優等生がみるみる成長する記録ではないですが、よろよろ進んでいくエアサックス加藤さんは、自然と応援したくなってきます。まねするのが難しい筆の芸なんですが、なんとか盗めるところはないかなと追いかけております。

それにしても編集天狗とは誰なんだ……。皆目見当もつきませんな。  ──川野 貴志

 

マツコ
マツコ
大注目のエアサックス加藤さん!大注目の編集天狗!!!

マツコはあの、松岡正剛校長オシなメンズYADOKARIメンバーズによる鼎談記事をまとめたところから、ずーっと気になっていますです。

そして、編集天狗が誰なのかってことも。しかも編集天狗が2人いるらしいって、皆さんご存じでしたか?!

 

マツコ
マツコ

ちなみに、そもそもEdistでは最近、DUSTカテゴリーに該当する記事が少ないんですよねぇ。エアサックスとオツ千ぐらいですね。もっとDUSTYなネタはたくさん現場にあるはずだけど、やっぱりDUSTは難しい、というEdistライターさんたちからの声も聞こえてきます。

しかし、マツコ的には、たとえば、、、竹岩直子さんのDUSTとか、丸洋子さんのDUSTとか、深谷もと佳さんのDUSTも見てみたい。林朝恵さんはきっとDUSTも上手そうだ…。なんて、勝手な独り言をつぶやいてみました。

 

マツコ’s plus One! 

 

「YADOKARI」を知らなきゃ、あなたはEdistモグリ?!

⦿推し活の始まりはいつ? ──松岡正剛オシな若きメンズの生態(1)

 

編集天狗は2人いる?!

⦿【エアサックス加藤の三度目の突破06】たくさんの天狗とたくさんのわたし

  • 3後藤’s 推しキジ! 
          たまには身内贔屓でPick!

 

⦿49[破]師範代が選ぶ「秋に読みたい千夜千冊」

 

「ナツセン」に続く「アキセン」は今を走る49[破]師範代とエディストカメラ部のコラボ。

[破]師範代の選本と言葉に寄り添うようにカメラ部メンバーが撮影を試みました。本のらしさを掴み、イメージを膨らませて写真というメディアに落とし込む。「本を撮る」というメディエーションは、連想力と要約力が求められるお題なのでみなさんもお手元にある本で年末年始にぜひ遊んでみてくださいね。<本の写真を贈りあう文化>をカメラ部から発信していきたいです。──後藤 由加里

マツコ
マツコ
忘れてはならない2022年のハイライトのひとつ、カメラ部発足からのインスタ開設。編集学校ではインスタ人口が少ないかもしれないと、エディストでも読めるようにしてくださいました。この記事には、後藤由加里さんの他、木藤良沢さん、林朝恵さん、牛山恵子さん、阿久津健さんの作品が掲載されています。これから登場する新メンバーもいらっしゃるそうですね~。本を人を撮るかのように撮るカメラ部に、2023年も期待増。

 

マツコ’s plus One! カメラ部、petitクロニクル〜

 

🐶2022/7/16 エディストカメラ部誕生!メンバーはたった3人

🐶2022/7/25 イシス編集学校 公式インスタグラムはじめました

🐶2022/8/10 インスタ連載「夏に読みたい千夜千冊」スタートしました!

🐶2022/8/21 一挙公開!エディストライターが選ぶ「夏に読みたい千夜千冊」

🐶2022/11/19 49[破]師範代が選ぶ「秋に読みたい千夜千冊」

 

イシス編集学校のインスタ・アカウントはこちら! [ISIS_Edit_School]

 

 

  • 4 金 副編集長’s 推しキジ! 
          ─ 多読でPick!

 

⦿レッツMEdit Q!【おしゃべり病理医67】

 

おしゃべり病理医・小倉加奈子が止まらない。

「おしゃべり病理医」シリーズ(CCCメディアハウス)の二冊目が刊行されたかと思えば、経産省「未来の教室」プロジェクトに参画し、編集工学研究所とコラボして動画教材をつくる。教材の中では、病院に自転車で乗り込んだかと思えば、DJブースで「レッツMEdit Q〜!」とノリノリで叫ぶ。

続けて、第二弾も制作し、小児科医のレジェンドや元ラグビー日本代表との対話をそつなくこなす。そして次には何が来るのかと思えば、母校であり勤務先の順天堂大学内に「MEdit Lab 順天堂大学STEAM教育研究会」を発足、ホーページを立ち上げた。

千夜千冊のように連日連夜というわけではないが、サイト内で連載を4本も掛け持ちし、コラムを書きまくっている。LINEスタンプもつくって、細胞の絵を描きまくっている。

エディスト記事にも書いている通り、小倉加奈子は「[離]をつくりたい」と願い、MEditLabを立ち上げた。小倉加奈子にとって、MEditLabは小さな[離]であり、自身に課したコラム連載は小さな千夜千冊なのである。

ともかく、小倉加奈子は止まらない。やめられない、止まらない。だからMEditLabは、かっぱえびせんでもあるわけだ。このことこそ、小倉加奈子から学びたい。誰もが一つでいいから自分だけのかっぱえびせんをつくるべきではないだろうか。

ちなみに、来年1月にスタートする多読ジムSeason13はMEdit Labとコラボします。どうぞお楽しみに!──金 宗代

マツコ
マツコ
先日教育新聞に、小倉さんの写真が掲載された記事を発見したんです。順天堂大学でSTEAM教育の研究会を立ち上げ、MeditLabをスタートしたという見出しを見て、ムムム!と思いのぞいたら、小倉さんがのっていらっしゃいました。エディストで[離]指導陣のときにつづってくださった「をぐら離」から、ポップでシュールなLINEスタンプまで、ほんとうに幅広く、今後も目が離せない小倉さんの動きですね~

 

マツコ’s plus One! 見つけた!ニュースなMeditLab★

 

🐶教育新聞 医学を中高生のSTEAM教育に 順天堂大が研究会を立ち上げ

🐶学校法人順天堂のプレスリリース 課題を見つけ、解決する力を育む医学部初のSTEAM教育への試み「MEdit Lab 順天堂大学STEAM教育研究会」が発足、専用サイトオープンへ

 

 

みなさんのオシは、見つかりましたか?

以上、2022年11月の記事から、エディスト編集部の”推しキジ” を厳選してお届けしました。


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • daidai

    イシスDO-SAY 2023年2月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年が始まりました。イシス編集学校は年始1月から編集行事が盛りだくさんでしたね。   […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破10】窓からミュージアムが見える?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破09】ダース・カトウの再生はなったのか?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【限定公開】6万冊の本の空間を堪能できるのは年始の今だけ!「本楼ツアー」1/28開催

    イシス編集学校には、「本楼(ホンロウ)」という秘密の空間がある。ここには、本棚になっていない壁はない。つまり、天井以外の全てが本に埋め尽くされた空間なのだ。柱の四面までもが書架になっている。本に翻弄されたいという、イシス […]

  • 1月の季語、ざぼん

    イシスDO-SAY 2023年1月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   では2023年初、1月 […]