春爛漫、師範代が羽ばたくために8時間 47[守]46[破]伝習座開催

2021/04/04(日)11:08
img

入学の春がきた。教える立場にこそ、春はまぶしい。10冊の本をひょいと抱えた10名の新任師範代が、ぞくぞくとZoom会場に現れる。東京・豪徳寺ISIS館には、22枚のオリジナルフライヤーが誇らしげに胸を張る。その一人ひとりを、師範たちがペンを片手に待ち受ける。

▲1階本楼から2階学林堂へ誘うように貼られた、師範代作の教室名ポスター。

 

2021年3月27日、イシス編集学校では第47期[守]・46期[破]の開講に先立って「伝習座」が開催された。伝習座とは、師範や師範代が集い、編集術の指導を研鑽する場である。これまでは多いときで50名以上の指導陣が豪徳寺に集結。師範による編集工学レクチャーにはじまり千夜千冊の共読、そして松岡正剛による奥義直伝など、昼前から終電間際まで熱烈に知を交わし合っていた。


しかし、緊急事態宣言下の2020年4月から、オンラインでの相互配信に切り替わり、さらに密度の高いコンテンツが提供されることとなった。20年前の開校以来、連綿と続けられているこの奥義伝授は、各期、開講前と開講中に2回ずつ開催され、今回で157回目を数える。この日は、ISIS館1階本楼で[守]、2階学林堂では[破]のプログラムがパラレルに進行された。

 

この学校は、毎期ごっそりと指導陣が入れ替わる。生徒とともに教師までが、卒業しては入学してくる学校がほかにあるだろうか。今期47[守]も、編集コーチ養成コース「花伝所」を放伝したばかりの新生師範代13名が名乗りをあげた。前期の学衆が、今期の師範代。そして、師範があらためて学び手にもなる。この著しい新陳代謝こそが、20年間進化をしつづけるイシスの要である。

 

▲校長の墨がにじむ。学林堂からは満開の桜をのぞむ。

 

指導陣が陳腐化せず、それでいて確かな実力を備えているのはなぜなのか。その秘密を握るのが、先達の方法を後進に託すこの伝習座なのだ。この名は校長松岡によるもので、『論語』の「伝不習乎(伝へて習はざるか)」に由来する。(参考:996夜『王陽明』) 漢字の「伝」は、ふくろに入れたものを人が背負うさまを指し、「習」とは鳥がぱたぱたと羽ばたく様子だという。

 

この日も、黒板を使い、刀を振り、ジャコメッティになりかわりながら、何十冊分かの言の葉が手渡された。師範代が大空へ飛び立つ日は近い。

 

 

▼この日の伝習座の模様

イシスのマル秘テク「共読」とは何か うるさい読書で千夜に挑む 46[破]伝習座

https://edist.isis.ne.jp/post/46ha_ecrits/

 

『情報の歴史21』編集長が年表レクチャー コツは「Qちゃんとヤワラちゃん」

https://edist.isis.ne.jp/post/jyoreki21_qchan/

 

▲学内イベントのしつらえにも全力編集。これらタイトルイメージは、編工研デザイナー穂積晴明によるもの。テーマは、編集の4段階目「情報の構造化」。平面デザインで情報を階層化するため、パースやレイヤーの実験を散りばめている。色味は、アレクサンドロ・ロトチェンコやエル・リシツキーなどロシア・アヴァンギャルドのデザイナーへのオマージュ。

 

画像:穂積晴明

写真:後藤由加里(フライヤー)

写真:梅澤奈央(伝習座の書)


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。47[破]番記者、36[花]錬成師範。