イシスをDAN ZENにする7人【iGen001】穂積晴明 外郎売りからDJまで 多芸多才のデザイナー

2021/09/18(土)09:16
img

■イシスをDAN ZENにする iGenセブン

 

松岡正剛をして「きっと次代のスターになるだろう」と言わしめたイシスiGen7人衆がいる。

その活躍は目覚ましく、師範講義遊刊エディストエディットツアーなど編集学校のあちこちで頭角を現し、新しいメディエーションの方法を築き始めている。そんなiGenとは一体何者なのか? 

 

青春時代をポケベルとプリクラとルーズソックスで過ごしたロスジェネ世代の、感門之盟タブロイド紙「Editor ship」編集長後藤由加里がiGenたちが日頃感じていることから、編集学校のこれからを訊いた。

遊刊エディスト紙上でも、7回に分けて特別転載してお届けする。

 

▲イシスのiGenは、千夜千冊1764夜『ホモ・デジタリスの時代』に登場した。

 


iGen No.1 穂積晴明(学林局デザイナー)

 

生誕年:1997年3月8日
編集学校歴:

41[守]想像ジャケット教室(景山卓也師範代/石澤麻子師範)

41[破]花組アイベ教室(相部礼子師範代/渡辺高志師範)

13[離]絃燈院(小坂真菜美別当師範代/福田容子別番/寺田充宏右筆)

 

ラジオDJにドラマー、外郎売の口上までこなす多芸多才の若きデザイナー。エディションフェアのポスターやEditorShipをはじめ、編集学校のあらゆるものをデザインする。

 

 

Q1.密かにこだわっているフェチな雑品は?
赤のグラスコード。視界の端っこをふいにチラチラするのがとても良い。思いがけず赤が飛び込んでくると興奮してスイッチがりますし、なんだか新しい器官が生えたような、オーガニック・サイボーグな感覚に陥れます。

Q2.家から最寄り駅の間でなぜかどうしても気になっちゃうことは?

道中、縄文の遺跡群が出土しているので、よく気を取られてしまいます。たまに見かける発掘隊に焦がれつつ自転車を転がせば、ブラタモリよろしく、通勤路が新石器時代に早変わりです。


Q3.『情報の歴史21』で自分の生誕年以降の歴象で一番注目しているものは?
「#MeToo(2017)」。この運動がもたらしたのは、もはや主義主張に苦労は不要という考えでした。数枚の写真に「#」さえあれば、誰だって活動家になれてしまう。しかし、このような主張の安易さこそが、スタイルや文化を貧困にしているようにも感じています。

Q4.編集学校でこれまでに誰かに言われて印象に残った一言は?
吉村林頭の「生命を地に」という言葉は、ぼくのニヒルなスタンスを変えてくれました。静止した(死んだ)見方が優位にある科学文明の中で、生き生きするにはどうするか。イシスの編集には生命的自己という与件が絶必です。

Q5.編集学校で新しい講座やプロジェクトを立ち上げるなら?
「読んで書く」と同じくらい「聞いて話す」稽古の可能性を考えたい。ぼくは活動中に音楽やラジオを聴くことが多いのですが、耳は「ながら」に向いている。編集が音声的になったら、稽古はより深く日常に浸透するはずです。


 

■iGen穂積をもっと知るなら!

 

感門之盟の「デザイン知」 穂積晴明の挑戦 /丸洋子

【速報!】 十三[離]特別賞発表 第72回感門之盟 /上杉公志

六十四編集技法【43補加(append)】エヘン、エヘン。マスクぜよ。/しみずみなこ

松岡正剛が語る、2020年に突出するための五箇条 /穂積晴明

【オツ千vol.6】肖りベイコンで、イシスゲイしちゃお/吉村堅樹

 

■シリーズiGen〜イシスをDAN ZENにする7名〜 

 

001:穂積晴明 外郎売りからDJまで 多芸多才のデザイナー

002:中村麻人 数理モデルを脇差に 解析フェチの編集侍 

003:梅澤光由 全身義体を夢見る エディトリアルジャズピアニスト

004:網口渓太 関西弁のミク太郎 憧れ力で起動する編集少年

005:梅澤奈央 獲物はイジって逃さない 言葉フェチの人気記者

006:加藤めぐみ AI疑惑の超絶アーチスト 謎めく21世紀の女

007:上杉公志 ピアノ奏でる エディストの貴公子

 

 

 

iGenロゴデザイン:穂積晴明


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • daidai

    イシスDO-SAY 2023年2月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年が始まりました。イシス編集学校は年始1月から編集行事が盛りだくさんでしたね。   […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破10】窓からミュージアムが見える?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破09】ダース・カトウの再生はなったのか?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【限定公開】6万冊の本の空間を堪能できるのは年始の今だけ!「本楼ツアー」1/28開催

    イシス編集学校には、「本楼(ホンロウ)」という秘密の空間がある。ここには、本棚になっていない壁はない。つまり、天井以外の全てが本に埋め尽くされた空間なのだ。柱の四面までもが書架になっている。本に翻弄されたいという、イシス […]

  • 1月の季語、ざぼん

    イシスDO-SAY 2023年1月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   では2023年初、1月 […]