イシスをDAN ZENにする7人【iGen007】上杉公志 ピアノ奏でる エディストの貴公子

2021/10/24(日)10:12
img

■イシスをDAN ZENにする iGenセブン

 

松岡正剛をして「きっと次代のスターになるだろう」と言わしめたイシスiGen7人衆がいる。

その活躍は目覚ましく、師範講義遊刊エディストエディットツアーなど編集学校のあちこちで頭角を現し、新しいメディエーションの方法を築き始めている。そんなiGenとは一体何者なのか? 

 

青春時代をポケベルとプリクラとルーズソックスで過ごしたロスジェネ世代の、感門之盟タブロイド紙「EditorShip」編集長 後藤由加里がiGenたちが日頃感じていることから、編集学校のこれからを訊いた。

遊刊エディスト紙上でも、7回に分けて特別転載してお届けする。

 

▲イシスのiGenは、千夜千冊1764夜『ホモ・デジタリスの時代』に登場した。

 

シリーズiGen、7人目はこの方。


iGen No.007 上杉公志(47[守]番記者、エディスト編集部)

 

ピアノを奏でるようにイシスの今を高速記譜するJUSTプリンスな音楽家。編集学校随一のコミットメントでいくつものプロジェクトを掛け持ち。ペンネームはヤドカリ三郎。

 

生誕年:1986年
編集学校歴:
〈学衆として〉
30[守] 推命道観教室(竹川智子師範代/渡會眞澄師範)
30[破] 遊求マクロファージ教室(小倉加奈子師範代/米川青馬師範)
22[花] わかくさ道場(景山和浩花伝師範)
11[離] 傳当院(塩田克博別当師範代/小西明子別番/井田昌彦右筆)
15[風] 葡萄座(小池純代師範)
10[綴] 猫町夢十夜文叢(おおくぼかよ師範代/相部礼子師範)

 

〈師範代として〉
35[守] おとづれスコア教室(石井梨香師範)
35[破] おとづれスコア教室(森井一徳師範)


Q1.密かにこだわっているフェチな雑品は?
2009年製のiPod。12年間使用してなお現役。旅先とジョギングのお供。季節と時間と場所ごとに流したくなる音楽が決まっており、音楽からその状況が自然と想起できる。記録と更新をつづける音の手帖のような存在。

Q2.家から最寄り駅の間でなぜかどうしても気になっちゃうことは?
通勤ラッシュ帯に駅から逆行してくる人。とりわけ同じ時間でも駅周辺のあちこちに出没する初老の女性。雪でも真夏日でも白のチュニックをまとう姿もあいまって、注意のカーソルがどうしても向かってしまいます。

Q3.『情報の歴史21』で自分の生誕年以降の歴象で一番注目しているものは?
1995年、縦見出しの「阪神大震災」と「オウム・サリン事件」の連打。倒壊した高速道路の映像と、地下鉄を利用する親が巻き込まれたかもしれない事件。「これが歴史に残る出来事なのか」と初めて歴史と自分が関係づけられた。

Q4.編集学校でこれまでに誰かに言われて印象に残った一言は?
小西明子さん(11離別番)からの「わたしの離後も『口惜しさ』からスタートしています」。退院式の後、やりきれなかった悔しさをぶつけたときにいただいた一言。この言葉があるから今ここにいます。

Q5.編集学校で新しい講座やプロジェクトを立ち上げるなら?
直近というよりも一生をかけて取り組みたいのが、音楽や聴覚に関する稽古とお題づくり。知覚の中でも、音や聴覚に関してはまだまだ言語化・方法化の余地があるととらえています。


 

■iGen上杉をもっと知るなら

 

守破に新ロール誕生! 奴らがSCOOPを狙っている! /吉村堅樹

「松岡火元校長が託した3つの課題意識」十四[離]退院式開幕(第76回感門)/上杉公志

インターネット上の学校だからこそ!エディットツアーもオンライン /衣笠純子

若手司会者の「場外」への思い遣り /川野貴志

伝説の73感門コレクション 春の雪舞う百花繚乱 /梅澤奈央

 

 

■シリーズiGen〜イシスをDAN ZENにする7名〜 

 

001:穂積晴明 外郎売りからDJまで 多芸多才のデザイナー

002:中村麻人 数理モデルを脇差に 解析フェチの編集侍 

003:梅澤光由 全身義体を夢見る エディトリアルジャズピアニスト

004:網口渓太 関西弁のミク太郎 憧れ力で起動する編集少年

005:梅澤奈央 獲物はイジって逃さない 言葉フェチの人気記者

006:加藤めぐみ AI疑惑の超絶アーチスト 謎めく21世紀の女

007:上杉公志 ピアノ奏でる エディストの貴公子

 

iGenロゴデザイン:穂積晴明


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年5月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です! 遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」2022年5月号、お楽し […]

  • イシスDO-SAY 2022年5月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   編集学校の入門コース[守]が4月に開講となりました。が、ま […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年4月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です!   今月はイシス編集学校 48[守]を卒門したばかりの山内貴暉さん(はいから官界 […]

  • イシスDO-SAY 2022年4月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。今月は様々な講座が開講になります。ぜひ春から新しいことを始めてみてください […]

  • 満を持しての師範登板 47[破]玄々書【78感門】

    第78回感門之盟「REMIX編集草子」の2日目、47[破]突破式にて、初めてロールをまっとうした竹川智子師範へ松岡正剛校長直筆の書が贈呈された。今回から、この書は「玄々書」と命名されている。   ◆47[破]  […]