「編集遊牧民」による列島中継【20周年感門之盟】

09/21(月)11:00
img

20年前から、とっくにイシスはリアルーオンラインだった。

 

鈴木康代学匠の「エディットツアーで全国を制覇したい」の一声と全国の師範・師範代ではじまったエディットツアースペシャル(ETS)。

 

2019年夏に開始したエディットツアースペシャル(ETS)イメージデザイン

 

 

感門之盟の二日目は、佐々木局長と康代学匠がこの夏のオンラインETS紹介とともに、編集を続ける「編集遊牧民」ともいえる4拠点を中継した。

 

1.未知奥連(東北・仙台)

 

 

イシス編集学校と20年をともにしてきた森由佳師範仙台の定禅寺通から。

「この20年で編集学校からたくさんのものを受け取ってきました。これからもお返しをつづけていきたいと思います」

 

 

 

菅野師範代・葛西師範代が手にしているのは校長による直筆の書。

20周年感門にあたり各地のイシス編集学校の支所へ贈られた。

「特に『連』が連なっているのがみちのくらしい。個性が強いメンバーがそれぞれいきいきできるようになりたい」

 

 

2.曼名伽組(中部・名古屋)

 

つづいては名古屋から。曼名伽組二代目組長で面影座を主宰する小島信吾組長。

「面影座でイシス編集学校で学んだことを実践している。今までとは違う時空をこえた編集の場所にしていきたい」

 

 

感門の真ん中にかかれた「曼名伽組」の書。左にはイシス婚の奥様も登場。

「夏のエディットツアーでは、名古屋ならではの方法『やつし』をテーマに取り組みました。

 そうすると、感門之盟もテレビのやつしにみえたり、あらゆるところにやつしが散りばめられていると気づく。

 日本の方法の場の役割も担っていきたい」

 

 

3.九天玄氣組(九州・大分)

 

中野組長と九天玄氣組の面々が耶馬渓から中継。

「これまで九州参座をやってきたが、去年からそれぞれのらしさをより引き出せるような場づくりに試みている。

 夏のETSでは、大分では7人のナビゲーター仕立て熊本では外部ゲストを招くことで、それぞれの地域性がますます拡張してきた」

 

 

4.近畿大学(関西・大阪)

 

 

トリは近畿大学のアカデミックシアターのエントランスから。

橋本参丞のナビで、メンバーが続々と登場する。

 

ふくよ師範(左)・山根師範(右)

 

小路師範(左)と野嶋師範(左から2番目)が加わる

 

午後の近大DONDENコーナーのダブル司会を担当する川野師範(左)と山田師範代(左から2番目)

 

最後はイシスで稽古を続ける近畿大学の川添さんも登場。

 

舞台裏が気になる方はこちらをどうぞ↓

>>舞台裏は背広とマグロ ミメロギアの近大中継 /感門day2オープニング

 

康代学匠「まだまだ未踏の地があります。秋田、山口、佐賀などなど。ご覧のみなさんの参加、お待ちしています!」


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。

  • 20周年感門之盟の注目記事ピックアップ!

    やはり編集工学は「情報」とともにあった。   初の二日間開催となった20周年感門之盟のフィナーレから約一日。 この間にアップされた記事は30超、View数もエディスト史上最多を更新しつづけた。   9 […]

  • 感門フィナーレと余韻と【20周年感門】

    20周年感門は校長校話「EDIT JAPAN 2020」でフィナーレを迎えました。 終了後のオンラインでは見られない余韻に浸る東京会場の様子を写真でお伝えします。   【拍手で労い・寿ぐ】 「みんな、おつかれさ […]

  • 速報!『情報の歴史』予約開始 【20周年感門之盟】

    古代から現代まで。 象形文字から人工知能まで。   [破]のクロニクル編集術稽古の誕生のもととなった、松岡校長にしかできないクロニクル編集の『情報の歴史』。 1996年の増補版以来、約25年ぶりに令和時代の『情 […]

  • これがイシス流!本楼舞台転換の裏側【20周年感門之盟】

    オンライン越しではみえない舞台裏がある。 20周年感門之盟の風韻コーナーから物語、休憩をはさんで突破式へいたる間の本楼の舞台裏をお届けします。   1)12:00:本棚劇場での風韻の雨四光・四光・ポケット太夫の […]

  • 二日目は本楼も衣装替え【20周年感門之盟】

    本楼会場、二日目に向けて、昨夜から着替え中。 その一端をチラ見せ!   松岡校長(中央)・佐々木局長(右)・吉村林頭(左)。 感門初日終了後、間髪入れず翌日のしつらえを校長みずからディレクション。   […]