37[花]M1演習 私の前に投げ出された世界を捉える

2022/05/19(木)18:18
img

 花伝所での演習はModel(型)に始まる


 5/15に5つの道場が開き、花伝演習がスタートした。入伝生は演習にて5つのM(モデル、モード、メトリック、マネジメント、メイキング)を順に学び、“師範代”としての実践的な編集力を身に着けていく。

 わかくさ道場では吉井優子師範が礼を持って臨めば、その立ち振る舞いを「礼!> ○┐」とモデル化してみせる入伝生。一丸となってトップスピードで演習に臨みつつ、その時々の気持ちや状態を「┌〇┐ <ごめん!」「バタンキュ> _○へ_」とモデル表現することも忘れない。滑り出しは上々だ。

 

 ところで、5MはなぜModel(型)に始まるのだろうか。演習開始時に届けられた総論のタイトルにはこうある。

 

 “モデルをつかむ/ 指南の基本フレームを組み立てる”

 

 この一文の意味、改めて考えたい。指南とは何だったか。それはすでに編集されたモノ・コトを再編集し、新たな価値や意味をつくったり、可能性を増やしたり、ものごとを前に進めたりするための方向性“南”を“指”し示すことだ。そのためにも、私たちの前に投げ出されたモノ・コトを情報として捉え、分節化し、メッセージだけでなく、その背景や文脈を含む編集構造(エディティング・モデル)として捉えることが欠かせない。構造が取り出せれば、それらの編集可能性が見えてくる。モデルに対してこれまでとは異なるアフォーダンスを感じることだろう。そう、Model(型)を捉えるということは、世界再編集のための第一歩だったのだ。

 

 30名の入伝生は対象となる情報のモデルを取り出すことと合わせ、自らの編集モデルを自覚しながら新しい編集的世界へと向かっていく。

 

 世界は編集されたがっているのだ。

 
文 武田英裕(錬成師範)

アイキャッチデザイン 阿久津健(錬成師範)

 

【第37期[ISIS花伝所]関連記事】

37[花]乱世に道場開幕!
37[花]入伝式 松岡校長メッセージ 「稽古」によって混迷する現代の再編集を
37[花]ガイダンス 却来のループで師範代に「成っていく」
37[花]プレワーク  編集棟梁は 千夜を多読し ノミを振る[10の千夜]
37[花]プレワーク記憶の森の散歩スタート


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    37花の師範ボードメンバーは18名。入伝生30名に対してすこぶる手厚い。いずれもトワイライトが大好きな面々。師範自ら指導メソッドを考案し、入伝生と行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。

  • 37[花] 夏だ、キャンプだ、旅立ちだ!

    7週間に渡る道場や錬成場での鍛錬を越え、いよいよ、週末のキャンプに向けて出発だ。 「編集学校のお泊まりキャンプ今から楽しみです^^」 「どんな内容なのか、ソワソワワクワクしています」 「いよいよキャンプ。何が起こるのでし […]

  • 37[花]M5錬成2 指南でかわる師範代はわかる

    書くは永く、放つは刹那に。   師範代未満の入伝生は書き手であるが故に、しばし読み手を忘れて前のめり独りよがりな指南に陥る。回答に潜む可能性を欲するがため、想いが強く表出してしまうのだ。   どんなイ […]

  • 37[花] M5錬成1 擬き肖り、虚に入り

    賑やかだった道場が静まり返った。   言葉が交わされていないのではない。錬成演習を前にした気負い、緊張が道場内の言葉から夾雑物を奪う。   5月16日から開始した式目演習、道場生はすでに4つの式目をく […]

  • 37[花] マネージメントを述語する M4演習(営・掛)

    さし掛かる入伝生・仕掛ける師範代   6月5日(日)、各道場でM4の出題とともに、これまで取り組んできたM1モデル、M2モード、M3メトリックの演習を振り返り、自己評価をする中間スコアが入伝生に課された。花伝所 […]

  • 37[花] 調子はどうだい? 花伝式目演習第三週:メトリック(程)

    「式目演習の調子はどうだい?」   「式目演習の調子はどうだい?」 入伝生がそう問われたなら、自分と道場の状況を思い浮かべるだろう。答える言葉を選ぶとき、そこには「メトリック」が起動している。   メ […]