38[花]胸騒ぎな「存在のインターフェイス」

2022/11/18(金)14:53
img

 編工研メンバーと一緒に太極拳を習っている。教えてくれる今井秀実先生の動きはため息が出るほど美しい。先生が言うには、太極拳は身体の虚と実を連続させることが一番の大事。「何も考えず頭の中はぼんやり」「まず腰椎を動かして」「軸がずれないように」「お腹は緩めて」と教える。太極拳のすべての型には中国語の名称がついていて原理も明快、ただし身体の部分と全体の動きの虚実がうまく連続しているかどうかは、なぜか他者からしかわからない。だがそこが面白い。

 

師範代にとっての「マネジメント」とは

 今週は「M4マネジメント」の演習である。花伝所では「学びが創発に向かうシステム」のマネジメントを考える。ここからは各道場の錬成師範も指導に加わる。 

 「教室は“生き物”」。M4の総論はこのフレーズではじまる。教室は師範代と学衆が出入りする重力場だ。そこから師範が加わる勧学会、学匠・番匠、期全体のメンバーがいる別院へと接続して、学びの原郷となっていく。
 38花の入伝式では、中村麻人花伝師範が、教室の一座建立が呼ぶ偶然や別様の可能性について、日本の座や結社の方法にかさねて講義した。相互編集の型を「エディティング・モデルの交換」「意味の市場」「情報生態系」の3相で示すと、イシス編集学校が動的、有機的な広がりをもつ情報生命として浮かび上がる。中村師範は、場のなかにいてどう評価をしていくか、師範代としてのカマエを問いかけた。いよいよその本題に入っていく。
 
虚から入る

 入伝式の編集工学講義で、今回はじめて、深谷もと佳花目付と林朝恵花目付が松岡校長にインタビューをした。両花目付が交互に質問して校長の伏せられた編集思想を引き出していく。編集の本質である変化と継承についての質問に応えて、校長は「芭蕉のように虚から入れ」と勧めた。

 

 「俳諧といへども風雅の一筋なれば、姿かたちいやしく作りなすべからず」(去来)なのである。「いやしく」しない。つまり、卑俗を離れたいと、芭蕉は決断したのだった。
 のちに芭蕉は服部土芳に、こう言ったものだった。「乾坤の変は風雅の種なり」(三冊子)と。そして『笈の小文』に、こう書いたものだ。「西行の和歌における、宗祇の連歌における、雪舟の絵における、利休が茶における、その貫道するもの一なり」と。
千夜千冊991夜 松尾芭蕉『おくのほそ道』より

 

 相互編集の場には、新しい視点や方法を生む可能性がひしめいている。よくわからないけどいいなと思うことや微細なフェチなどフラジャイルななにかによって、場は一気に魅力を帯びる。
 松岡校長は「ぼくは常時を編集状態で埋め尽くしたい」と言う。「その存在のインターフェイス状の境界を<松岡>と呼ぶ」「他者と混じって自分を誰かと区別つかないようにしておくのがコツ」と加えた。

 入伝生たちは、どのようにして虚実皮膜の教室を構想するだろうか。微に入る対話をさかんに起こし続けながら、最後のM5錬成メイキングへ。式目はここからが面白い。

 

文 田中晶子

アイキャッチ 阿久津健

 

【第38期[ISIS花伝所]関連記事】

38[花]一目ぼれの電圧を測る

38[花]フラジャイルな邂逅

38[花]集団の夢・半生の私 編集ニッポンモデルへ

38[花]膜が開く。四色の道場
松岡校長メッセージ「イシスが『稽古』である理由」【38[花]入伝式】

38[花]わかりにくさに怯まない 型と概念と問いのガイダンス

38[花]プレワーク 10の千夜に込められた[花伝所]の設計


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 38[花]仮想教室名で跳んでみる

    藁に縋らず、名に肖る。   錬成はクライマックスへ。入伝生にとっては胸付き八丁にさしかかり、最も苦しい場面だ。方法的に回答を評価するということ、学衆の可能性を開く指南を書くということ、その匙加減に身悶える。師範 […]

  • 38[花]全身全霊の錬成へ

    【錬成】 ねりきたえて立派にすること。心身を訓練すること。                     日本国語大辞典     38[花]は、11月25日(金)とうとう錬成演習に突入した。  ISIS花伝所の開講期 […]

  • 38[花]一目ぼれの電圧を測る

    一目ぼれには「電圧」がある   「安堵のため息の生暖かさを計る」 「純真を保つために必要な白色の量を量る」 「一目ぼれの電圧を測る」   絵本作家・工藤あゆみ氏の本、『はかれないものをはかる』に出てく […]

  • 38[花]フラジャイルな邂逅

    仏師は目の前の木の中に御仏の姿を見るという。 その面影をひと彫りひと彫りうつしてゆく。 編集稽古で師範代のやっていることに似ている。学衆から届く回答のなかに潜む方法を、指南のことばでカタチにしてゆくのが、師範代という方法 […]

  • 38[花]集団の夢・半生の私 編集ニッポンモデルへ

    分かりやすさを遠ざけることは容易ではない。半知半解も、心地のよいものではないだろう。方法日本の核心に向かい編集臨戦態勢へといざなうのが、ここ花伝所である。入伝生は先達のふるまいをイメージメントの糧にして、手さぐりのまま師 […]