閉会式のウラで、学衆は何を歌ったか 歌めぐりの46[破]突破期限迎える

2021/08/09(月)23:13
img

歌がめぐる。君が代から紅蓮華、宇宙からのラ・マルセイエーズ。東京オリンピックの聖火が消されるちょうどそのとき、46[破]は全番回答期限を迎えた。67名中50名の突破。111日間の知の練磨は、歌とともにあった。

 

46[破]別院は「うたよびの舟」と呼ばれていた。緊急事態が常態化し、人々が集えなくなって1年以上。カラオケなどもってのほか。もはや禁じられた遊びになってしまった「うた」を取り戻したいという番匠野嶋真帆のつよい祈りが込められていた。

舟に乗り込んだ一座は、学衆・師範代が入れ代わり立ち代わり、歌仙を巻いた。紡がれた20もの歌には、風韻講座さながらの読みで幾重にも余韻がつづく。響読を引き受けたのは、りとむ短歌会に所属する歌詠み・師範天野陽子。そして、師範会議の最中に46という数字から「四六時中も好きと言って」のフレーズを連想し、歌というテーマへの道筋をつけた評匠植田フサ子の2名。それぞれが月鑑・花鑑とたおやかな評者へ着替え、歌のさざ波を立てた。

 

美しく たたずむ姿 その影に

かかやく血汐 しるしなるらむ

  (ジャイアン対角線教室 学衆M × 多項セラフィータ教室 師範代戸田由香

 

突破4日前の朝だった。学衆たちは、ゴールにむけて灼熱のマラソンロードをひた走る。静まった湖面に、ひとりの学衆が石を投げた。

夏の空 指一本の 崖っぷち

(ジャイアン対角線教室 学衆Y)

 

ふた月ほど止んでいた歌が、息をふきかえした。そして波紋は広がる。17週間の道のりのなかでもっとも体力のいる過酷なラストウイークに、のべ18名が歌い継いだ。

うつりゆく 言の葉かみしめ ときはなつ
朝焼け待たず 一直線に

(あたりめ乱射教室 師範代森本康裕 × 互次元カフェ教室 学衆U)

 

8月8日、五輪閉会式が始まっても歌はやまなかった。大竹しのぶが「星めぐりの歌」を口ずさもうとするとき、突破前最後の付句が滑りこむ。そして22時の時報。すかさず学匠原田淳子が刻限を宣言。突破レースは幕を下ろした。締切4分前にラスト回答を投げ入れて「花火のよう」と形容された学衆は、その勢いのまま別院に火の粉を落とす。

 

火の花が こことあそこで 二重奏
遠くなる音 交わし合う声

(番匠 野嶋真帆/うたよびの舟渡し番 × あたりめ乱射教室 学衆Y)

 

五輪会長は臆面もなく嘯き、一国の首相は平和の祈りを読み飛ばしても気がつかない。ただの詞(ことば)は力を失い、あやの詞は姿を消した。しかし、イシスでは違う。うたかたの国ニッポンが、たしかにここにあった。

光の輪とともに、オリンピック旗は小池百合子からパリ市長アンヌ・イダルゴへと渡った。突破もひとつの通過点。今期も開催されるのだ、あのP-1グランプリが。来月の感門之盟に向け、10の教室からは新たなプランニングが胎動が聞こえてくる。

 

 

 

▼こぼれうた

うたよびの連歌が咲き乱れるダリアなら、こちらは野のすみれだった。記事アイキャッチ画像は、開講以来、ほぼすべての指南に句をひねり続けた大塚宏(王冠切れ字師範代)が突破を祝いだ一句。4月19日、勧学会ひらきには「春昼や枝の揺すぶり陽と陰り」と木陰を提供し、5月26日、物語稽古でスター・ウォーズを選んだ学衆には「夏めきて銀河の塵のひとつ手に」と静かにエールを送った。

毎度のシグネチャーに添えられた十七音はあまりにひそやかで、しかし粒ぞろいだった。教室・勧学会あわせて、ゆうに500を超える。師範福田容子は粘りづよい自主稽古の模様を「野に咲く花のよう」と讃えた。

 

 

▼うた好きに捧ぐ

●[interview]『うたかたの国』編集者 米山拓矢に聞くうたの未来
【い】古文嫌いの少年時代
【ろ】『擬』もどいて、セイゴオくどく
【は】700年後の返歌待つ

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。47[守]近大番、46[破]番記者、35[花]錬成師範。

  • 【このエディションフェアがすごい!41】MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店②

    「このエディションフェアがすごい!」シリーズ、第41弾は大阪からMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店。フォトレポートを届けてくれるのはEdist編集部のエース梅澤奈央さんです。   ◇◇◇   ■タ […]

  • あの人はどんな本? 万感の46[破]先達文庫【77感門】

    イシスは本で出来ている。第77回感門之盟2日目、オープニングを飾ったのは豪徳寺・本楼に並ぶ2万冊の顔を舐めるように映した映像だった。局長佐々木千佳は、「本棚でドキドキするのはどうして」と視聴者の高ぶりを代弁。無機物な印刷 […]

  • いまなぜ神秘主義なのか 歌う46[破]師範へ書の贈呈【77感門】

    失言すれば炎上し、コンプラ違反で私刑を受ける。ほころびを許さぬこの国は「断点」を抹殺し、プラスチック・ワードで人々の口をびたりと覆う。私たちはいま、レジ袋で胃袋を満たした瀕死のウミガメのようである。   突破式の冒頭、原 […]

  • 断然を決行せよ 転換と変換のあいまで【77感門終了】

    事件から、私は生まれる。 2日間にわたる感門之盟を締めくくったのは、律師八田英子の人生における分岐点だった。 2004年、一介の社会人だった八田のもとに、資生堂の現名誉会長・福原義春氏から著作が届けられたのだ。それは当時 […]

  • ダンゼンを逃がすな【77感門スタート】

    豪徳寺の雨は、師範代の涙である。   9月4日(土)13時、東京パラリンピックの閉幕を目前に、第77回感門之盟がスタートした。2日間に渡るプログラムは、青空にブルーインパルスがISISと描く清々しい映像から始ま […]