45[守]リカちゃん・クッキング 昼ごはん篇その2 山根師範チームの伊勢しばりキャラ達

2020/06/18(木)12:00
img

 

 チームラウンジ。学校を【地】にすれば「部室」、アメフトなら「ハドル」、家庭で言えば「食卓」。「今日はこんなことがあったよ!」の声が響く。折り返しを迎えた45[守]には9人の師範と21人の師範代がいる。師範1人と師範代2~3人で1つのチームを結成、計9つのチームが動いている。

 校長に名付けられた教室名や師範代のキャラクターに肖り、それぞれのチームには師範が名づけた名前がある。そのチーム名は指南の拠り所にもターゲットにも永遠のQにもなっていく。

 45[守]の9チームを、師範のチーム名語りをよすがにクッキングで表す連載企画「リカちゃん・クッキング」。「昼ごはん篇」のあいだを取り持つのはチーム「モーデル」だ。


★チーム名「モーデル」
……………………………………………………………………………
 実は、ひょんなことから全員が、「伊勢型紙」とつながって
 いることがわかりました。偶然は編集の原石。「詣でる」
 「モデル(型)」… ”方法”へのときめきをたっぷり込めて
 この名にだどりつきました。 


   師範       山根尚子
   くるまがくれ教室 川島司師範代
   型紙みえけん教室 佐藤玲子師範代
   おまたせ再会教室 古野伸治師範代    

伊勢モーデうどん

  
   たたみいわしは「伊勢型紙」。ちくわぶは車輪。
   ふんわり色白、コシのあるうどんは師範っぽい。
   「おまたせ」と言いながら出てくる伊勢うどん。
 


●レシピ

《伊勢モーデうどん》

[材料]
・ゆでうどん  1袋
・たたみいわし 1枚
・ちくわぶ   1個
・かまぼこ(ピンク)2切れ
・小松菜    2枚ぐらい
・出し汁    500㏄ぐらい
・たれ だし汁  大2
    しょうゆ 大2
    みりん  大2
    砂糖   小1


[ダンドリ]
1.小松菜は洗っておく。かまぼこは切っておく。
2.鍋を二つ用意する。一つの鍋でだし汁をつくる。市販の顆粒だし一袋を指定量の水に溶かして温める。(かつお、煮干しなどお好みで)
3.もう一つの鍋でうどんのたれをつくる。2のだし汁大さじ2をとりわけ、調味料を加えてひと煮たちさせておく。
4.だし汁の入った鍋にちくわぶを入れて戻す。だしを吸って戻ったら皿などに取り出す。
5.だし汁の入った鍋を火にかけ、うどんをゆでる。ゆだったら箸をつかってザルにとりだし、水切りをして器に盛る。
6.うどんを取り出しただし汁で小松菜をゆでる。ゆであがったら取り出して水にさっとさらし、食べやすい長さに切る。
7.たたみいわしは好みのサイズに切って、菜箸などでつまんで、コンロの火であぶる。
8.5のうどんの上に具を並べ、3のたれをかける。

 

●師範の感想いただきました!

今日はどんな気分でモーデようかしらと楽しくなって編集力が湧きますぅどん♪羅針盤となるは目にも鮮やか芯が通る小松菜!

 

●バックナンバー

おやつ篇その1 桂師範チームの甘~い幸せ

おやつ篇その2 宮川師範チームのポンカンで爽快

おやつ篇その3 江野澤師範チーム盛り上げリング

昼ごはん篇その1 石井師範チームの魚介な愉快


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 温泉も宇宙旅行も、夢中な時間がここにある―残席1

    温泉につかって全身の力を抜く。思わず「ほぉ~」と声がもれる。そんな瞬間をしばらく味わえていないみなさんへ。  イシス編集学校[守]講座には、心身を柔らかくするお題が準備されている。       宇宙旅行なんて行けるはず […]

  • 声が重なり、道となる―50[守]開講

    「ここから諸君の『世界と自分についての見方と才能』がおそらく劇的に変わっていくでしょう」。本日12時、校長 松岡正剛のメッセージで50[守]が開講した。続いて、インターネット上の教室に開講と「点呼」の案内が届く。 &n […]

  • 【無料開催!】社会を切り取る・人とつながる 10/11(火)コミュニケーション編集1・2・3

    木を見て森を見ず――細かなところに目が行き、全体像や本質が見えていないことを戒める言葉である。しかしこの世は多様で複雑だ。細部にこそ全体が潜んでいることもある。社会をつかまえるには、木も森も一緒にとらえることが必要だ。そ […]

  • 49[守] 感門表授与のアンソロジー【79感門】

    イシスの卒門式で一番の寿ぎを受けるのは師範代である。編集道を共にした師範から、ほぼ半年の歩みを凝縮した言葉と感門表が贈られる。感門表の向こうには49[守]に集った全学衆もいる。師範代が38題の番稽古を全うできたのは、学 […]

  • 稽古は楽しく、志は大きく-[守]エディットツアー開催レポート

    イシス編集学校は正解を求めない。いくとおりもの問いを立てながら、遊ぶように情報の動向を追いかける。情報の行き来を意識できれば時代の見え方も変わる。いまこそイシスの稽古を体験してほしい。「正解のない時代に効く」と題した[ […]