イシスDO-SAY 2020年5月

05/03(日)18:04
img

イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。


2000年から始まり、今年20周年を迎えるネットの学校は、4月から新たな守・破コースが始動。豪徳寺・本楼はネットの世界に拡張し、オンライン・オフラインの境界をまたいでの相互記譜が、生まれ始めています。

 

それでは、5月の「イシスDO-SAY」をどうぞ。

 

 

 

【2020年5月】

 

2020年5月2日(土)45[守]伝習座 オンライン開催。速報記事は以下から。

▶オンライン伝習座速報「イシスの三密とは」佐々木局長冒頭メッセージ

▶オンライン伝習座速報「意味単位のネットワークとは」桂師範の用法解説

オンライン伝習座速報「事大主義をベースに知を大とする」吉村林頭メッセージ

 

 

 

2020年5月11日(月)風韻講座18座開き

歌人・小池純代師範による「五音七音」日本語編集。

ことばと詩歌を多層に多様に旅する3か月の編集稽古、スタート。

▶関連記事「南仏から遠来の客人 小津夜景を迎えて

 

2020年5月16日(土)33花伝所 入伝式

今期は25名が師範代を目指して花伝所へ。コロナ時代における「型」の意義とは何か。イメージメント、リバース・エンジニアリング、エディティングモデルの交換を統合編集して講義。

▶関連記事「肖るとは“たくさんのわたし”──花伝師範の烈火入魂メッセージ 第73回感門之盟

 

 

 

2020年5月23日(土)44[破] AT賞 選評会議

10冊の課題書から800字の創文をエントリー。大賞、入選作が師範陣により喧々諤々の議論の末に選ばれる。 

▶関連記事「人気No.1はあの本だった! 43[破]知文AT」

 

 

2020年5月30日(土)44[破] 伝習座

2回目の破伝習座もオンラインで開催。物語編集術、プランニング編集術のレクチャー&ディスカッションが展開される。 

▶関連記事「校長の飛び入りを誘った、[破]伝習座きわどい共読シーン

 

 

———-

過去のDO-SAYをチェック!

 

イシスDO-SAY 2020年1月】 

 

イシスDO-SAY 2020年2月】 

 

イシスDO-SAY 2020年3月】 

 

イシスDO-SAY 2020年4月】 

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。